ここから本文です
山がいい。林道がいい。
最終話です。

そろそろ寝なきゃ。


瀞川氷ノ山ルートがダメだったので、妙見蘇武連山周辺へ向かいます。

先ずは【福岡作山林道】


イメージ 1




他の林道とは反して荒れもなく、逆に走りやすくなってます。
もちろん完抜け可。

続いて【日影金山線】


イメージ 2



崩落や倒木はないものの、流水溝は深まるばかり。

抜けて舗装林道の【妙見蘇武線】


イメージ 3



展望台は綺麗に補修されてますね〜。
此処までも一部 雪はありましたが、路肩を走ればオフ車ならクリア出来ます。

その雪溜まりを越えたところで一台のトリッカーさんがおられ、汗だくになっておられました。
聞けば雪の中を、バイクを押しながら進まれたとのことで(^^;
オン寄りのタイヤを履かれてたので、絶対しんどかったと思います。
お疲れ様でした(笑)


イメージ 4



展望台を過ぎると直ぐに残雪。
背丈ほど残ってるんで、当面は無理ですね。
引き返します。

続いて【笠波八井谷林道】


イメージ 5



笠波側から入りましたが、倒木のため断念。
細い木なので切れば先へと行けますが、この林道の場合、その先も何かありそうな予感はします(笑)

また引き返します。

ラストのデザートに【八井谷峠】


イメージ 6



抜けれます。と だけ言っておきます。
村岡側からの入り口はコンクリート舗装されてました。



昨日(29日)も滋賀まで遠征し、連チャンでしたので 疲れて3時には帰りました。

妙見蘇武線の残雪状態を見ると、【用野和佐父林道】や【粟ヶ尾】も多分無理でしょう。
神鍋方面も倒木や残雪があるとの情報も聞いてます。

但馬の林道、シーズン開幕までもうしばらくかかりそうですね。


走行距離 159km

この記事に

開くトラックバック(0)

晩ご飯を食べてました。

つづきです。

梅ヶ久保林道から杉ヶ沢高原へ抜け、【轟安井林道】へ。


イメージ 1




梅ヶ久保林道でお見かけしてたCRF乗りの方がおられたので、バイクを停めてお話しを。

西宮から来られたそうです。
センス良くカスタムされてるCRFがめっちゃかっこいいです。
私より年上の方で、まだオフロードバイクに乗られて日が浅いそうですが、積極的にいろんな林道へ行かれ、オフロードにハマったと仰ってました。
凄く正しいと思います。
皆さん 大概ハマるんです(笑)

アフリカツインもお持ち とのことで、素敵なバイクライフを過ごされてますね〜。
2台持ちが羨ましい限りです。

いろんなお話しが出来て、とても楽しい時間が過ごせました。
そのうちご一緒することをお約束し、私は調査続行へ向かいます。


イメージ 2



残雪はあるものの、轟安井林道はクリア。

しかし【瀞川氷ノ山林道】は・・・


イメージ 3


轟安井との合流地点。
大段ヶ平方面へ行くのは無理です。
なので国際スキー場方面へ向かいます。

が、


イメージ 4



案の定 無理です。
安井地区との分岐までも進めないので、轟へ引き返します。

先ほどのCRFさんにも進めないことを伝え、轟地区を下りR9を村岡へ。
村岡のJAスタンドで給油し、兎和野高原から上の林道情報を従業員さんに聞いてみたところ、「まだ無理みたいです」とのこと。

うーむ。
轟安井を抜けた時点で 想像はついてました。
しかしこの目で確認せねば。


イメージ 5



しつこいですが 無理です。
はちまき展望台までは大丈夫です。
ショートカットの旧林道もハードさが増してるんで逝けます。
雨後なんて最高ですよ、きっと(笑)


つづく。

この記事に

開くトラックバック(0)

例年だとGWにようやくシーズンインする但馬の林道。
しかし今年の冬は積雪が多く、まだ無理やろなぁ…と思いながらも調査に行ってきました。

先ずは自宅から一番近い【八木谷大谷林道】
大谷地区から入ります。

イメージ 1


法面崩落で只今補修工事中。
場所は万久里(林道本谷線)との合流地点から少し大谷側。
通行止めの看板も有り。


イメージ 2


イメージ 3



他にも崩落はありますが、バイクなら余裕で通れます。
全線で転石も多く、注意が必要です。

八木谷大谷を但馬トンネル手前へ抜け、相地地区を経て【天谷加保坂林道】へ。


イメージ 4


途中のガレ場は荒れ加減が増してますが、残雪も倒木もなく問題なし。

抜けて【梅ヶ久保林道】を駆け上がり、天滝登山口へ。

イメージ 5


イメージ 6



いつ来ても癒される場所でんな。


つづく。

この記事に

開くトラックバック(0)


今回はオンツーです。

昨年10月、福井県は「おにゅう峠」行きの延長で向かうも、時間切れのため断念した「土倉鉱山」。
そのリベンジに行ってきました。

土倉鉱山は滋賀県ですが、ほぼ岐阜との県境に位置してます。
そこで 岐阜県へ越えての観光も計画し、岐阜のブロ友さんである ぬまさんを遠回しにお誘いしたところ、迎撃して下さるとのことでご一緒していただきました。

出発は4時15分。
兵庫〜京都〜福井〜滋賀と繋いで8時過ぎに岐阜県揖斐川町【道の駅 夜叉ヶ池の里 さかうち】に到着。
全線一般道で4時間。
勿論 GP210&ハイシートで快適自走。

さて、岐阜入りしたところで燃料の補給を。
ナビには近くにJAのスタンドが表示されてるんで 安心して来たのだが…これって普通のスタンドなん?ってな雰囲気の上に 店員の姿もありません。
仕方なく揖斐川町市街地まで向かうことに。市街地まで遠いっす(泣)

途中トンネルの中で ぬまさんとすれ違い、事情を説明し一緒にスタンドまで走っていただきました m(_ _)m
地方へ出かける時は完璧な下調べが必要ですわ。

給油を済ませ、引き返しての【道の駅 星の古里ふじはし】にて休憩し、徳山ダムへ向かいます。



イメージ 1


イメージ 2


ダム自体も迫力がありますが、ダム湖を囲う山々の素晴らしさ。
雪を残す山が ええアクセントをかもし出してます。
湖面も雪解け独特の色でいいですな。



イメージ 3


ダム建設現場で活躍した90tダンプのタイヤ。
ぬまさんの身長が180cmくらいだと思うので、そのデカさに驚きます。
BRIDGESTONE製の未使用品でした。
これって寄贈品?それとも税金で?




イメージ 4


ぬまさんのバイクと取っ替えもしたり。
KLX似合ってますよ(笑)




イメージ 5


イメージ 6

ダム湖を横断する橋も一見の価値ありですね。
水面恐怖症?又は 湖面恐怖症?の私はライフジャケットとパラシュートを着用したいくらいの怖さを感じましたが。

徳山ダムは貯水量が日本一だそうで、ダム湖周遊路も長いし、とにかくデカいです。




イメージ 7


ダムの下流にある藤橋城。
プラネタリウムになってるそうな。
お食事処もありましたよ。


徳山ダムを堪能した後、本命の土倉鉱山へ移動します。





イメージ 8


写真では何度も見た選鉱場跡ですが、実物の趣きは全然違いますね。
雨に浸食されたコンクリートが、閉山から52年という歳月を物語ってます。

感慨深いです・・・

が、

かな〜り期待していたコスプレお姉さんが居なかったのが残念。
事前調査ではヘソ出しのお姉さんとかの写真も見たんですが・・・
因みにぬまさんは、一昨年に土倉鉱山へ訪れられた時に コスプレお姉さんと仲良しになられてます。
悔しい。




イメージ 9


風が強かったので ちょっとお邪魔しての昼食。


選鉱場前の道を少し奥へ行くと



イメージ 10


坑口。
施錠されてるので坑内には入れません。
仮に入れたとしても、通気が無ければ酸欠になるか ガスが溜まっており危険でしょう。
雪解けのせいか坑廃水も多いです。





イメージ 11


此処へ行かれるなら、鉱山全盛期の様子を下調べされてから行くことをオススメします。
当時の様子をオーバーラップさせながら、現在とのギャップを感じとる方が 遺構が深く心に沁みてくるはずです。

単独で訪れてたら 純粋無垢な私は涙してたでしょう (/ _ ; )


2時間近く散策しましたかねぇ。
少し離れたところには社宅の跡などもあるようで そちらも探索してみたかったですが、時間もないのでまたの機会に訪れてみたいです。



見知らぬ土地へ訪れ 観光名所は勿論のこと、地元と違った景色や街並みにイチイチ感動した一日でした。

時間は午後2時過ぎ。名残惜しいですが現地解散し帰路へと就きます。
渋滞があれば高速で一気に帰ろうと考えてましたが、クルマの流れも順調なので下道で。
強風の中で高速道路は怖いしね。

小浜と福知山で二度休憩し、7時ジャストに帰宅。



癒し系のぬまさんとご一緒出来た時間も とても楽しゅうございました(^^)
またそちらへ行く時には よろしくお願いしま〜す♪


走行距離 558km


そうそう、徳山ダムから土倉鉱山へ向かう途中で【坂内バイクランド】へ寄り道の予定でしたが、工事のため通行止めとなっておりました。
残雪もあるようです。
一度【坂内バイクランド】メインで行きたいと思います♪






この記事に

開くトラックバック(0)


イメージ 1


狙って出かけてるワケではないが、毎年、大野ダムのさくら祭りに遭遇する。
去年もそうやったんちゃうかな。
この時季になると本能的に京丹波が恋しくなるのかも…。

ということで、先日は久しぶりの数珠繋ぎ林道ツーリング @ 和知へ。

一週間前もご一緒させてもらいましたが、今回もブロ友のとよべぇさんとトランポで向かいます。

自宅に寄っていただき、バイクを積んで出発すると同時に

『和知ってどこですか?』

と、一句詠まれた。

耳を疑うような爆弾発言、なかなかワイルドなお方です。
一応、一週間前から和知行きを打診してたんですが(笑)
次回からは適当に思いついた方向へ走り出してから聞いてもらえます?    その方が面白い展開になりそうですし(爆)

車内ではバイク談議やら下衆な会話をしながら、あっという間に和知へ到着。

和知へ着いて先ずは【道の駅 和】でトイレタイム。
此処にトランポを置けると一番いいのですが、時と場合によっては注意されるようです。
なので、地元の林道店長さんから教えて頂いた秘密の置き場へ向かいます。が、運悪く、刈り払い機を積んだ先客さんがおられて✖。
ってことで、R27号線の待避所みたいな広〜い路肩に駐車。
まぁ私のクルマじゃないし、最悪の場合バイクで帰れますし(笑)



諸事準備して出発。

トランポから数百メートルで、先ずは火の口林道。
こちらにも草刈りグループの方がおられ、どうやら日役(人足)のようですなぁ。
気分的に走り難いですわ。

しかし前日の雨で路面のお湿り具合も良く、久しぶりのフラットダートに心踊ります。

繋いでの



イメージ 2

田ノ向林道

鉄塔のケーブル工事ですかね?
鉄塔まで入れたらええ景色が見られるのですが残念。
田ノ向の下りを快走します。
やっぱりフラットもオモロイ!♪

仏主線へは繋がず一度下山。



イメージ 3

大野ダム

ツーリング気分でちょっと寄り道。
さくら祭りもこの日が最終だったようで、散り始めてましたね。
私は葉桜の方が好きですが。

続いて



イメージ 4

林道 升谷線

和知では鉄板の林道。
ここも入口付近で草刈りしてはった(^^;



イメージ 5

林道 三峠線

タカタラビ線からのダートの入口で、ビッグオフの方々が休憩しておられました。
私は気付きませんでしたが、とよべぇさんによると女性の方もおられたとか。

抜けてのゲート前で空腹に耐えられず昼食とします。




イメージ 6

林道 仏主線

ここまでの林道で、休憩の度にとよべぇさんから「フロントの接地感がなくて怖い」と聞いてたんで、セローを試乗させてもらいます。



イメージ 7


確かに。
直線でもハンドルがフラフラしますわ。
これだと怖くて当たり前。何が原因なんやろ・・・

次にとよべぇさんにKLXを試乗してもらいます。


イメージ 8


『安定感が全然違う!』

荷重位置やホイールベースの関係もあるんでしょうな。
2台目購入ですね〜(笑)


仏主からまた田ノ向と走り、四辻を犬○峠へ。
シングルを下り切ったところで、三峠線で見かけたビッグオフの方々がおられました。
もしかして犬○峠をこのバイクで下りはったんかなぁ。250でも九十九折が恐怖なのに…。

ビッグオフの方々の後ろを走り府道1号へ。
女性ライダーがおられたので、時折いい香りをご馳走になりました。
ありがとうございますm(_ _)m
向かう先も我々と同じようで、案の定、君尾林道へ入られましたね。



イメージ 9

林道 泉富君尾線

ヤバいなぁ。何往復もしたいくらいの最高路面。
これだけいい林道やとオフローダーも集まりますわね。
10台以上と出会いましたし。
老富へ抜けてから往復したかったんですが、林道を抜けたところでガス欠。

実は君尾線に入るまでの府道沿いのGSで給油を予定してのに、頼みの2店ともが休業(@_@)
そういや今までは土曜日にしかこっち方面へ来てないですわ。
毎週なのか隔週日曜日が休みなのか知らないですが、こちら方面へ行かれる方はご注意を!

リザーブにして府道1号を南下。
無事にトランポまで辿り着きましたが、林道を往復してたら完全なガス欠になってたかも。


暑いくらいの陽気の中、合計7本の林道を走って心地よい疲れです。
とよべぇさんも初の林道数珠繋ぎを経験されたようですが、『怖ぇ、怖ぇ』と言いながらも、初心者とは思えんペースでした。
そのうちケツから煽られそう(笑)



走行距離 167.5km




この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事