ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

なにしろ驚いた!

昨日の『ガス人間第1号』には
2006年の私の作品『みんな昔はリーだった』
ネプチューンの「ホリケン」が演じたダメ主人公
「よっと」のモデルとなった
実の兄「よっと」とその家族が現れた!
「よっと」と一緒に私のカミさんも現れた!
まず何に驚いたかと言うと
カミさんに褒められた事だ!

私の作る作品などまず褒める事のないカミさん!
一緒に映画を見ても
涙を流す事など決してないカミさん!
そんなカミさんが
楽屋で「あたるちゃん(中村中)」に会うなり
爆発するように涙を流したと言うのだ!
普段の終演後とは違い
昨日は「あたるちゃん」と「エミリ先輩(中山エミリ)」
「狂乱のトークショー」を終えてからの終演!
ガス人間と千代との悲恋が
寂しい結末を迎えてから
40分以上経過しての来客訪問時間である!
だというのにカミさんは
「あたるちゃん」の顔を見たら
涙が止まらなくなったのだそうだ!

私に対しては

「うん・・・
 ようやった。」

と受験に合格した後に
無口な親父が語った一言のような
そんなコメントしかくれなかったが
我が家にとってはそれすら珍しい事なのである!

「よっと」一家とタイ料理店で
からいからいとつぶやきながら食事をし
「よっと」カーでマンションまで送ってもらった!
まだ時刻は19時をまわった頃!
どこか観光ドライブでもしてやろうか?
という「よっと」の愛情だったが
なにやらむしょうに眠たい私だったので
天竺鼠の川原君ばりに
「ねむたーい!」
とアピールして
寄り道はせずに帰宅させてもらった!
そして1時間ほど仮眠しようと思い
「コアラ」と共にベッドに横たわった!
そして目を閉じるとすぐに眠りに落ちたのだった!

(ハープ音)

しまった!
こりゃ2〜3時間眠っちゃったかな?
そんな思いで目を覚ますと!
ややっ!
外が明るいぞ!
時計を見ればまだ30分ほどしか経過していない!
・・・いや違う!
12時間30分が経過していたのだ!

普段から比較的眠りの浅い私に
こういう事は滅多にない!
きっとカミさんからもらった
「ようやった」
の一言によほど安心したのだろう!
書斎「LEVEL 4」にて
『ガス人間第1号』の執筆を始めてから
こんなにも安心感を持って眠りに就いた事はなかった!
公演数も残りわずかなここに来て
私は自らの作品に更なる自信を得たのだった!

一方「とおるさん」こと
”萎える闘魂”水野透氏が
自らの演技に自信があるのかどうかは
まったくわからないが
先日楽屋で怒鳴り散らした「ほんこん」さんとは対照的に
「板尾係長」は実に冷静だった!

「・・・よかったんちゃう?」

「とおるさん」は「板尾係長」の事を
私と話している時には「板尾さん」と言うのに
面と向かうと「板ちゃん」と呼ぶ!
なんだこの人間関係!
こんなの聞いた事ないぞ!
逆ならよくある話なのだが
なんとも不気味なNSC4期の同期関係である!

そんなわけで
NSC4期生2名
NSC暫定21期生
NSC22期生
の吉本チームにて記念撮影!
なかなか珍しいショットじゃないか!
どうだこの「ジェラ君」の気持ち悪さ!
腹曲線などは
まるで焼け落ちたお寺に住む妖怪のそれだ!

イメージ 1

NSC22期生の
キングコング西野「あっくん」
『ガス人間第1号』観劇後
用事があったらしく
楽屋には現れず!
彼の感想は彼のブログ「西野公論」でどうぞ!
発端はわからないが
「あっくん」のブログで私は
「後藤ひろひとマン」と呼ばれている!
なんだかかっこいいので文句は言わない!

さーて!
12時間30分眠ったが
早起きにはなった!
どうにかして3文得せねばならない!
立ち食いそばでも食べに行こう!
きっと券売機に10円残っているはずだから!

Piper掲示板「『ガス人間第1号』ネタバレボード」では
感動的なものから
なんとも特撮マニアなものまで
実に様々な感想文を書いていただき
私はそれらを拝読する事を毎日の楽しみとしている!
更に多くの感想を期待したい!

「文章などで語るよりも
 後藤ひろひとに直接語りたい!」
と熱望される方は
是非とも博多にて私のワークショップ
「Royal Plant」を受講なさいな!
博多の屋台でじっくり聞いてあげます!



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事