ここから本文です
山がいい。林道がいい。

イメージ 1



やる事が中途半端な上に、タイミング悪くフロントフォークのオイル交換をした結果がこれです。
オーバーホールに向けて部品の購入をしました。
原因は左側のフォークにオイル漏れ

先週一週間、毎朝毎晩フロントフォークをストロークさせ、9割以上の確立で漏れを確認。
オイル漏れってのは、我が目を疑いたくなる光景ですな。
しかし幻覚であってほしいと願いながらも、納得せざるを得ませんでした。
ちと大袈裟か(笑)

まぁ少なくとも3年間の3万キロはノーメンテでしたし、良く見ればダストシールもヒビ割れてましたし。
初めからそこんとこを考慮していれば…

一週間前に交換したオイルが無駄になってしまうが、1,700円で男子力がスキルアップしたとポジティブに考えるようにします。

そのうちシリンダバルブも含めオーバーホールに挑戦してみます。
そのうちですよ。
なんせ暑さで意欲が湧いてこない




さて
漏れてはいるが、オイルを交換してからのフロントのパフォーマンスは好転。
路面への追従性がアップし、コーナリングの安定感とギャップの吸収が凄く良くなって直進性もいい。
舗装路ならスタンディングでタイタニックも出来そう。
ダートもますます楽しくなる。

なワケで
土曜日曜と夏期恒例の朝練へ。




土曜は5時20分に出発で大屋高原を経て【天谷加保坂〜梅ヶ久保】と繋いで


イメージ 2


イメージ 3



【杉ヶ沢高原】

【轟安井林道】を往復し【天谷加保坂】から大屋高原を抜けて7時半に帰宅。

走行距離 67km
うち ダートは29.4km ダート率43%




日曜日

福井へ史跡巡りツーリングへ行く予定でしたが、北陸地方は天気が悪そうで延期となりました。
なので連日の朝練。

5時半に出発で【八木谷大谷林道】〜【八井谷峠】〜【笠波八井谷林道】〜【福岡作山林道】の4本繋ぎ。



イメージ 4


イメージ 5



猿尾滝の見学をして

【黒田池】〜【福岡作山】〜【八木谷大谷】を駆け8時に帰宅。

走行距離 60km
うち ダートは41.7km ダート率69%


林道が近いのは恵まれた環境だが、ツーリング気分に欠けますわね。
しかしこの暑さの中、昼間にガッツリ林道を走るのも躊躇します。
お盆を過ぎるまではこんな感じかな。

もう少し湿度が低いとええんやけどなぁ。

この記事に

開くトラックバック(0)

最近ブロ友さんの記事で、フロントフォークのオイル交換記事を良く目にする。

シールが逝くまでは交換なんてしなくても…なんて考えてたが、色々と調べてる内に、交換後のサスの動きが「まるで別物」との記事を読んだ。
ホンマやろか・・・

信じたい気持ちは大きいんやけど、精巧なフロントフォークに手を出したくないのも正直なところ。
でも、オフ車の場合は5,000km〜10,000kmのサイクルでの交換が望ましいらしい。

因みに私のKLXは中古で購入してから約3万km走ってる d( ̄  ̄)
前の持ち主さんが やってなかったとしたら5万kmノーメンテ d( ̄  ̄)
ミニマム囁ける数字やし

何より仕組みが解らないのが一番躊躇する原因だが、人様が絶賛されるくらいの効果があるのなら交換してみよう!
ということでチャレンジしてみました。


その前に
オイル交換に失敗して三連休をパァにするのは嫌なので走り納めを(笑)

朝イチでツーテンに履き替え丹後へ。



イメージ 1


和田山から床尾越え。



イメージ 2


郷路林道(全舗装)



イメージ 3


世屋ハイランド



イメージ 4


世屋廃ランド?



イメージ 5


網野町で 祝50,000km



イメージ 6


七竜峠から小天橋を望む

走行距離 225km


2時に帰宅して、バイクを前に整備手順を脳内でシミュレーションをするが、丹後の海水浴場で見かけた光景しか浮かんで来ない


ま、いろいろ不安がってても仕方ないのでサービスマニュアルを見ながら作業にかかります。



イメージ 7


インナーチューブには点錆も小傷も一切なかったので、磨きの手間も要らずでササッと分解。


イメージ 8


抜いたオイルはこんな色。



イメージ 9


こちら新品オイル。
抜いたオイル色より新品オイルの方にビックリ。透明だとは知らんかった。


新しいオイルを入れ組み直して終了。
簡潔に書いてますが、廃オイルを抜き切る時間と、新品オイルを入れてからのエアー抜きにそこそこの時間がかかります。
何度もフォークをシュコシュコ(上品表現)しなあかんし。

今回初挑戦してみて思ったが、オイル交換だけなら難しい作業でもない。
バラしたり組み付けに関しては特殊工具も不要。
ただ規定の油面を測る工具があれば便利ですな。
↓こんなヤツ。(Azumiからの借り物)

イメージ 10



それと
スプリングの中のインナーロッドを引っ張るために先人様のお知恵を拝借。

イメージ 11



結束バンド2本繋ぎで引っ張り、トップボルトと合体。

フォークAssy状態まで無事に終了でヤレヤレですわ。





開けての日曜日。
早朝4時半から、バラしついでのキャリパーの洗浄やパッドの交換やら・・・


イメージ 12


ハイパーパッドから赤パッドに昇格(笑)

そんなこんな整備をしてると、6時前にメールが入ってきた。
苦楽園さんがこちらに来られるとのこと。

午後からは用事があるので、せめて午前中だけでも御一緒したい!と作業を急ぎます。
フロントフォークをバイクに取り付け、タイヤ交換して外装をチェンジしてシャワーを浴びて準備完了。

集合場所の但馬蔵へ行く前に燃料補給へ。
と、フォークオイルを交換したのに、なんかフロントがフラフラするなぁ…と思ったら、アクスルシャフトを固定するブラケットのナット4個を全く締めてなかった(^^;
締めずに3kmも走行。恐ろしや。
脇道に入ってナットを締め、但馬蔵へ着くと既に苦楽園さんが到着されてました。



イメージ 13


苦楽園さんからいただきました。
ありがとうございますm(_ _)m
これ、欲しかったんです。ハイドレーションパック。
涼しくなってアタック系へ行く時に使わせてもらいます!

では出発。



イメージ 14


兎和野高原から旧林道へ入り、【瀞川氷ノ山】から【野間林道】へ。
舗装路を走ってる時には感じなかったが、フォークオイル交換後のダート走行の感触は見事に変身。

【野間林道】を降りて【仏ノ尾林道】へ。




イメージ 15



この林道の美味しいコーナーをちょっと攻めてみた。
感動 (;ω;) の一言。
フロントフォークのオイル交換って大事なんやね。
1,700円(オイル代)でこの変化。もっと早くに交換しておけば良かった。

【仏ノ尾林道】を抜けて【大照線】に隣接する牧場跡で休憩を。



イメージ 16


いや〜、気持ちいい!
此処は苦楽園さんにも気に入ってもらいました。

さて、マッタリと過ごしてたら下界からお昼を告げるチャイムが。
もっと走っていたいが、下界まで降りて苦楽園さんとお別れします。
短い時間でしたが楽しかったです。

ここでいつもなら乾いたダートは敬遠して国道から帰るところだが、オイル交換の恩恵を授かったKLXライダーは、林道を欲してのダート帰路へ入ります。

笠波峠から【黒田池】〜【福岡作山】〜【八木谷大谷】と、気持ち良過ぎる快走で帰宅。
ますます林道の虜になりました。


フォークオイルは大事です
頻繁に交換するとその変化に気づかないかもしれないので、限界まで使いましょう


さて
先日購入したテック7もこの日にデビューしました。
新しいブーツを履いてるって感覚はなく、最初から足に馴染む感じ。
スタンディングも安定してます。
ただ一つ難点を挙げるとしたら、カラーリングが浮いてます。早く黄ばんで欲しい(笑)


日曜 走行距離 117km


と、平穏無事に終わりたかったが・・・
ちょっとオイルが滲んでる?
なんちゅうこっちゃ

この記事に

開くトラックバック(0)

久しぶりに乗れなかった週末。

土曜は午前中に所用があり午後からの出撃も考えたが、あまりの蒸し暑さに実行出来んかった。
でも結局は乗らなくてよかったです。午後から直ぐに土砂降りの雨。

で、
一週間前に林道を走ってる最中に、エキパイのステーが溶接部分から破断してしまいまして。




イメージ 1



平日の早朝にコツコツ直して土曜に取り付け。




イメージ 2


クオリティに問題があるが
ステーは役に立ってなかったので穴埋め溶接。母材が薄いと超難しい。
赤丸部分にフラックスの残った穴もあるし。
エンジンかけて空吹かししても 一応排気漏れはなかったが、振動でクラック入って飛ぶ可能性はあるかも。

補修にかかる時間と技術を考えて、次はパテにします(笑)


高温多湿の林道では燃調も濃いかったんで、パイロットスクリューを半回転戻して2と1/2回転に。



さて、これらの整備も日曜日に備えてウキウキしながらの作業でした。
天気が良ければ、遠方から来られる方々と但馬の林道マスツーの予定でしが・・・
無情にも降水確率は下がらずで中止に。
悲し過ぎる

それでも午前中の早い内なら一人でも走れるかな?と期待したが、目覚めた時には既に雨。
乗れない週末確定。
どうする?


一週間前の走行動画を編集してて、マジックテープの効かなくなったグローブと、傷んだブーツが気になった。

走れない欲求不満を物欲で満たそう

誘われると断れない性格のとよべぇさんを誘って(笑)一路神戸へ




イメージ 3



このお店は何度か通販でお世話になってるが来るのは初めて。
キャワユイ店員さんに頼んでブーツの試着を。
お目当てのブーツは在庫してあったので、サイズを確認して即決。






イメージ 4


内装がフカフカで気持ちいい。
柔らかいし。

今履いてるガエルネはフラットソールで、ちょっと傾斜の急な場所など滑って話しにならない。
なので今回はブロックソールが欲しかった。
ガエルネのくたびれた外装も直して、行く場所によって選ぶかな。

グローブは残念ながら在庫品にサイズの合うモノがなかった。
手がデカいんですわ。

大きな手は将来大金を掴むんやで…なんて子供の頃に言われたような言われてないような…
まだ掴んでないし、多分 空耳だったんだろな(笑)

余談ですが、福耳は自分で作れるらしいですよ。
耳たぶを引っ張る癖をつけるとか、重いモノをぶら下げると、そのうち伸びてくるとか。
人為的に伸ばした耳たぶも福耳に入るらしい。

これを読んで引っ張る人がきっと居てはるやろなぁ





イメージ 5


安かったのでスキッドプレートも購入。

長居すると散財に励んでしまうので、急いで引き揚げます。
帰って早速スキッドプレートの取り付けを。



イメージ 6



皆さんのバイクで見慣れてる品なので、価格の割りに感動はなかった。
けど 付けてれば安心です

ブーツは眺めて満足。
土間へ降ろす勇気が出ませんわ(笑)




サンバー走行距離 200km

この記事に

開くトラックバック(0)

昨年夏からリヤタイヤを4本体制で、場所により天気により気分によりいちいち交換してきたが・・・
ブロ友さんが履いてはったり、林道で出会う方も履いてたりと装着率も高いんで、5本目のタイヤにDUNLOPのAT81を購入。



イメージ 1



このタイヤはサイドウォールが硬いので、古いチューブを入れて膨らませ 一昼夜仕込みをしておきました。
私の組み方だと、ビードが広がっていないと作業効率が悪くなるので。




ウォールが硬いせいか、張ったビードをリムへ入れる度に「パンッ!パンッ!」と気持ちいい音がする。
気温が高くビードクリームの乾きが速いので、リムにはビードクリームを、タイヤにはシリコンスプレーを使って組んでみた。
それが功を奏したのか、あっさりと交換完了。
暑い季節のタイヤ交換は、シリコンスプレーのほうがいいかもしれませんな。




イメージ 2



ぶはっ!
この刺々しさがたまらん
グリップがどーのこーのなんてどうでもいい。部屋に飾りたい。




そんなことで
部屋に飾るのはやめて
日曜日はとよべぇさんと林道へ。

朝の涼しい内に、先月Azumiと開拓しかけて引き返した林道支線へ出発。




イメージ 3


ちょっとした倒木越えもあったり。





イメージ 4


凶悪九十九折。
右カーブを左旋回で。
左カーブは右旋回で。
道幅が狭くキャンバーもキツいので 致し方ない。

そんなことより何より暑さがもう大変。
休憩したいが・・




イメージ 7


停まると山ヒルの餌食になる。




イメージ 8


進めば九十九折で崖へと落ちそうになる。
一旦下車の九十九折が多い。
非常に疲れる




イメージ 5


フラっとして、枝を掴もうとした左手は虚しく空を掴んだ。




イメージ 6


そしてバイクを残して人間だけ堕ちる





いや〜、強烈でした。
幹線林道へ生還した時には、脈に合わせて頭がバクバクしてる感じ。
ちょっと気持ち悪さもあったので熱中症の一歩手前だったかも。

とよべぇさんもクタクタで、近くの広場でたっぷりの休憩と、ブーツや服についたヒルの退治をして9時前に撤収。
林道を走ったんは1時間だけ。

この季節に行ったらアカンとこでしたが、涼しくなったら逆ルートでヒーヒーしに行きましょか、とよべぇさん(笑)


肝心のAT81もええ仕事してくれました。



走行距離 38km

この記事に

開くトラックバック(0)

先日ブロ友さんの日記に、香美町小代区の未踏林道へ行かれる計画云々について書かれていた。
小代区と言えば衛星写真で気になってたエリアで、つい先日も野間林道からR482を挟んで 向山に走る稜線を確認している。




ヨシその計画をパクろう。



ゆっくりめの7時半に出発で、村岡は兎和野高原まで林道を繋がず直行。
瀞川氷ノ山から野間林道を下りR482を小代区佐坊へ。



イメージ 1



【仏ノ尾林道】
林道店長さん、お先に失礼しました(笑)

ここまで39km。野間峠を越えると意外と近い。
序盤の上りはチョイ荒れしてますが、標高を上げるとアップダウンも殆どなくてフラット快走林道やね。
延長10kmは距離的にも満足レベルで、ええ林道ですわ。
近くの東因幡が通れたら繋げるんやけどなぁ・・・。

https://youtu.be/7aSChfodNeU


仏ノ尾を抜けて大照線を進みます。


イメージ 2



牧場跡かな?それに小代スキー場。
未舗装の枝道もあちこちにありますが、草だらけで入る気がしません。
R482まで降ります。


次の気になる林道は温泉町。
その前にちょっと遠回りで久しぶりの林道へ行っとこ。



イメージ 3


【竹田甚白細見谷線】〜【坂本線】

竹田甚白細見谷線は序盤ブッシュだらけで厄介ですが、後半は文句なしで最高です。
そこから坂本線へ繋ぎましたが、池ノ尾線との合流手前でなんと通行止め。
池ノ尾線から調査林道へ行こうと思ってたのに。
仕方なくR9へ降り、調査林道入口のある温泉町千谷地区へ。
しかしダート入口で進入禁止の看板。
それに此処を登っても池ノ尾線が走れないんで諦めました。
土曜は作業をしてる可能性もあるし。


さて、村岡に戻ってもう一本調査に行こう。
時間は丁度お昼やけど、朝から何も食べてないのに大して腹も減らん。どうすっかなぁ・・
と、通りすがりにええもん見つけた!



イメージ 4



今日の胃袋は米より麺を欲してるな。
この自販機、兵庫県下に2台しかないらしいです。昔はどこのコインスナックにもあったけど。
使い古したテーブルと、クルマのシートけ?
ナイス演出食も進みます(笑)
これは酒を飲んだ後の〆で食べたい味やね
残念ながら そばはありません。
昔はこの手のラーメンもあったなぁ。懐かしい
290円也。


さぁ、腹も満たされたし探索の続きを。
村岡はファームガーデン裏手(大糠山)から蘇武方向へ駆け上がる林道へ入ります。


イメージ 5



ピストンやけどええ雰囲気。
幅の広い登山道が所々で交差しており、良い子は誘惑に負けんように気をつけなはれや。

私は負けました


引き返して次!

ファームガーデンから少し走って、高井地区からの林道へ。
寺河内っていう所みたいですな。


イメージ 6



序盤はええ感じ。
途中、重機で作業されてましたが、わざわざ重機を避けて下さいました。
最初の分岐が現われる辺りから怪しくなってきます。怪しい方へ進みましょう!
直感で「こっちや!」と思った方向は行き止まりです
その内泣きたくなるような雰囲気になりますが それで正解です(笑)
倒木も処理しておきました。

妙見蘇武線へ無事に抜けました。
おそらくもう来ることはないな。

さて、帰路に就きますか。
妙見蘇武線をトコトコと八鹿方面へ。




イメージ 7



【妙見三重塔】
いつもは此処は車両進入禁止なんやけど、名草神社の補修工事のため入口も開放されてました。

落ち着くなぁ。
周囲の杉の巨木も一見の価値ありです。

石原地区の日光院まで下り、日本一小さな博物館を見学して帰宅。


収穫の多いツーリングだった。
ただトコトコ走っただけやけど楽しかった。


走行距離 198km

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事