ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

おおいにはしゃいだ名古屋公演!
キャストは関西組も関東組も
全員日帰りという吉本興業ならではの過酷さ!
しかしそうとも知らず
昨年全国7カ所で開催したワークショップ
「Royal Plant」の名古屋メンバーが
私のために大好きなバー
「GABACHO」を予約してくれていた!
悪いが遊ぶためならば時間もお金も惜しまない私だ!
いいだろう!
自腹だろうがホテルをとるぞ!

んなわけで一人だけ一泊して
名古屋で最高に素敵なバー「GABACHO」で大騒ぎ!
なにが素敵かと言うと
そこにはRICOちゃんという
かわいくってかっこいい女性シンガーがいるのだ!
以前『恐竜と隣人のポルカ』の名古屋公演終演後に
「GABACHO」に行った時には
RICOちゃんはピアノを弾きながら
ジャズやポップスのナンバーを沢山歌ってくれた!
しかもRICOちゃんは自分が歌えない歌を弾き始めると
「はい歌える人歌ってー!」
と無責任な事を言う!
いいだろう!
エルヴィスにシナトラにトニー・ベネット!
子供の頃から歌ってた曲ばかりだ!
ビリー・ジョエルにビートルズにベット・ミドラー!
はい!
私が歌える人です!
では歌います!

さすがにサビの部分ともなると
来店しているお客さんみんなが歌い始める!
気がつけば店中の人達が大合唱を始めている!

なんてひろぐ店なんだ!

しかし実はRICOちゃんは声楽出身の歌手!
マスターのGABACHO氏によるピアノで
オペラやミュージカルナンバーを歌ってくれる!
RICOちゃんが『オペラ座の怪人』から
『Think of Me』を歌い始めると
なんと途中でカウンターの中から
ファントムの歌声が聞こえ始める!
厨房で働く男性もまた声楽を学んだ人らしいのだ!

どこまでもひろぐ店だよGABACHO!

そんなわけで18時30分から
翌日1時まで!
ずいぶんと歌って騒いだ夜となった!

ホテルでぐったり眠って翌朝は
今の日本で一番大好きな街
「大須」へ!!

「大須ってどんな街」?
と東京の民に聞かれると私はいつも
「巣鴨と下北沢とサン・パウロが一つになった街」
と説明する!
元々は歴史ある「大須観音」で栄えた門前町!
だから昔ながらのひつまぶし屋さんや演芸場!
和菓子屋さんや着物屋さん!
それに乗じた「あちゃらか婦人服」の店が建ち並ぶ!
まさに巣鴨だ!
しかし!
最近では東京の一等地にまで進出している
驚異の質屋「コメ兵(こめひょう)」が
大須だけでも次々と支店を出店し
きもの館・アメカジ館・カメラ楽器館などといった
コメ兵ビルがいくつも点在している!
そんなコメ兵がセコハン文化に火をつけたのか
巣鴨な店舗の間には
フィギュア・ショップや古着屋!
アジア雑貨屋や輸入おもちゃの店がぽこぽこ建っている!
まるで「下北沢」と「巣鴨」という2色で
オセロ・ゲームを繰り広げているようなのだ!
どうなってるんだこの街は?
と周囲を見渡せばまた驚いてしまう!
恐らくは自動車工場で働く工員が多いのだろう!
ブラジルをはじめとした各国の労働者達が
日本人2人に対して1人ぐらいの割合で歩いている!
私が大須で最も好きな食べ物屋「OSSO BRASIL」は
店員もブラジル人なら
食べてる人達もブラジル人!
流れる曲もブラジル音楽で
ついてるテレビもブラジルの番組だ!
どうだこの混在感!

それゆえに街は統一感を完全に失い
イカれた方向まっしぐらに進化している!
着物屋さんとフィギュア・ショップが
店頭のポップを競い合う!
古着屋さんときしめん屋さんが
看板の面白さを競い合う!
するとどうだ!
今じゃ大須は完全に
「街全体が間違い探し」
といった状態じゃないか!

そんな楽しい街に寄らずに大阪に帰る手は無い!
私は愛知県に行けば
いつの間にか大須を歩いているのだよ!
そんなわけで「トレンド」という言葉をうまく使えない私が
今もっとも「トレンディ」だと思う事を紹介しよう!
「大須最大の間違い探し」と呼ばれている
「紙トラ兄弟」だ!

大須観音から大須演芸場へ向かおうとすると
曲がるべきT字路に奴は立っている!
どうやら奴の所有者は
「リサイクルブティック パステルピンク」
というこれまた強烈な名前の店らしい!
なにしろ今年の春までそこに立っていたのは
銀紙と紙で巧みに作られた
「ウルトラセブン」だった!
誰が?
何の目的でこれを作ったのだ?
そして「パステルピンク」は
何が狙いでこれを立てたのだ?
あまりに謎が多かったM78星雲からの使者に私は
「大須紙セブン」と名付けた!
そして私の知人やRoyal Plantの生徒達に
「大須に行ったら必ず”紙セブン”と写真を撮るように!」
とトレンドを告げた!
するとどうだ!
私のもとには膨大な量の「紙セブン写真」が送られて来たではないか!
「大須紙セブン」は着々とスターへの階段を昇り始めた!

イメージ 1






そしてある日の事である!
Royal Plantのとある生徒が「大須紙セブン」と
念願の記念写真を撮ろうとした時!
「パステルピンク」のおばさんが店から出て来て尋ねたそうな!
「最近なんでみんなこれと写真撮るの?」
生徒が最先端トレンドの説明をすると
マダム・パステルピンクは
「ちょいといらっしゃい」と言って
店の裏の倉庫に案内を始めた!
そこで生徒が見た物は!

「じつはもう一個あるのよ!」

マダム・パステルピンクが迷惑そうに指さしたその先にはなんと!
ゾフィーを長男とするウルトラ家の次男!
「ウルトラマン」が眠っていたという!
彼もやはり銀紙と紙で作られた物だったと聞いた!

私はその話を単なる都市伝説と受け止めた!
「なんちゃっておじさん」や「人面犬」と同等の噂話として
聞き流していた!
しかしだ!
ならばこの写真をどう説明する!!

イメージ 2







三男「セブン」は撤去され
遂に現れたぞ次男!
そしてここにまた新たなトレンドが始まる!
さぁみんな!
行きたくないかもしれないが
大須に行って「紙トラマン」と写真を撮ろう!
「紙トラマン」は水に弱い!
雨が多いとまた撤去されるぞ!
みんなでツーショット写真を山ほど撮影して
マダム・パステルピンクから
更なる次の手を聞き出そう!
出るか「紙エース」!
出でよ「紙タロウ」!
「紙レオ」と「紙トラ」の双子の登場にも
大きな期待がかかる!



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事