ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

楽しい事が起こり過ぎて文字にしているどころではない!
現実世界では既に『ニッポン無責任新世代』
「大阪」公演が終わっているのだが
『ひろぐ』の世界では
まだ「名古屋」公演の上演前である!
まぁいい!
Twitterとブログの違いはここにあるのだから!
起こった出来事を
頭や心でしっかりと整理してから文字にする!
それこそがブログの利点である!
もしも私がTwitterをやっていたとしたら
1週間前のTweetは
「ぎゃ!」
とか
「すげー!」
とかまったく意味不明な物になっていたに違いない!
そんな「名古屋」での”ひろぎ”は
最近になってしっかりと整理がついた!
なので久しぶりに帰って来た書斎「LEVEL 4」にて
「葉巻」などを軽くふかしながら
のんびり記してみようと考えた次第である!

「チャイナマン」こと「伊藤正之」氏と
「名古屋」の立ち飲み屋を満喫した翌朝!
私は「チャイナマン」と「ユウジ」こと「大野ユウジ」
午前10:30にホテルロビーに呼び出した!
”前の晩のヤバダバドゥーな様子”から察するに
「チャイナマン」は二日酔いで現れないだろうと予想したのだが
なかなか普通にうすら笑顔で現れた!
しかも前の晩とまったく同じ服装だ!
この猛暑だと言うのに
「チャイナマン」はどうやら
バミューダパンツとアロハシャツ一枚だけで
「名古屋」での2泊を過ごす決意のようだった!

今年に入って初めて訪れる「名古屋」!
私にはどうしても行きたい場所があった!
「チャイナマン」も「ユウジ」も
あまり興味はなさそうだったが
私の熱弁に心を揺らしてくれたのか
もしくは同行しないと『ひろぐ』に悪口を書かれると予期したのか
眠たそうな表情でもって
「名古屋グランパス」の「ユニフォーム」をまとった私に
ついて来てくれた!

イメージ 1

「名古屋」駅から「あおなみ線」に乗って「金城埠頭」駅で下車!
そこにあるのは今年オープンしたばかりの鉄道博物館
「リニア・鉄道館」である!

イメージ 2

私はここ数ヶ月の間に
ずいぶんと「鉄の道」を歩いた!
それは1月に訪れた「プラレール博」に端を発した!
「沖縄」では県内唯一の鉄道機関「ゆいレール」をひろいだ!
やがて先月!
「地下鉄博物館」で「レール」の存在意義をひろぎ
”レールに乗った人生”を価値あるものと考える
「ひろゲージ理論」
を生み出した!

イメージ 3

結局『ひろぐ』に記し損ねたのだが
「柳家小菊」姉様に握手していただいた日!
私は「鈴本演芸場」を訪れる前に
「江戸東京博物館」において
『東京の交通100年博』を思い切りひろいだ!
私が幼少の頃には「100年前」の写真など
歴史の教科書でしか見る事はできなかったし
「100年前」の物など「博物館」行きの骨董だったわけだが
2011年の「100年前」となると
あれほどまでにしっかりと資料が残されているものか!
『東京の交通100年博』は「鉄道マニア」のためだけの物ではない!
「東京」で「電車」を利用するすべての人々に
感動と発見を与えてくれるだろう!
まだまだ開催中なので興味のある方は是非訪れる事を薦める!

イメージ 4

そして走り続けて「名古屋」!
日本国内の鉄道博物館の中では
ほぼ究極の規模と展示を誇ると噂される
「リニア・鉄道館」に
私という名の列車は辿りついたわけである!
では一体何がそこまで究極なのか?
入り口であれこれ想像していてもわからない!
まずは1000円の入館料を払って入ってみた!

「うわあっ!」

母親や父親に手をつながれ入場した子供達と
まったく同じ声を私は出してしまった!
なんだここは!

イメージ 5

すごいすごいとは聞いていた「リニア・鉄道館」だったが
ここまですごいとは思っていなかった!
そのすごさは”すごい”を通り越して
”ずごい”に至った!
なんなら”ばかじゃねーの?”とさえ感じられた!
なにしろ本物なのだ!
本来ならば鉄道博物館の見せ所となるはずの
精巧なミニチュアなどほとんど無い!
広大な建物の中に
ただひたすら本物の車輛が
「まぁ大きい方がいいでしょ!」
と言わんばかりに並べられている!
ミニチュアの代わりに本物を並べようという
多分にいかれたスペクタクル!
そんないかれたアイディアは
アメリカ人か「名古屋」人にしか思いつくまい!
恐るべし「名古屋」人!
さすがは世界の人々が集う万国博覧会に
駄洒落でタイトルをつけた人達である!
さすがは龍だと子供がとっつきにくいと言って
龍と「コアラ」の合体動物を生み出した
「ドクトルG」のような人達である!
(私は「ガマボイラー」が好きだ!)
思い切り「名古屋」サイズな交通博物館の極み!
山形市役所が許すならば
名字を「しゅっぽ」に変えたいほどの大ひろぎが
私を襲い続けた!

イメージ 6

夏休み期間とは言え平日の午前中!
本来ならばかなりの列を作って観覧するコーナーも
一切待たずに遊ぶ事ができた!
一度やってみたかった
お行儀の悪い乗車方法もここならおっけーだ!
「しゅっぽひろひと」の悪行写真だ!

イメージ 7

それほど興味もなく訪れた
「チャイナマン」と「ユウジ」だったが
気づけばすっかり大はしゃぎ!
「チャイナマン」はバスに足を踏まれた写真を期待していたようだが
そうそう思い通りに撮るものか!

イメージ 8

しかしながら私のカメラは
フォトジェニックな「チャイナマン」を
どうしても撮影してしまう!

イメージ 9

特に何というわけでもないのだが
ついつい「チャイナマン」を撮ってしまう!

イメージ 10

休日・祭日ならば
来場者が多くて
こんな写真も撮影できないのだそうだ!

イメージ 11

ここまでひろいでおいて言うのもなんだが
私はいわゆる「鉄道マニア」ではない!
電車を見ると微笑むが
たいした知識は持っていないし
何かをコレクションしているわけでもない!
本当の「鉄道マニア」は
『ニッポン無責任新世代』に出演中の
「たっちゃん」こと「西ノ園達大(にしのその・たつひろ)」君だ!
それを知った私は
「東京」から「名古屋」に向かう前に
当然「たっちゃん」も誘ってはみたのだが
あれこれ都合が悪かったらしく
「たっちゃん」の「名古屋」入りは
その日の夕方近い時間になってしまった!
なので私は「リニア・鉄道館」から
一通のメールを「たっちゃん」に送信した!

「この世の中には2種類の愚か者がいます!
 1つは戦争を起こす者!
 もう1つは鉄道マニアなのにここに来ない者です!」

これにぶち切れた「たっちゃん」から返事は来なかった!
メールでいじめたお詫びに
「たっちゃん」にはしっかりおみやげを買ってあげた!
いっぱい喜んでくれた!

イメージ 12

自分用になにか記念品は無いかとグッズショップを探すと
「リニア・鉄道館」のオリジナルピンバッジが
全部で12種類売られていた!
小学生の男の子が
全種類欲しいと言っては
「1つにしなさい!」
と父親に叱られていた!
大人になりたがらない子供のために
私は大人の素晴らしさを
今こそ見せてあげなければいけないと感じた!
なのでできるだけその子の目の前で
全部のピンバッジをかごの中に入れた!
少年は小声で
「あっ」
と言って私を見上げた!
いいぞ少年!
これがやりたきゃ転んで泣いたり
好きな子に意地悪するのは止めて
さっさと大人になるがいい!

イメージ 13

そんなこんなでどっさりひろいだ後は
『ニッポン無責任新世代』の「名古屋」公演!
カーテンコールでは
何度も何度も呼び戻していただき
客席も舞台上もいっぱいの笑顔にあふれた!
「原田泰造」君が演じる怪人「百均(くだら・ひとし)」!
彼が笑顔や幸せを運ぶ場所は
作品に登場する弱小会社”明和商事”だけではない!
おそらく作品を上演するすべての土地に
笑いと勇気と無責任を置いて行くのだろう!
そこでいっぱい元気になった人達は
今度は自分が「百均」となって
身近にいる
泣いている人
悲しんでいる人
苦しんでいる人に
いっぱいの元気を伝えてくれるのだろう!
私はそれを信じてこの作品を上演し続ける!
続くは「金沢」!
やがては「広島」
まだまだ続く無責任ツアー!
いっぱいのお客さんに会うのが
今から楽しみでならない!

続いて私が『ひろぐ』で記すべきは
ホームタウン「大阪」での出来事!
これまた大騒ぎで
ひろぎに満ちあふれるわけである!
「新大阪」まで行こうと「新幹線」に乗ったが
絶対に乗ってはいけない車輛に乗り込んでしまったため
一切停車しないまま「博多」駅の車庫で保護された
中国人露天商!
普段は北京の街角で
ひまわりの種を煎ったおやつを販売している!

イメージ 14

私が所属する5人組「Piper(ぱいぱー)」
そのホームページ掲示板には
「『ニッポン無責任新世代』ネタバレボード」
が開設されています!
“ネタバレ”ボードと言うのは
既に作品を見た人のための掲示板
という意味なので
まだ見ていない人を邪魔せず
台詞や内容について
思った事を好きにを書いていいですよ
という意味です!
そこでは作品の感想を広く募集しております!
私もちゃんと読んでいるページなので
質問などあればお答えしたりもしますよ!
私にメッセージを届けるつもりで
どうぞ無責任に沢山書き込んでみて下さいな!

そうそう!
私が個人的に発行している
「一人では歩かせないカード」
沢山の土地で沢山の人達にもらって頂いています!
リンクを張った『ひろぐ』記事を読んで
私の意図に賛同してくれた方は
私を見つけ次第
どうぞ遠慮なく
「カードおくれ!」
とお声をおかけ下さい!
できるだけ多くの人の手に渡ればと願って作成したので
大喜びで差し上げますからね!

イメージ 15



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事