ここから本文です
sakiのドローンお楽しみ研究室!
ご一緒に楽しみましょう!

書庫日記

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

JJRC 升后Heron

dreamを撮影のために源流域に持ち込み
切り立った断崖の壁に激突し、ジンバルを破損してしまいました
・・・トホホ

小型で持ち運びも良く、とても2K画像が綺麗に撮れるので気に入ってました

中でフイルムコードが断線
アッセンブリー交換しないと治りませんが、部品を探すのが大変ですよ

仕方なく、JJRC Ⅹ9 heronを購入しました
兄弟機種なので、バッテリーもAPPアプリも使えます

今回、最新バージョンでしたので、カメラがグレードアップされていました

更に画像解像度が上がったような気がします
明らかに綺麗ですし、ブレが出ません

小型で高性能、とても良いドローンだと思います


イメージ 1


イメージ 2

オプティカルフローセンサーで,まるでGPSが作動しているかのように
室内でも手放しのビタホバ性能です!

イメージ 3







釣りのガイドで渓流に持っていけるように
今回はC−FLY dreamを購入しました

イメージ 1


イメージ 2


djiのスパークと同等の性能です

2軸ジンバル、2K・FHDカメラ、オプティカルフローセンサー

室内でもガチで超安定のホバリング性能です

APPとの接続もとてもスムーズで簡単
これは素晴らしい

スマホとプロポが5GでBluetoothで接続しますので
映像がプロポからデジタル伝送され、とにかく映像が綺麗で距離も800m
簡単なドローンは機体とスマホをwifi接続しますので
遅延も多く、フリーズしたり、距離が届きません
ブースターを接続すれば200m位は届くかも・・・

ただし、スマホは5G WiFiのACバンドがサポートされているスマホでないと
今回のdreamは接続されません
iフォン7以上は大丈夫ですが、アンドロイドではハイスペック機種となります

通常のWiFiは2,4G、最新は5Gとなり
a,b,g,n,acと5バンドあります
a,bが2,4G
g、nが5G
acが5,7Gとなりますので、スマホのスペックを確認する必要があります

最新のドローンは5G・acバンドが多くなり、飛行距離も長く、遅延も無く
とにかく画像が綺麗です




暇つぶしで5,8G FPVミニカメラを装着してみました

これが超凄い事に!!

いや〜、最高!

hubsanのモニターディスプレイを送信機に装着
カメラは主砲の横に・・・

目視ではなく、モニターディスプレイを見て操縦できます
自分が戦車を運転している、そのものですよ!

どんなに狭い所でも、画面を見ながら操縦できます

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

このディスプレイはカメラと動画がSDカードで記録できます
中々の優れものですよ!!

イメージ 4




初めてのRC戦車!!

YouTubeでRC戦車を見ていたら、超カッコイイです!
という事で、戦車には詳しく無いですが、暇つぶしで購入してみました
アメリカのⅯ1A1と言う戦車です

色々検索していたら、いい商品を見つけました
一言で言うと、凄い!!

プロポの操作性も良く、スピード調整は前進3段階、後進2段階
旋回も2段階、進地旋回も2段階・・・恐るべし
走行時には実車の走行音も出ます

砲台も主砲も静かにゆっくりと動き、BB弾も発射し、標的を狙うレーザーポインターも装備
発射音は大きく、リアルな発射音と車体の反動、迫力満点!
BB弾の威力も凄いです
全長は40cmを超える大型
重量もあり、サスペンションもしなやかです
9,6vの充電式バッテリーを装備しているので、とても経済的でパワーも十分

これだけのギミックを装備しているので、ディスプレイとしても堪能できそうです

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4





XK−升械毅

アクロバット・ドローン
完全マニュアル操作!

Ⅹ350は重量≒700gでかなり大型
大きい分、パワーもあり、安定性は高いです
3軸ジャイロ25%で先ずはホバリング練習
昔のヘリコプターの操縦を思い出します

Ⅹ252は小さい分、落ち着きが無く難しいです

背面飛行の練習をしたいですが、この時期は風が強くて無理ですね

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事