ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

「パブロック」という音楽ジャンルがある!
いや!
実は無い!
えーっと!
やっぱりある!

1960年代から70年代にかけて
音楽はこと細かにジャンル分けされていった!
ボブ・ディランは「フォーク」!
レッド・ツェッペリンは「ハードロック」!
ピンク・フロイドは「プログレ」で
Tレックスは「グラム・ロック」!
シカゴが「AOR」なら
イーグルスは「ウェストコースト」!
どういう世間の成り行きか
とにかくミュージシャンやバンドを
箱に入れて整理したいかのような
そんなおかしな流れが音楽界を包んでいた!
そして世間はそれらが箱から飛び出す事を嫌った!
つまりリスナーは
ボブ・ディランがエレキ・ギターを持つ事を認めず
ジミー・ペイジがアコースティック・ギターを持つ事を
許そうとしなかったわけだ!

「それおかしいじゃん!」
と言い出す連中がイギリスに現れた!
お天気だって毎日変われば
観客だって毎日変わる!
自分の気持ちも当然変われば
やりたい音楽だって間違いなく変わる!
その場にいる観客と自分達が
最も楽しめる時間があってこその
”音楽”というものじゃないか!

実に正当な意見である!
しかしながら
当時それを実行していたバンドは少なかった!
そこで
「ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ」や
「エッグス・オーバー・イージー」といった
まったく売れていないバンドが手本とされた!
彼らは「ロックンロール」を基本としながらも
当時は黒人しか聴く事もなかった
「ブルース」や「R&B」!
さらにはイギリスとは無縁な
「カントリー」などをも
平気で演奏しては持ち歌にしていた!
当時の音楽界では許されない事だ!
しかし”それこそ音楽”と感じた連中が
次々と同様の動きを開始した!

あまりにも自由な作風で伝説となったバンド
「ブリンズレー・シュワルツ」
が誕生し
それに続いて
「ブルース」を「ロック」で表現し
後の「パンク・ロック」の原点ともなったバンド
「ドクター・フィールグッド」
が登場した!
どのパブに行っても
床に寝転んで飲んだくれていた
と言われる孤高のボーカリスト
「フランキー・ミラー」は
「ジャズ」のナンバーをも歌いこなし
最悪のバンド「ラブ・スカルプチャー」で
大失敗したギタリスト
「デイブ・エドマンズ」は
”ほんとはロカビリーが大好きだったんだよ!”
とあまりにも意外なジャンルをカミング・アウトした!

音楽業界はこの動きによって
おおいに戸惑った!

やがて
「ブリンズレー・シュワルツ」のベーシスト
「ニック・ロウ」と
「ドクター・フィールグッド」のボーカル
「リー・ブリロー」の出資により
「STIFF(スティッフ)」
というレコード会社が設立された!
STIFF RECORDS社は
世間が更に戸惑うようなレコードを
次々とリリースした!
ジャマイカの「レゲエ」歌手や
場末の「ジャズ」バンド!
その故意による無節操は
コメディアンによる「コミック・ソング」
にまで至った!
そんな中
美術学校で絵画の講師をしていた小児麻痺の男
「イアン・デュリー」に
歴史的名盤を録音させ
まさにそうした節奏のない音楽革命を
手袋工場の工員として待ちうけていた
「グラハム・パーカー」に
レコーディングのチャンスを与えた!
彼らの成功に続いてSTIFF RECORDSは
化粧品会社エリザベス・アーデンの
コンピュータ室で働いていた
例えようのない奇人を
本人の性格以上に奇妙な名前
「エルヴィス・コステロ」
としてデビューさせたのだった!

彼らは皆
世間のミュージシャンがやるように
大劇場やスタジアムなどで演奏する事を嫌った!
とにかく小さな「パブ」で演奏し
ジャンルには一切とらわれず
”観客とコミュニケーションする事を最大の目的”
として音楽活動を続けた!
彼らは常に観客と共に楽しむ事を想い
高額なチケットと遠い道のりが苦手な観客は
次第に彼らの音楽に惹かれていった!
いらだった音楽業界は
彼らをも箱に収めたがった!
なんとか「ジャンル名」をつけて
ひとくくりにしたがった!

「パブロック」!

それは「ジャンルが無い」という「ジャンル名」!
やがて「パブロック」は
「ニュー・ウェーブ」と呼ばれ
現在では「オルタナ」などと呼ばれる物に
変化を遂げた!
「パブロック」と「オルタナ」は別だ!
と主張する方も多いだろうが
結局は「ジャンルが無い」バンドである事を示す
そんな言葉である!
一曲聴いただけで
「あぁこれオルタナだね!」
と判断できる人はいない!
アルバム全体や
彼らの活動を遠目で見た時に
「あぁこれオルタナだね!」
と呼べる!
その原点が「パブロック」にあるのだ!

英国のレコード社であるSTIFF RECORDSはその後
謎の米国オハイオ州進出計画を実行に移し
80年代に多くの人々の首をひねらせた
あんぽんたん120%変態バンド
「DEVO」を生み出した!
その後も「アイリッシュ・パンク」の伝説
「ザ・ポーグス」をデビューさせた事は
まさに偉業としか言いようがない!
しかしそれ以前に忘れてはならないのが
カムデン・タウンの悪ガキSKAバンド
「ノース・ロンドン・インベーダーズ」を
「マッドネス」の名でデビューさせた事である!
「エルヴィス・コステロ」を生み
「マッドネス」を生んだ事は
間接的に
「作家・後藤ひろひと」を生んだ事になるのだ!

私は自分の作品群を
既成のジャンル名でくくらねばならない
となった場合
躊躇なく
「パブロック」
と答える!
多くの「パブロッカー」達が貫いた意志と
全く同一の物を
私も持っているからだ!

「マイ・シャローナ」で有名なバンド
「ザ・ナック」のボーカル
「ダグ・ファイガー」が亡くなった
そんなニュースの陰にすっかりかくれて
私の耳に届くまで1ヶ月以上かかってしまったが
前述した「パブロック」の原点となるバンド
「ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ」で
多くの「パブロッカー」達に多大なる影響を与えた
伝説のギタリスト
「ミック・グリーン」が
先月亡くなっていた!
Piper「山内圭哉」
「いやいや後藤さん!
 これは明らかに2人で弾いてますよ!」
と主張したが
「ザ・パイレーツ」のギタリストは
「ミック・グリーン」ただ一人!
リズム・ギターの音色が聞こえているのに
ギター・ソロを奏でる不思議な不思議な奏法は
「ミック・グリーン」が伝説となった所以である!



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事