小型株投資の日記

勝ち組になるために、何をするべきか模索・・・

エリートサラリーマン

 サラリーマンを引退するのなら、少なくとも収入面ではサラリーマンには負けたくは無いと、なんとなく考えています。

 自分が働いている会社のケースでは、30歳くらいの係長クラスで800万円〜、課長クラスで1,000万円オーバー、部長クラスで1,500万円、社長は数億円らしいです。細かい役職が沢山あり、それぞれに年収が設定されているらしいのですけどね。

 投資銀行の人が書いた本があったので、読んでみましたが、若くても年収は1,500万円超で、2,000万円もざらにいると、偉くなると5,000万円とか。そこで働いている女性が結婚相手に求める年収は、「お金にはこだわらないので、2,000万円」ということのようです。

 年収2,000万円超というと、上場企業の役員クラス、開業医、投資銀行、自営や会社経営で成功した人、ぐらいでしょうか?  取りあえず、そこまで行けば十二分です。

 ということで、エリートサラリーマンに負けたくないとなると、年収2,000万円くらいになってしまいます。株のキャピタルゲインはいつかやられる時が来るんじゃないかという不安があるので除外すると、株の配当のみではかなりハードルが高いので、どうしても不動産的なものを混ぜる必要がありますね。

 税金対策も必要になるので、不動産的な事業は法人で行って、そこから給与を出して給与所得控除ありで、ダブルインカムにして、経費は法人で落とすのが良いというイメージがあります。
 株式はやはり個人名義が有利なので、そのまま個人でやるのがベストと思います。

 しかし、形式上の年収を2,000万円に出来るとしても個人の総合課税で税金沢山取られるだけなので、せいぜいダブルインカム合わせて1,000万円に抑えて、残りは法人の利益や株の再投資に回すのが良いですかね。
 ただ、そういう状態だと、本当の年収が幾らと言って良いのかすら良く分かりませんね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

幼稚園の補助金


 子供が幼稚園に通うことになったので、補助金を申請しました。
 昨年は総合課税所得を太陽光の一括償却でゼロにしたので、いわゆる安定した所得がゼロ円の人になったので、余裕で補助金をゲット出来るだろうと考えていました。最大で28万円/1人なので、意外とバカになりません。

 その結果が来ましたが、なんと株式の分離課税も加味されるらしくNGでした。分離課税は一時的で偶発的な所得のものが多いのに、審査に影響されては困りますね。

 また、気になるのが総合所得が0のはずなのに、サラリーマン給与で所得税と住民税がしっかり源泉徴収されていることです。住民税は前年の所得がゼロなら、源泉徴収されなくても良いんじゃないかと思うんですけどね。所得税がちゃんと還付されているかどうかも、税金の明細がもらえないので良く分からないのが辛いところ。


 ついでですが、ハンドルネームをフィシスに変更しました。
 最近、某アーケードゲームに7年ぶりに復帰したのですが、そのハンドルネームと同じにしました。
 名前は三畳紀の出始めの恐竜のコエロフィシスから取りました。小型のものが沢山いて、共食いするイメージが自分が使う某ゲームのデッキに似ていたので、、、と言っても誰にも分からないと思いますがw

 子供の影響で我が家でも恐竜ブームが来ており、サラリーマン引退したら恐竜の骨探しもやろうかなと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017/6の株式状況

年初来:+42.8%
予想配当:-6.5%

 今月のみでは+2.1%。配当があったことを考慮すると、マーケット平均を大きく下回り低調な結果でした。主力が軒並み弱いです。でもまあ、自分の選択を信じて待ちます。

 しかし、ベアの損失がシャレになりません。先物・オプションの損失と合わせると、サラリーマン給与一年分を余裕で越えました。


保有株
コード銘柄比率株価
1356TOPIXベア24.4%3,150
1431SKホーム7.6%981
2136ヒップ0.0%665
3150グリムス16.9%1,484
3261グラン10.1%469
3275ハウスコム2.8%2,260
3538ウイルプラスH20.5%1,904
3800ユニリタ0.1%1,743
5999イハラサイ0.3%1,834
6087アビスト7.6%4,040
6089ウィルグル23.5%954
6889オーデリク3.5%4,690
7208カネミツ0.0%1,330
7643ダイイチ2.7%1,360
----現金0.2%


 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

四季報

 先週の木曜日の夜に四季報CDが届いたので、早速いつものスクリーニングを実施しました。

 その結果、ピックアップしたのは、ヒップ、イハラサイエンス、カネミツ の3銘柄でした。しかし、何れも金曜日は寄付きから高めで、上手く買えませんでした。カネミツはタカタの件がプラスに働いたようでしたが、、、
 これら3銘柄は業績に対して、割安と判断しましたが、ヒップは派遣、イハラは半導体関連、カネミツは自動車部品で市況の影響は大きいだろうなと思います、長期の業績トレンドも良くは無い、、、

 しかし、私と同じようなことをしている人が沢山いるのだろうなと思います。競合が多いと利益のチャンスが低下してしまいますね。また、何か開拓しようかな、、、

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ウイルプラス

 株価低迷中のウイルプラスですが、たまに短期的な業績予想をしてみます。四半期毎の業績と4Q予想は下のグラフの通りです。

イメージ 1

 4Qは4-6月になりますが、4月、5月の日本国内の輸入車販売は、BMW、MINI、Volvo、Jeep、ABARTHは好調、Fiat、Alfa Romeは弱く、Chryslerは持ち直しの動きとなっています。店舗改装なども少なそうですし、全体としては悪くとも+5%程度はあると思います。

 経常利益も特殊要因を除けば概ね300程度を維持しています。4Qの利益の下押し要因として、自動車税などの納税があるらしいですが、29店舗、各店舗5台として、145台、1台5万でも725万円、中古自動車の取り扱いがどうなのか分かりませんが、725万円の倍の倍でも2,900万円。他にも下押し要因はあるかも知れませんが、経常利益で200以上は十分確保可能かなと思います。

 個人的な予想は、会社の予想に対して、売上は数%程度の上振れと、経常利益も5%程度の上かなと思います。
 来期以降はやはり、M&A次第ですかね。トランプ国境税で、Jeepなどの販売価格が下がれば、それなりにインパクトがあると見ていましたが、残念ながらうやむやにになってしまいました。

 昔、VWに乗っていたのですが、故障して酷い目にあったので、輸入車が大嫌いになりました。しかし、アメリカ車にも個性的で良い車があることが分かったので、ウイルプラスの店舗が近くに出来たら、行ってみたいなと思っています。近所には出来そうになりですけどね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事