ここから本文です
山がいい。林道がいい。

12月のまとめ

ブログ更新をサボってました。
いや、正直ちょっと忙しかったんですがね。

今年もあっという間に大晦日。
残すところ数時間かぁ。

詳しく記事を書き上げる時間もないので、今月の林ツーをまとめます。






イメージ 1


12月9日 しいたけにて

ブロ友のchiharuさんからお誘いをいただき、久しぶりの北摂方面へ。
思わぬ大雪のタイミングに当たりましたが、その雪で一層楽しく走れました。
帰りがめっちゃ寒かったけど
企画&先導して下さったA熊さんには大変お世話になりました。

なんせツーリングの誘い文句が「20代女性ライダー」でしたからね。
集まった人数も凄かった

その誘い文句に引っかかった三太郎さん、M川さん、ガッツマンさん。
そして急に休みになって参加してくれたとよべぇさん。
ありがとうございました(^人^)

https://youtu.be/csw_Ci1oKNk









イメージ 2


12月16日 しいたけにて

前夜にmamakoさんからお誘いをいただき、またまたの北摂遠征です。
先導して下さったまこやまさん、二週続けてご一緒しました。走りがカッコいいです。
久しぶりにお会いするミッキーさん、ミッキーワールド炸裂でしたね(笑)
そしていつも優しいmamakoさん、気遣いで溢れた素敵な方です。

F坂峠、また行きましょうね

一日中、照れくさい緊張感に包まれた思い出深いツーリングとなりました。

https://youtu.be/yqNWzsnA5eU









イメージ 3


12月23日 しいたけにて

一回目の北摂遠征以前から企画されてたツーリング。
三週連続ですわ(笑)

マシンガンスネークさんが念願のぴょんぴょんに連れてって下さいました。
もう思い残す事はありません

春に和知でお会いしたHさんとMさんとも初めてご一緒し、二週続けてご一緒するmamakoさんとミッキーさん、アットホームな雰囲気の中で一日中笑って過ごしました。

ラストに走ったキ○ロ、次回を楽しみにしております!








イメージ 4


12月29日

選りすぐりの変態野郎達(M川さん・ガッツマンさん)と走り納め。
未踏ルートの探索です。

この一年で一番キツかったなぁ。
途中で足の指が攣ったり、帰ってからは左足がこむら返りするなど、相当堪えてました(^^;
が、それが楽しんだ結果なんやね〜(笑)
帰りに立ち寄った未踏林道も、来春にまたリベンジ行きましょう!








イメージ 5


走り納めに相応しい?夕焼けも見れたり。





以上、簡単ではございましたが(^^;

今年も楽しいバイクライフを過ごせました。
来年もまた遊んでやって下さい。


皆さま 良いお年を!

この記事に

開くトラックバック(0)

先日、YouTubeでch登録してる方が岡城林道と岡ノ上林道の支線探索動画をUPされていた。
その動画を見て今週末の行き先は「宍粟」と決めていた。

しかし土曜の夕方にKLXのエンジンをかけると、振動にあわせてテールランプが点滅しているではないか。

ランプの配線を引っ張ると消えてしまう。

断線だ。

バラしてみるが、基板の根元近くで線が切れている。
半田で修理を試みるも、部品が小さくて上手く出来ない。

そうこうしていると陽も傾き、暗くて作業は中断。



明けての日曜朝。
夜明けと共に純正のリヤフェンダーに戻し、そのカラーリングに合わせてシュラウドも交換。

出発が遅くなったから宍粟行きは諦めた。



八木谷大谷の崩落現場を反対側から見学にでも行くか。
と、意気揚々としないプランで出発。






イメージ 1


しかしこの青空!
前もってモチベーションを上げようとしなくても、未舗装路にこの青空のセットでテンションの上がらないヤツはおらんぞ、きっと。







イメージ 2


崩落現場はソレと気付かないくらい片付けられてました。

誰やっ。来年の台風シーズンまで開通しないなんて言ったヤツは。

(>人<;)

その現場から但馬トンネル側は、流れ出た土砂も綺麗さっぱり除去され、以前のスーパーフラットになってます。
めっさ楽しいです。
これは復路にもう一回やな。


八井谷は敢えてパス。
八木谷大谷のフラットに気持ち良くなり過ぎた。
今日はフラットで行こう!

【福岡作山】を爆速で抜け






イメージ 3


【大糠山】

このビューが好きで今年3回目。
右手は蘇武岳登山道。左手が林道。

林道自体は台風後から結構荒れてる。
深い流水溝に丸太が入れられていて、濡れていればとてもトリッキー。










イメージ 4


【瀞川氷ノ山】







イメージ 5


支線が延長されていたが、路面がヌチャヌチャ過ぎてヤメ。
来春に再訪してみます。
眺望が開けた場所に続いてれば小代谷が見えるかも?







イメージ 6


【野間林道】

この林道には、カメラに超望遠レンズと三脚をセットした方がよくおられる。
この日も軽トラが一台。



前から気になってたから聞いてみた。

「何を撮っておられるのですか?」

『イヌワシや』
若干トーン低めのお返事。


Σ(゚д゚lll)

わざわざ止まって聞くんじゃなかった…と思った。

静かに、神経質なイヌワシが現れるのを待つカメラマンさん。
そこへ排気音を木霊させながら走るオフローダー。



究極のKYだ…。
(職場のKY活動のKYではない。空気読めない活動なんてあるはずがない。)




ここはご機嫌取りをしよう!とあれこれ質問をしてみる。
そのうち世間話しにまで持ち込み、なんとか後ろめたさを拭い去ることが出来てヤレヤレ。


「佐坊の棚田を撮ってらっしゃるのかと思いましたよ〜」
と思いっきりボケをかましたが

『棚田撮るならカメラは手持ちでええやろ!』
と、マジな返答をいただきました(笑)


年配の方だったが、昔はモトクロッサーだったらしい。
聞けばうちの隣の地区の方だった(^^;
最後は『気ィつけて』と優しく見送っていただきました。




さて、
野間林道からR482に繋ぎ、以前に苦楽園さんが行かれた熱田の廃校を目指すが、秋岡地区を抜けた所で通行止め。
来年2月までダメだと。
これは来春一番の楽しみにしておこう。



諦めて今年一番ハマった林道【仏ノ尾】へ。






イメージ 7


ご協力出来ませんでしたm(_ _)m






イメージ 8


何も申しますまい。





イメージ 9


これこれ。
ちょっと期待してたんだ。








イメージ 10


前人未踏のサラピン雪。
これが欲しかった。







イメージ 11


白い雪と青空のコラボは

凄くいいな。


抜けて【大照線】へ。







イメージ 12


バイクを停めて、カメラ位置に立つまで難儀した。
バイクに戻って跨がるまではもっと難儀だった。
転けたら100%起こせないスリル。






イメージ 13


ゲレンデを登って








イメージ 14



昼食です。

先程のイヌワシポイントから見ると







イメージ 15


私が居るのはオニギリのところ。







イメージ 16


二輪二足の苦労の軌跡。
ツーリストは雪道はアカンと思ふ。


夕方までには済ませたい用事があったので帰路へ。

笠波峠から福岡作山林道を走り、八木谷大谷西エリアをガッツリ楽しむ。







イメージ 17


林道本谷線を下って2時に帰宅。





明けての明けての今日は午後から冷たい風が吹き出した。
氷ノ山の方角はホワイトアウトしてる。

これが今年の但馬林道の走り納めになってしまったかも。


走行距離 143km







イメージ 18


テールランプは修理を諦め、おニューを購入。






イメージ 19


配線の出る穴にはコーキングで防水処置を。
この商品、価格の割に造りが雑だと思う。





イメージ 20


おそらく高圧洗浄機のせいだと思うが、意外と泥水が入るのですよ。

この記事に

開くトラックバック(0)

11月は2度目の赤穂遠征です。


6時半に出発で全線高速道路を使って8時過ぎに到着。
赤穂の集合場所まで、下道は10kmも走らないのだ。
しかし高速は懐に厳しい。
県南東部への遠征時みたいに無料の自動車道があるとええのにな。

実はこの日も下道で行く予定だったが、息子のカブがパンクして、その修理に時間を取られ出発が遅くなった。
まぁ、
パンク修理のせいにして慌てて準備するフリをし、家計扱いのETCカードをまんまとせしめることが出来たのだが
ψ(`∇´)ψ





イメージ 1



さて
私が到着して直ぐにまんとさんも来られ、マシンガンスネークさん&mamakoさんご夫妻も間もなくご到着。
御三方とも赤穂は初めてです。
駄弁りながらゆっくり準備して、先ずは絶景ガレ林道へ行きますか!







イメージ 2


往路のガレ坂下り。
重力に任せて進めば何とかなります。
激しくて楽しいのは反重力の復路。

ご夫妻は猪名川がホームグランドやし、まんとさんも最近はゲロダー化?されつつあるので快調に前進。





イメージ 3


でも流石にこの坂はアカンですばい。

毎度のテラノ坂を見学して

近くのみかん畑から赤穂の絶景鑑賞。






イメージ 4



不倫現場を押さえられました。





では復路へチャレンジ
ここからが本番。






先ずは1本目のロングヒル。






イメージ 5



期待通りの展開もあったり









イメージ 22


2本目は通称【結界坂】
ここは最近、素直に登れた試しがない。
2回目のチャレンジも脚をバタつかせながらでやっとこさ。











イメージ 6


林道女子 勃たせたる編。
がはは(笑)
この後の再チャレンジも、残念ながら登頂叶わずでして




イメージ 7



私が代走でアタックしましたが失敗
まんとさんに助けてもらいました。

しかしこのTTR125、トルクがありますなぁ。足回りを大人向けにすれば遊べるバイクです。
なんせ軽い!乾燥重量78kgはワシの体重と大して変わりません。

ワシ、脱いだら凄いんです。







着てても凄いかっ






イメージ 8



うんうん、まんとさんもチョイと苦労しながらも登頂成功。
但馬で散々な目に遭っておられるので、転けないテクが上達されてます





イメージ 9


マシンガンスネークさんは安定した走りで流石ですわ
時々mamakoさんに叱られてますけど
( *`ω´)/ (T_T)
これは内緒。





結界坂を過ぎれば後は楽勝。
トランポに戻って早めの昼食を。




イメージ 10


これは まんとさんの昼食。
自分のを撮ってないからって、他人様の撮った他人様の昼食をブログに載せるって





午後は四駆広場へ。




イメージ 11


『ここ楽しい〜!』とmamakoさん
ではもっと楽しんでいただきましょう。








イメージ 12


林道女子 開脚編
そんなに開いちゃ… (//∇//)






イメージ 13


まんとさん、バイクを棄て隣のコースへボディアタックされてました。





イメージ 14


マシンガンスネークさんも漏れなく犠牲に。
この転倒でクラッチレバーが折れてしまい、スーパーショートレバーでアタック続行。

下見もなしでこの坂を登坂するのは難しいですよね。








イメージ 15


本線へ出るとジムニーの団体様。
カッコええなぁ
ちょっと興味があったりします。

皆さまが下りて来られるまで待ちます。







イメージ 16


と、ジムニー乗りの方から
『高山長さんですか?』と声を掛けられた。
予期せぬ声掛けに
「えーっ (゚o゚;;」
と、嬉しくてちょっとチビった。

そのお方の助手席に座る美人な奥様共々、私の山紀行を参考にして下さってるらしいです。

『サインを貰わないと』
と仰るので
「サインは出来ないので、代わりにハグでいいですか?」
と控えめに懇願したのだが、実現しなかった

ドウヤラコノクニデハ
ヒトサマノオクサマ二【ハグ】ヲモトメルノハ
ヒジョウシキ ラシイ


いや〜、しかし照れくさくも凄く嬉しかったです!
もしもいつか、そちら(四輪)の世界に転身することがあればどうぞよろしくお願いします(笑)




さて
V字モーグルへ突入です。

転けて悦ぶmamakoさんです。
↓このリンクからしか見れません。
https://youtu.be/p4JSD3ifKsE








イメージ 17


V字から広場へ抜け、ロックセクションを更に奥へ。








イメージ 18


最奥の広場で遊びます。
mamakoさんは練習熱心ですね。
ご主人さんが指導され、これぞ理想の夫婦像ですな。

シランケドw




では帰りますか。





イメージ 19



ショートガレガレルートで県道へ。

マシンガンスネークさんがコイン洗車場を下調べされており、みんなでそこへ向かいます。






イメージ 20


トランポに積む前に洗車 ってよろしいですな。
クルマも汚れないし、遅くに帰ってからの洗車は煩わしいですからね。

洗車後のシートの水滴をmamakoさんが拭ってくれました。
女子力高いですね〜








イメージ 21


トランポ置き場まで戻り 帰り支度を。


足腰の弱り始めた初老の集いも楽しかった(爆)

皆さま遠く大阪からの遠征、大変お疲れ様でした。
また遊んでやって下さいね

https://youtu.be/XuAimr52dPk



走行距離
サンバー 245km
KLX 36km

この記事に

開くトラックバック(0)

新雪を期待し、氷ノ山へと行ってきました。

早く寝なきゃならんので簡単に(笑)


目的地は大段ヶ平。
加保坂から林道を繋いで向かいます。






イメージ 1


加保坂 アウト!
これだけ看板を並べられたら入れませんわ。








イメージ 2


イメージ 3



轟安井。
奥へと進むに連れ、積雪量も増えてきます。
ええ塩梅だぁ。





イメージ 4


イメージ 5


しかし大段ヶ平手前の上りで断念しました。
表面はパウダースノーだが、中身が締まってて重過ぎ。
前へ進めません。
深いところで15〜20cmくらい。






イメージ 6


氷ノ山国際まで降りるとご覧の通り。



ハチ高原を抜け第2ステージへ。






イメージ 7


直線ダート。
ここは良かった。
前に積もった雪が除雪してあったので、クルマの轍を避けてど真ん中を走行。
気持ちいい〜♪






イメージ 8


はちまき展望台。

さぶっ。





おそらく来週中には一旦この雪も消えるでしょう。
次の新雪を期待!


走行距離 83km

この記事に

開くトラックバック(0)

雨で乗れないからリヤスプロケとチェーンの交換作業をした。

今使ってるチェーンとスプロケは20,066km使用している。
オフ車としては長持ちした方じゃなかろうか?
いや、チェーンに関しては1万km使用した頃からキンクし始めてたし、無理矢理ここまで持たせた感もあるが。

スプロケ(林道制歯)の商品説明に、ライフが2万〜4万kmと書いてあったから、意地でも最低2万kmは使わないと!ってことで、チェーンもそれに付き合わせた体で。


では交換しましょう。






イメージ 1


いつもリュックに入れてるチェーンカッターでサクッと。







イメージ 2


2万km使ったチェーンはここまで伸びてました。
約2リンク分。
果たしてこれを伸び過ぎと判断するか否かは知りません。
私的診断では、まだ余命1万kmくらいはイケるんじゃないかと






イメージ 3


今回はスプロケを46T→48Tへと大きいものに交換します。





イメージ 4


古いモノはかなり尖ってる。






イメージ 5


チェーンも前回と同じモノをリピート。
ただスプロケが大きくなったので、リンク数は前回の108から110リンクへ。
実は前回も110を買って2リンク切ったんですけどね(^^;


↓前回はカシメ式で、圧入し過ぎて新品のうちからキンクしてしまったのでした。

イメージ 11






イメージ 6


今回は軽圧入クリップで。
これならバイスプライヤーで圧入出来ます。
ネジを少し締めては挟む を繰り返して






イメージ 7


完成。
クリップもゴールドにしてほしいし。



さて、
スプロケを48Tにすることで一番心配だったのが、チェーンのリンク数とチェーンガイドへの干渉。

Fスプロケが13T〜14Tなら108リンクでも大丈夫でしょうが、私のように15Tを使うと、108リンクではアクスルシャフト可動範囲の内側限界で、チェーンもパッツンパッツンに。
当然チェーンガイドも干渉。

結果から申しますと
48Tは悩ましいサイズ

だって、F13Tの110リンクでスネルカムは7.5〜8くらい。
上限は9.5だったかな。調整出来る上限はすぐそこ(笑)
贅沢にチェーン交換される方なら問題ないでしょうが、私のように意地でも2万km使う予定の場合、ある程度伸びてきたら108リンクにカットしなきゃならんでしょうな。
勿論私はその予定ですが。

F15Tの110リンクでスネルカム4。
タイヤ交換時のチェーン外しも問題なし。

一件落着



タイヤを外したついでに
摩耗したリヤブレーキパッドも交換。




イメージ 8


リヤに関してはブランド等に拘りはなく、リーズナブルな物を。
使用期間1万km。





イメージ 9


イメージ 10


もひとつついでにリヤキャリパーのOHも。
ピストンを磨いてシールも交換。
フロントキャリパーのOHに比べたら、リヤは“屁”みたいなもんです(笑)



弄ってないで走りたい。



ODO 53,000km

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事