ここから本文です
山がいい。林道がいい。
勤労感謝の日はGWぶりの赤穂へ行ってきました。

5時過ぎに出発〜。
早起きさんなので、ゆっくり下道で行きましょ。
富土野峠付近では塩カルが撒いてありましたし、もうそんな季節なんやね。



赤穂ピクニック公園に8時着。
集合まで1時間あるので




イメージ 1


ここで朝食。






イメージ 2



大阪からともぴょんさんと、お初ですのシゲちゃんも到着。
シゲちゃん25歳ですって。
あらまぁ、うちの息子と同い年ですわ

しかしこのシゲちゃん、
セローのナンバーはひしゃげてるしマフラーはベコベコやしパンツは穴だらけやし、凄〜くヤバい奴と見受けましたw
ホームグラウンドも猪名川らしいし


準備しながら駄弁りながらもう一人の到着を待ちます。
夜勤明けで三田からこちらへ向かってるM川さん。
夜勤明けですよ
それに翌日はゴルフで翌々日はエンデューロレース。必殺遊び人w





イメージ 3


さて、
先ずはウォームアップに防火林道へ。

案ずるまでもなく
皆さんつまづかず、勿論ハァハァもなく、おまけに「楽しい〜♪」の一言も無く、フツーについて来はります。


オモンないわw
ワシ、何十回と来てるけど結構ギリっすよ

でも途中でハイカーの女性から
『キャーッ 頑張って〜』
と黄色い声援を頂き 慰められました。









イメージ 4


定番のテラノ坂見学。






イメージ 5


絶景も見て







イメージ 6


往路より厳しいはずの復路も、ワシ以外はスムーズに走っておられました。
想定外




予定では防火林道でゴネゴネして、
ピクニック公園に戻ったら丁度お昼くらいかな?と思ってましたが、テラノ坂見学と休憩を挟んでも1時間で往復。
休憩しなかったら30分以内に帰ってこれてるな


ビッグウェーブ動画
https://youtu.be/ALiX7A69bnM




早めの昼食を済ませて四駆広場へ向かいます。




イメージ 7


本日初っ端の転倒は思った通りワシでした。




イメージ 8


ムーミン谷でしたっけ?
ここに着くとハスク乗りの方が曲芸とも言えるくらいのヒルクライムにアタックされてました。
M川さんのお知り合いだそうで。




イメージ 9


シゲちゃん、三段ヒルも朝飯前。




イメージ 10


ともぴょんさん、この後にゴロリw
これをキッカケにワシにもようやく笑顔が出始めました。
それやソレ!それを待ってたんやで〜



イメージ 11


M川さんも新しいヒルにアタック!
元々2本の激坂しかなかったんですが、今は5本に増えてますw






ここからはハスク乗りの方も一緒に広場へ。





https://youtu.be/XYeAF6RylGU

またまたの曲芸に目が点になります。





イメージ 12


その後ろを追尾したM川さん 後悔w





イメージ 13


ともぴょんさんも随分と上達されてますねぇ。


ワシはこの丘で2回も転けといてやりました。
いよいよアカンのかな

実は今年の春から減量してまして、体重を7kg落としました。
エネルギーの源である脂肪が減り、チカラが湧いて来ないんです。
大好物の甘い食べ物を絶ったから余計に。

アタック林道へ通う冬の間だけ増量しちゃうかな。
リバウンドでエラいことになるか



広場から奥へと向かいます。





イメージ 14


そ、そんなとこ ふつう登りますか? (・・;)





さて
名物の壁坂へ。

先ずはM川さんが軽ーくクリアしてからの

ともぴょんさん、初アタック!

https://youtu.be/xvPDI7Q18H4

これ見てこの坂はやっぱり危険やと思いました。
でもバイクが縦に回転するシーンを初めて目の当たりにして感動もしたり






イメージ 15


ハスクさんは勿論軽々と。
助走なしのゼロ発進ですよ。
おまけにこれを降りられるとな
それもスッゲー勢いで





イメージ 16


M川さん 二度目のアタックはご馳走さまでしたw











イメージ 17



シゲちゃんは下から二段ヒルアタック!
余裕の登頂





イメージ 18


ワシの勇姿は昨年の写真で。
今回ですか?
捲れてどこかがポキッと折れる予感しかしなかったのでヤメw
体力が落ちると度胸も気力も薄れてきますな。


その後は奥の広場で遊び





イメージ 19


ショートガレルートで県道へ。
このガレルートは以前より小マシになってる印象を受けました。

四駆広場 動画
https://youtu.be/5SzJhrBHmss





イメージ 20


4時半に解散して7時に帰着。

サンバーちっちゃ(爆)
嫌がらせかw


9月に走った猪名川と言い、今回もサッパリ乗れてない感を実感したので、性根入れて鍛えなあきません。
老いと闘う熱い冬になりそうです。



走行距離 36km




日曜は午後から近所へ。





イメージ 21


駆け足でぐるっと回り3時に帰宅。

やっぱりフラットも楽しい。


走行距離 96km

この記事に

開くトラックバック(0)

前々回の記事でも少し触れたホイールの件です。

工賃を浮かすため、いや、出来るだけ自分でやってみよ〜っのチャレンジ精神のもと、無謀にも組んでみました。






イメージ 1


購入したのは Z-WHEEL のR50リム と専用スポーク(ステンレス)、専用アルミニップル。
KLX用で販売されてます。
ハブはオークションで。サンドブラスト→塗装→ガラスコーティングされた中古です。

純正ホイールのスポーク張り替えで事態を収めることも考えましたが、常々予備ホイールも欲しいと思ってたり黒リムへの憧れもありで、思い切って奮発しました。
それに純正ホイールが工事中になると、その間はお山に行けなくなりますやん。
それは非常に耐えられない。

このホイールが組めたら、純正ホイールもスポークの張り替えを行う予定です。
純正には Dachi のステンレススポーク&ニップルを予定してます。





イメージ 2


先ずは純正ホイールからタイヤを外し、ハブのオフセットを測っておきます。





イメージ 3


このホイールは所々歪んでいるので、ぐるっと数ヶ所測り、大体56mmと判断しました。(スプロケ側の数値です。ローター側は26mmでした。)
ワシは平らな鉄板に載せてノギスで測ってますが差し金で測る方が楽ですよ。


さて組んでゆきましょう。




イメージ 5


KLX250のスポークは左用と右用の2種類があります。
スプロケ側(左用)とブレーキローター側(右用)ってことですな。

先ずは左から組んでみます。
別にどちらが先でもOK。




イメージ 4


ニップルは少しネジが掛かる程度でスポークを仮止め。
スポークはクロスしながら通します。
ハブのスポーク穴の位置からして、間違っても上下を逆に入れることはないでしょう。







イメージ 6


反対側も。

まぁここまではヨユーっす。
ここからは↓こちらの動画を参考に、スポークにテンションをかけてゆきます。

https://youtu.be/tXS6WNlQmBc


が、

動画中で説明されている





イメージ 7


これです これ。
これを鵜呑みにしたばかりに長〜く作業が中断しました。





イメージ 8



どう頑張っても右側のネジ山がニップルに入りきりません。
因みに左側のテンションを解放しても右側は入りきりません。
無理に入れようとするとネジ山もニップルもナメてしまうくらいの高トルクになります。

実際、サイズ合わせで加工したニップルレンチで回したのでナメかけました




イメージ 9


新たにDRCのモノを購入しました。
6.6mmがピッタリフィット。




ニップルのトルクは一般的に3Nmと聞きます。
ならばこれだけトルクをかけて入らないのは不良品か?



いろいろと調べてみたところ
あるショップさんのブログに






イメージ 10


おやおやぁ?
ネジ山出てるやん


でもネジ山が出たままで使用して大丈夫なん?

不安が拭いきれないので販売店に問い合わせてみました。
その回答から抜粋します。



オフセットを合わせながら組んでいただいているのであれば、
ネジ部が入りきらなくても問題はありません
オフセットを合わせて組んだ結果、右側のみすべて2〜3山出たとしても
問題はございませんので、そのままご使用ください

また、スポークですが、ハブに対し右に寄せている構造のため、
右側のほうが左側よりもトルクが高めになりやすいです。




との回答で一安心

さぁ、一気にヤル気回復です。
オフセットを維持しながらニップルを手トルクで締め、いよいよ振れ取り作業です。
ニップル用トルクレンチなんて持ってませんし




専用台も持ってないのでスイングアームにセットします。






イメージ 11


こんなん作りました。
廃材のサビサビ鉄製アングルを磨き、ちょっと加工して錆止めを塗りました。
歪んでますけどw






イメージ 12



スイングアームにセットして





イメージ 13


こんな感じで


振れ幅を見るために、スイングアームに針金等をガムテで固定する方法もあるんですが、ワシは作業空間の広い後ろから作業がしたく、創造分野の脳細胞を限界まで活性化させた結果のテクノロジーです。
おもっくそ頑張ってこの程度ですw

これを真似する方がおられましたら、作業中にナンバープレートで頭を切らないようお気を付け下さい


更に穴を開けて結束バンドを固定して振れ調整。





イメージ 14


振れ幅は2mm以内らしいです。
縦振れは上手いことに既に2mm以内になっていました。
でもそこで妥協しちゃうとナンもすることがなくなってしまうじゃないですか。
1mmを目指して調整します。
1mmです。
小数点以下の追求はしませんw



イメージ 15


横振れも同じく。

拍子抜けするくらいアッサリ出来ちゃったのでなんか不安 (;´Д`A


そして再度オフセットの確認。






イメージ 16


71mm。
差し金の幅15mmを引けば56mm。
バッチリです。

ネジ山の一件でゴネゴネした以外は物足りないくらいの作業でした。
ホンマこんなんで出来上がってるんかな

尚、ド素人による見よう見まね作業ですので、この記事を参考にされて不具合が出ても一切の責任を負いません。

よ?


新品ホイールに新品タイヤを組みます。





イメージ 17



ギャー ((((;゚Д゚)))))))

新品のホイールですよw
ワシは絶対バイク屋にはなれませんな





イメージ 18


マジックでリカバリーw
リムストライプを買わねば。






イメージ 19


うんうん、やっぱブラックやなぁ。
こうなるとフロントが野暮ったいですな・・・。

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりに地元を離れてみました。
毎週末二連チャンで一ヶ月間近場ばかりを走ってると、流石に色気も面白味も薄れてきます。
この前日も地元を走ってますし。

とは言っても向かうのはお隣の宍粟市。

ゆっくりめの8時出発で。
52km走って9時着で先ずはここ





イメージ 1


東市場線・岡城林道。
宍粟の植林は木立が見事ですな。

林道の中ほどにある閉まらずのゲートが




イメージ 2


なんと閉まってました。
万年開放ゲートだと思ってましたが。


ドピュピュッと若者並みに勢いよく飛ばして(気持ちだけw)




イメージ 3


阪水林道?
どこから名前が変わるんやろ?
三叉路からかな。


雪彦線から峰山線へ入り




イメージ 4


出ツ石線。又は中坪○号線。
○は隠してるワケではありませんよ。
何号さんだったか忘れちゃいました。
2号さんとか3号さんとか、番号で呼ぶのは嫌いです。




イメージ 5


岡ノ上林道に繋いで支線へ。
苦楽園さんの写真で見た場所です。


イメージ 6


紅葉もええけど、落葉したブナ林は言葉で表現出来ないくらいええな。
ここ好っきやわ。
来年は春と夏にも行ってみよ。

それに岡ノ上本線よりいい道ですよ。
両側のウッズも緩やかな傾斜で、時々道を外すのも楽しいです。

峰山線に戻り砥峰高原から




イメージ 7


ナメラ谷・寺谷線。

崩落でアウト。
この林道を越えてナガソ線に行きたかったんやけど・・

仕方なく砥峰高原へ戻り福知渓谷へ。
福知川沿いにナガソ線へと向かおうとしましたが、こちらもアウトで三叉路から上流は通行止め。
抜けるにはちょっと厳しいゲートです。
なぜなら人が見てるからw

燃料も乏しいので一旦県6へと降ります。
福知渓谷は紅葉狩りなのか多くのカップルで賑わってましたね〜

チッ!




給油してナガソ線へ向かうべく





イメージ 8


福中草木林道。

あちゃー。またコンクリート舗装の工事。
短い区間やけど、毎年毎年チマチマと着実に舗装を延伸してますな。
生かさず殺さず戦法?
予算が少ないんかなw

草木川ではジムニーさん達の姿も。
チラッと見ただけで定かではないですが、業界で名の知れた方もいらっしゃったような。





イメージ 9


イメージ 10


紅葉はイマイチ。



抜けて基幹林道も通行止めのバリケードがありますが、見えなかったことにして





イメージ 11


辿り着けたぜナガソ線。








イメージ 12


しかし遠回りしてまで来たのにアウト。
二人以上居れば、山側から迂回は出来そう。

さぁどうしよう?
今回一番目当てのナガソ線がアウトやし、ナメラ谷・寺谷線もアカンかったし若干ふてくされてきました。

ちょい荒れ林道を欲してるんです

・・・一番近いのは町道栃原宍粟か。




イメージ 13


前回来た時に苦戦した倒木はスッキリ切られてました。
数ヶ所の土砂の流れ出しも綺麗に片付けられています。
セルシオなら腹擦りながら走れます。
ハマーは無理です。





イメージ 14


ええなぁ。

まぁ路面は以前と変わらないですが、落葉してるので明るい栃原宍粟線を満喫出来ますね。
やっぱり落葉してからの林道が一番いいです。
普段見えない景色も見え、なにより明るい。

して
いつもは生野GCから出入りしてるんですが、今回は初めて正規のルートへ。






イメージ 15


いや〜、なんで今までこっちからアクセスしなかったんだ?



イメージ 16


ほぼ廃道化してるけど味のあるいい道じゃないですか。
途中に石垣も見られたりと、趣きもあります。この道は歴史を感じますね〜。




イメージ 17


林道を発見しました。
森林管理道 倉谷線。

入口からガレてます。
「かかってこいやー」と言わんばかりの路面に誘われたので入りましょう!





イメージ 18



数百メートル走って汗だくです。
なかなか激しい。





イメージ 19


まだ道は続いてますが、ギブアップしましたww
負けました。
次回誰か一緒に逝きませんか?リベンジしたいっす!








イメージ 20



林道店長さんのブログでも拝見したことありますがなかなかのグロさです。
これが三体、いや三頭ありますw



走行距離 197km

この記事に

開くトラックバック(0)

やっと洗車できました。
もう忙しくて忙しくて

日曜(11/4)のツーレポも書かなきゃ… と思いながらも





イメージ 1


以前から気になってたリヤホイールのスポーク(矢印)のガタ。締まらないし緩まない。
それが気になり始めたら、リヤホイールリフレッシュのための予習に夢中になってしまって…
それが忙しい理由です







イメージ 2





そんな勝手な理由や、 皆さんのツーレポを拝見して自己満足しちゃったり と。

あはは
すみません (>人<;)


しかしワシだけが持つネタを披露しないワケにはいかないので







イメージ 3



AMAさんの土下座w





イメージ 12



ツーリングに参加された方にしか分からないネタでございます m(_ _)m








イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 13


イメージ 14




24Gさん
苦楽園さん
A熊さん
AMAさん
chiharuさん
サンダーおいおいさん

充実した一日をありがとうございました。

壮大な景色と旬の紅葉を存分に堪能しました。
まったりお喋りも楽しかったです。



またよろしくお願いします (^人^)

次回は真面目にレポします(笑)



走行距離 198km

この記事に

開くトラックバック(0)

先週に引き続き、紅葉を愛でてきました。

ワシは草木が芽吹く前の春山がイッチャン好きなんですが、ここんとこのおセンチな気分が燃ゆる山を求めます。


今年の紅葉は綺麗ですし。







イメージ 1


イメージ 2



八木谷大谷林道






イメージ 3


イメージ 4


妙見蘇武線







イメージ 5


イメージ 6


粟ヶ尾林道





イメージ 7


一面を落ち葉に覆われたブナの森。
これがとても好き。





イメージ 8


奥神鍋







イメージ 9


三川山線







イメージ 10


NTT路






イメージ 11


三川山から日本海を望む。






イメージ 12


万場スキー場で昼飯食って、
ダート成分を注入しに瀞川氷ノ山へ。

この時期はハイカーさんも多いっすね。
数人の山ガールさんとすれ違いました。
視覚と嗅覚に全神経を集中します。
しかし悲しいことに漏れなく男付きですw







イメージ 13


杉ヶ沢

この辺りの紅葉ピークはまだ先ですね。



走行距離 178km

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事