ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

ワークショップ「Royal Plant 札幌」を終えて
昨晩帰国した!

「札幌」においては
「もう秋だねぇ!」
などと言いながら
「長袖」を着てひろいでいたのだが
「大阪」は伊丹空港に到着するなり
自分の家はまだ夏の中にある事を知り
げんなりした!

イメージ 1

それにしても素敵な「札幌」をひろいだ!
私はよく「味覚音痴」と言われて
”想い出の料理”などを語る番組からは敬遠されている!
しかし私はそれをまったくハンディキャップとは思っていない!
私は「味覚」にまさる
「想像力」を持っているのだ!
どれほどの高級グルメ料理よりも
山の頂上で飲む一杯の水よりもおいしい物はない!
それは誰もが知っている事なのに
やっぱり
「こっちの方がおいしい」
とか
「あっちのはだめだ」
とか言う人がいる!
私はいつ何を食しても
山の頂上や
飢餓の苦しみを想像する事ができる!
だから何を食べても何を飲んでもおいしいと思える!
私からすればいわゆる「食通」の人は
お金ばかりかかって
かなりかわいそうな人達なのである!

そんなわけで「おいしい物」にあまり興味のない私は
北海道在住の演劇人達と
実に底辺な居酒屋を巡ったり
実にチープな食事ばかりを楽しんだ!
プラスチックのお皿にじゃがいもを乗せ
バターとお塩をかけただけの食べ物!
そのなんとおいしい事か!
「ちゃんとしたお店で
 ちゃんとした美しいお皿に乗って
 極上のバターとお塩で食べたら
 もっとおいしいよ!」
そんな事を言う人は不幸だ!
そこまで用意されなければ心が満たされないのは
よほど心が貧しい人だ!
私ならば公園の屋台で充分にひろぐ事ができる!

”ミシシッピー製名言製造マシン”
「マーク・トウェイン」いわく!

「”裕福”というのは
 今持っている物で充分満足している状態の事である!
 それ以上に何かを欲しいと思った時点で
 その人は貧しい人である!」

同感だ!

そんな状態で早朝から夜中まで
楽しく過ごした日々!
「魅力ある俳優」
「魅力ある人間」
を志す20人近い若者達が
明らかに世間のルールに反する
私の教えを聞き入れ
心や頭脳を動かす様々な実験に参加してくれた!
彼ら彼女らはみな
心にもやもやを抱えていた!
「これから先どうしたらいいんだろう?」
なんとも漠然過ぎるもやもやだが
人間であれば誰もが持っているもやもやに違いない!
飲み会の最後にでも
大事な事を語ろうと思ったが
それをするのを忘れるほど楽しんでしまった!
なので!
今ここで彼らに大切な事を伝えよう!

それは私の言葉ではない!
北海道では知らない人がいない
「ウィリアム・スミス・クラーク」の言葉だ!
(私ぐらい彼の偉業を讃える者は
 彼を「ウィル・スミス」と呼んでもいい事になっている!)

「ウィル・スミス・クラーク」の有名な言葉

「Boys,Be Ambitious!
 (少年よ!大志を抱け!)」

は北海道民でなくても知っている!
私はこの言葉が嫌いだった!
「Boys,be ambitious!」という言葉は
あまりに曖昧過ぎるからだ!

「がんばれ!」

と言っているような
何をどうするか全く示さない
完全に他人事で無責任な言葉に思えた!
ずっとずっと嫌いな言葉だった!

しかし後に私は
この言葉にほんの少しの続きがあった事を知った!
そしてその続きがあってこそ
この言葉には道を示す大きな意味があると感じた!
「ウィル・スミス・クラーク」は
北海道大学初代教頭として卒業式において
こう述べたのだ!

「Boys,be ambitious,
   like this old man!」

(「少年よ、大志を抱け
  この老人のように!」)

なんと素晴らしい言葉なのだろう!
この言葉は「若者達への挑戦状」であると同時に

「諸君に教えた私が
 いつだってどれほど遠くを見ていたかを
 決して忘れてはいけない!
 若い君たちであれば 
 老人が見ていた遠くよりも
 もっと遠くを見る事ができるはずだ!」

という意味が込められていたのである!
嫌いだった言葉が
一瞬にして大好きな言葉に変わった!

ふと鏡を見れば
私の「ひげ」もずいぶんと白くなった!
もうこの言葉を語っても
誰も首をかしげはするまい!
私はいつだって遠くを見ている!
遠くを見ようと努力している!
君たちならば
もっと遠くを見る事ができるはずだ!
物事を小さく見てはいけない!
沢山の小さな悩みは
大きな幸せを生む材料でしかない!
大きな心でどこまでも遠くを見るがいい!
私などを目標にしてはいけない!
君達が見渡す視界の
途中の一点に私を置いてほしい!
もっともっと遠くを
いつの瞬間にも見続けてほしい!

そんな想いを込めて
「ウィル・スミス・クラーク」の言葉を
正確に伝えよう!

Boys,be ambitious...like this old man!

イメージ 2

しかし言っておくが
君らに追いつかれるような私ではない!
昇って来い!
蹴落としてやる!

そんな
人生をまっすぐ歩けない私だけに
いくら「札幌」の連中に勧めても
聞き入れてもらえない札幌名物が一つ存在する!
「旭山動物園 白クマ塩ラーメン」がそれだ!
「想像力」豊かな私に
新たな「想像力」をくれる
「白クマ塩ラーメン」!
このラーメンはすごい!
羊ヶ丘展望台のおみやげ屋さんで発見するなり
誰も買おうとしてないのに
「売り切れてなるものか!」
とばかりに買い込んでしまった!
そこでの値段は180円!
実は私は「大阪」で
このインスタント・ラーメンを
人には言えない高額な値段で買い込んだりしているのだ!
「そんなにおいしいなら
 メールくれたらいっぱい買って送りますよ!」
と言ってくれた「Royal Plant 札幌」のメンバー!
うん!
ごめん!
蹴落とさないから送って下さい!

イメージ 3

はい!
「タロ」とも再会しましたよ!

イメージ 4



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事