ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

ひろぐ大阪観光

スリー・ベルズ「名古屋公演」を終えて
「東京」へは戻らず
「大阪」向きの「新幹線」に乗車した
「小ハーポ」こと「真寿美」
「大阪」には来たものの
なにをどう楽しんでいいやら悩んでおったようなので
一昨日は「真寿美」を大阪観光に連れ出してみた!
もちろん観光ガイドに掲載されているような
当たり前のスケジュールなどは組まない!
私は「真寿美」のために
「ひろぐ大阪観光」
を用意したのだった!

「11時にニュースター集合!」

いきなりの指令に「真寿美」は動揺していた!
「ニュースター」とは
「大阪」における私の「パワースポット」の一つで
「新世界」にある
「スマートボール」場の店名だ!
「新世界」は「大阪」の中でも
少々荒くれた場所なのだが
午前中であればさほど危険はない!
道に迷いながら「ニュースター」を目指すのは
なかなか楽しいイベントになるだろう!

「ニュースターって新世界のどのへんにあるんですか?」

という迷い人からのメールに

「ずいぶん奥!」

とだけの5文字のメールを送信してやった!
おおいに迷うがいい!
そして色んな物を見るがいい!
それが「ひろぐ大阪観光」の醍醐味だ!

やがて見事「ニュースター」に辿り着いた「真寿美」!
残念ながら「きのこの山」も「たけのこの里」も
何もゲットする事はできなかったが
迷った後の「スマートボール」は爽快だったに違いない!

イメージ 1

「新世界」の洋食屋さんで昼食を済ませながら
「天王寺動物園」に行こうか?
「海遊館」に行こうか?
などと話し合ったのだが
どんな動物よりも
どんな魚類よりも
珍しくて面白い生き物を展示する場所がある!
「NGK」こと「なんばグランド花月」だ!

大好きな「日本橋でんでんタウン」を歩き
途中で「五階百貨店」に立ち入ったのだが
残念ながら全店休業日!
くやしかったので
意外なカメラ・アングルでもって
「でんでんタウン」と「真寿美」を撮影した!
なんだか面白い写真になった!
この写真を撮影するために
堺筋を前面通行止めにしたような
そんな写真だった!

イメージ 2

喫茶店で「カプチーノ」などをすすりつつ
「NGK」に向かおうと
「道具屋筋」に入った!
そこは短いアーケード街で
調理器具や
お皿や
看板や
食品サンプルなどを販売する
業務用ストリートである!

「うーわ!
 すげーっすね!
 ここすげーっすね!」

「真寿美」は大はしゃぎだった!
どうやらそんな場所が大好きだったようだ!
なるほど!
普段は「へんてこな場所だなぁ」とだけ思って歩いていた
そんな「道具屋筋」だったが
女性は色々な意味で興奮する場所らしい!
今後は「ひろぐ大阪観光」のレギュラー・スポットにしよう!

かくして到着した「NGK」!
毎年一度は「王立新喜劇」を上演する劇場だが
客席に座って演芸を鑑賞すると
自分がそこに立たせてもらえる事が
たいそう誇りに思えた!

「ストリーク」に「テンダラー」に
「まるむし商店」「今いくよくるよ」さん!
新喜劇には「すっちー」
未知”やんやん”やすえ伯爵夫人
仲良しがいっぱい登場する「NGK」の寄席は
おおいに沸いていた!
中でも私が最高潮までひろいだのが
「平和ラッパ・梅乃ハッパ」のお二人!
双方共にギターを抱えて
演歌vsロックという対決を披露する
いわゆる「音曲漫才(おんぎょくまんざい)」!
その究極とも言える名人芸を
初めて生で鑑賞させていただいた!
そのギターテクニックと
お年を召した観客の心を決して裏切らない
確実なネタ運びに
私は心の底からしびれた!
いつの日にか一緒にお仕事させていただければ
と考えている!

そして飲み屋に入る前の締めくくりは「道頓堀」
「戎橋(えびすばし)」改装で
すっかり綺麗になった「道頓堀」周辺は
昔から「道頓堀」を愛する人の多くが
その近代化に不満をもらす!
しかしながらそんな改装のおかげて
橋の下にできた歩道を歩く事ができるのは
実に楽しい!
ただ見下ろすだけの川ではなく
より水面に近い場所をお散歩できるようになったのだ!

「戎橋」の上では
有名な”グリコ看板”と写真を撮ろうと
あれこれアングルを探る観光客で
いつだってにぎやかだ!
しかしながら”グリコ看板”と写真を撮影するならば
ベスト・スポットは橋の上ではない!
改装によって歩道が造られた
橋の下だ!
そんなわけで「真寿美」を橋の下に案内し
ついでに私も記念写真を撮影してみた!

イメージ 3

どれだけ住んでも
どれだけ歩いても
私は大阪に飽きる事がない!
ここは私にとって
もっとも大切な街なのである!

そんな街に上陸した『スリー・ベルズ』メンバー!
なんでも「京橋花月」
「ウーイェイよしたか」を含む
「スマイル」の漫才を見るべく集合し
みんなで飲んでいるのだそうだ!
きっと「大阪」を満喫してくれている事だろう!

私はそれには参加しなかった!
最近あっと驚く時間に眠たくなるからだ!
夜中の12時まで起きていられない
そんな私になってしまった!
『スリー・ベルズ』「大阪」公演で
「少年」役を演じる
「りょうへい」こと「富永凌平」君から
いっぱい眠たくなるメールが来た!

「僕にも一緒にお布団にいたらよく眠れる友達がいます!」

「僕にも」?
そうか!
「りょうへい」は知っているのか!
私が「コアラ」と眠る事を!

イメージ 4

「りょうへい」の「ねんねともだち」は
ライオンの「シンバ」君だそうだ!
旅行の際に荷物につめようとすると
ママから
「荷物が大きくなるからだめ!」
と叱られるのだと言う!
子供はかわいそうだ!
私なら自由に「コアラ」をかばんにつめられるのに!
しかし『スリー・ベルズ』で「大阪」に来る「りょうへい」は
「シンバ」君の同行が認められたのだと言う!
理由を尋ねて驚いた!

「大王だってコアラと眠るから!」

だそうだ!

私のこれまでのライフスタイルが
小学5年生の安眠に役立てた事を
たいそううれしくひろぐのであった!

さーて!
本日から『スリー・ベルズ』はホームゲーム!
最後まで待たせてしまった関西の民には
おおいに笑って
おおいに泣いていただこう!
なにしろ『スリー・ベルズ』は
書斎「LEVEL 4」において
「大阪」の景色に囲まれながら書いた作品だ!
この街で始まり
この街で終わる『スリー・ベルズ』!
どれだけ楽しみにしていただいても
必ずやそれ以上の楽しみを差し上げよう!

なおそんな私の「ひろぎの魂」を伝える
ワークショップ「Royal Plant」
その「札幌」開催が迫って来た!
まだまだ受講は受け付けているので
興味があれば是非とも御参加下さい!

イメージ 5



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事