ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

「宮城県」で「若林区」や「七ヶ浜町」といった土地を巡った後
私と「がつまっちゃん」は市街地へ戻る事にした!

途中の「多賀城市」は交通量も多く
一見普通に機能しているかのように見えたが
どうやらどの建物も一階部分はかなり浸水したらしく
二階以上にある店舗だけが開店している状態だった!
ガードレールやお店のフェンスは
よく見るとどれも海岸の方向に倒れている!
つまり押し寄せる波の強さ以上に
あらゆる物を巻き込んで引いて行こうとする波の方が
強い破壊力を持っていたという事だ!
そうした現象もやはり
現地まで赴いてみないと知り得ない情報だった!

「がつまっちゃん」の車は次第に次第に
津波の影響を受けなかった土地へと戻って行った!
2005年に作品『Shuffle』を上演した事もある
「泉中央」にたどり着いた!
ところどころ歩道はゆがみ
天井は崩れ落ちていたが
そこにはしっかりと生活し
ショッピングセンターで買い物を楽しむ人々が大勢いた!

「ベガルタ仙台のはいらねんだが?」

「ベガルタ仙台のサッカーユニフォームは買わないのか?」
という意味の「山形」弁である!
「いるー!」

私は「がつまっちゃん」に案内され
「泉中央」の駅ビルにある
「仙台」のサッカーチーム
「ベガルタ仙台」のオフィシャルショップへと入った!
ここでしっかりと「ウエスタンマネー」を普及させ
経済活発化に一役買おうではないか!
「喜劇王・川下大洋」いわく!

「人間にとって本当に必要な物は
 最低価格で売られている!
 ゆえに必要な物だけを購入していたら経済は廻らない!
 不必要な物を購入するからこそ
 経済は活性化するのだ!」

さすが活性炭のような顔をした男は言う事が違う!

はい!
では不必要な物を買いましょう!
なにしろ私は「モンテディオ山形」の「ユニフォーム」
購入したばかりなのだから!
たくさんつらい景色の中に立って
心はいっぱいに揺れたままだけど!
こういう時にはしっかりいつもの私としてひろがなければ
私が「後藤ひろひと」である意味がない!

イメージ 1

そこから二人で出発の時のようにコーヒーを飲んだ!
私は「がつまっちゃん」にいっぱい感謝した!
そしてこの経験を必ずや
人の心を動かせる文章にしてみせると誓った!
そんな事ができる確証はまったく無いが
それでもやってみせると約束した!
そうして書いたのが昨日の『ひろぐ』記事
『北に帰ろう!〜第三章 作家は言葉を探す』
だったわけである!
「がつまっちゃん」は読んでくれただろうか?

晴天の翌朝!
私はさっそく「ベガルタ仙台」の「ユニフォーム」を着込み
ワークショップ「Royal Plant」の東北メンバーと待ち合わせた!

イメージ 2

「ベガルタ仙台」の「ユニフォーム」で「仙台」を歩くと
食事をしても
公園でのイベントを覗いても
必ず声をかけられる!

「今日試合は何時からですか?」

13時から「ジュビロ磐田」戦である事は知っていた!
しかし私には観戦する予定がなかった!
最初のうちはその妙を説明していたのだが
そのうち面倒になって
「13時からです!」
とだけ答えるようになった!
しかしそうすると
「えー!
 なにしてるんですか!
 もうあと5分ですよ!」
と叱られるようになった!

だがそれでもいい!
この「ユニフォーム」を着た人には
「仙台」の人達は自由に話しかけていい
というルールのようだ!
それはたいそう楽しく幸せであると私は感じた!
あなたも「仙台」を訪れる際には
是非やってみるといい!

「仙台」の街は驚くほど活気に満ちていた!
多くの若者が待ち合わせ場所で柄悪くたむろし
多くの家族連れや
多くの腕を組んだ男女が
いっぱいの笑顔でアーケードの下を歩いていた!
それはそれはにぎやかな「仙台」だった!
地震の影響で閉店してしまった古い建物の店舗もあったが
そうなればそんなお店の前を利用して
ジャズバンドやコーラスグループなどが
様々なミニコンサートを行っていた!
みんな笑顔だった!
誰も泣いてなどいなかった!
だから私もいっぱい笑顔になった!
「アベ模型」もしっかり新入荷商品を並べて
どっさり元気に営業していた!

やがて私は
「Royal Plant」メンバーと合流を果たした!
「みぃこ」も元気いっぱいだった!
「札幌」で受講しながらも「仙台」在住の
「どいこ」は相変わらずのいかれぶりだった!
「山形」からは「吹雪ビュン」が
車で駆けつけてくれた!
ならば「ビュン号」でどこか楽しい場所に行こう!
どこかものすごく楽しい場所でいっぱい笑顔になろう!
今日こうして「仙台」で再会できた事を
何度も思い出しては笑えるような場所に行こう!

「・・・そんな場所・・・ありますかねぇ?」

ネガティブ野郎な「吹雪ビュン」に向かって
私は言い放った!

「ビュンよ舵を取れ!
 舳先を”八木山ベニーランド”へと向けるのだ!」

イメージ 3

例えば何千何万も珍味が存在するからこそ
「トリュフ」「フォアグラ」「キャビア」
「よっしー」こと「岡田義徳」は「違う事」を言ったが)
が「世界三大珍味」なわけである!
世の中に数えきれないほどの不思議があるからこそ
とりわけ謎の深い物を並べて
「世界七不思議」と総称するわけである!

ならばどうだ!
「山形リナワールド」と
「仙台ハイランド」と
「八木山ベニーランド」以外に
東北にちゃんと遊園地はあるのか?
他が見当たらないのに
「東北三大遊園地」と呼ぶのは
あまりにも「アンフェアー」ではないだろうか?

うん!
「アンフェアー」だ!
そして聖人君子とはほど遠い私は
「アンフェアー」が大好きだ!
だからそれら3つの
”むなしさいっぱい”な遊園地が
私は全て大好きなのである!

イメージ 4

どうだこの「山形シネマ旭」に継ぐ「貸し切り」感!
まるで「マイケル・ジャクソン」の自宅写真ではないか!
周囲を見渡せば
ひょっとしてトイレに入った間に
世界が終わってしまったのかと思えるほどだ!
誰かいませんかー!
と叫びたくなる『アイ・アム・レジェンド』な場所!
そう!
ここが『ゾンビーランド』!
いや!
「八木山ベニーランド」である!

イメージ 5

「東北」特に「山形」「宮城」で過ごした経験のある人は
誰もが皆ある歌を知っている!
「八木山ベニーランド」と聞いただけで
多くの人々がやんやん歌う!
既にこの私の文章を読みながら
頭の中で!
もしくは口に出してやんやん歌っている人が
かなり多く存在するはずだ!
特に「仙台」出身者は他者よりも強くやんやん歌う!
「劇団スタジオライフ」の「曽世海司(そぜ・かいじ)」
私とはミュージカル『OUR HOUSE』で共演した
ミュージカル界のプリンス「中川晃教(なかがわ・あきのり)」君!
「サンドイッチマン」に「森公美子」嬢に
なんなら「篠ひろ子」様であっても
とりわけ強くやんやん歌うはずだ!
最近では「楽天イーグルス」の応援歌にも採用されている
『八木山ベニーランドのテーマ』は
私が物心ついた時点から
今なおテレビで流れ続ける名曲である!
「ウエスタンマネー」を流通させるべく
何かおもしろくて無駄なおみやげ品はないものかと
ふと売店に入ると!
なんと!

イメージ 6

そんな『八木山ベニーランドのテーマ』が
CD化され販売されているではないか!
しかも歌っていたのは!
幼かった私の憧れの女性の一人でもあり
三代目「オバケのQ太郎」でもあった
歌手にして女優の
「天地総子(あまち・ふさこ)」さんだった!
私はかなり興奮しながらこのCDを購入した!
生まれて初めてフルコーラスで聴いたこの歌は
テレビCMで流れるよりも
はるかにやんやんしていた!
既に私の「iPod」内プレイリスト
「Hirohitz 2011」では
広東ポップス歌手「エルヴィス・ホイ」による
『桃天紅慕情』の再生回数をはるかにしのぎ
「シュガーランド」「ザック・ブラウン・バンド」
肩を並べている!
(もう数回聴けば『しらけ鳥音頭』を越える勢いだ!)

私は「ベニー」を「やんやん」にひろいだ!

もうここだけ読んだらどういう意味なのか誰にもわからないが
そう書くのが適切だと信じている!

イメージ 7

それから夜が来て
更に多くの「Royal Plant」メンバーが
「仙台」の焼肉店に集合した!
「セフォー」は他県に引っ越したために不在だったが
「仙台」で被災した「ジル」も「ダテメガネ」も
「山形」の「えっこ」も元気に現れた
私が「ウエスタンマネー」で
飲み代全額を支払うという宣言を聞きつけてか
「東京」からまで亡者共が何名も現れ
「仙台」に更なる元気を運んで来た!
そんな中の一人は
私の次回作『ニッポン無責任新世代』にも出演する
「ゆうじ」こと「大野ユウジ」だった!
「ゆうじ」はかつて「広島」開催の「Royal Plant」に
「東京」から自転車で駆けつけ
その後「仙台」で開催された「Royal Plant」には
「東京」から徒歩で参加するという愚行をやってのけた男だ!
そんな「ゆうじ」はこのたび
翌朝早くにバスで「東京」に戻ると言った!
私はだめだと言った!
その前に自分の目で見なければいけない場所があると伝えた!
誰の言葉でも
何のテレビ番組でも伝わらない悲しみが
ここからほんの数キロ先にあると語った!
だから「仙台」の居酒屋で飲んだくれて
それでおしまいなどというのは間違った行為だと力説した!
それを横で聞いた「吹雪ビュン」が
どこまで行けるかはわからないが
日の出を待って「ゆうじ」を車で被災地に案内すると約束した!

翌朝「二日酔い」を抱えた私に
「ゆうじ」からたいそう混乱したメールが届いた!
それはそうだ!
「作家」である私も言葉を見つけられない
そんな光景を彼も見たのだろう!
「ゆうじ」よ!
私と一緒に見つかるはずもない言葉を
いっぱい時間をかけて探そうか!

イメージ 8

「仙台」であまりにおいしい物を食べ過ぎたせいで
私のおなかは「怪獣ブースカ」のようになってしまった!
だけど見て欲しいのは私の「ブースカ」具合ではない!
いっぱい元気なこの「仙台」の街だ!
この街の人達は泣いてなどいない!
いっぱいの笑顔で歩いている!
ならば私もまた笑顔で歩き続けよう!
「泣きながら歩くと家に着く時間が遅くなるよ!」
と子供の頃先生に教わったからね!

Walk on!
Walk on!
With hope in your heart!
And you'll never walk alone!!

イメージ 9



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事