ここから本文です

後藤ひろひと OFFICAL SITE ひろぐ

書庫全体表示

昨日の『ひろぐ』
あるエピソードを付け加えたい!
(そんな事をしているから
 『ひろぐ』が東北から出られないのだ!)

私の無記憶に対して
同窓生のみんなは
高校時代の私の事を実によく覚えてくれていた!
「後藤君がやったあれだけは忘れられない!」
とか
「”生徒会長”のあの演説は忘れない!」
とか
いっぱいの事を語ってくれて
私に失われた記憶を差し出してくれた!
まるで親や親戚に赤ん坊の頃の事を
聞かされているようだった!

そんな中!

「俺はお前にやらされたあれだけは一生忘れない!
 応援団長としてあんなに情けない思いをした事はない!
 だから今でもお前を恨んでいる!」

ただならぬプロローグで
「応援団長・高嶋」が静かに語り始めた!

毎年高校の学園祭において
投票で決定する学園祭のヒーロー&ヒロイン!
私はそれにうっかり1年生の時に選ばれ
「3年生の想い出を台無しにした男」だ!
我々が3年生として迎えた学園祭で
「団長・高嶋」はなんと「ミスター学園祭」に選ばれた!
ミスに選ばれたのは
当時大人気のかわいらしい女の子だった!
そんな二人に
賞状と王冠とたすきを手渡すプレゼンターは
当時学校内でかなりの有名人だった
私の役目だったようである!
壇上で二人に一式を手渡すと
私はマイクを通して客席にこう言ったのだそうだ!

「それではこれより!
 本年度のミスター&ミス学園祭に!
 私が作詞作曲した『こうもり男の歌』を
 歌っていただきましょう!」

当時の私は
「生徒会長」として壇上に立つたびに
いつも新曲を発表していた!
『こうもり男の歌』は
そんな中でも空前の大ヒットを記録した作品だった!
大事な話をすべく壇上に上がっても
全校生徒からその曲をリクエストされ
「では本題はこのぐらいにいたしまして」
と『こうもり男の歌』を歌った!
ある時などは
他校の生徒が口ずさんでいたのを
耳にした事もあるほどだ!

応援団に代々伝わるぼろぼろの学生帽をかぶり
「金田一耕助」よろしく
とんびマントをはおり
真冬の「山形」でも下駄で通学する事を義務づけられていた
硬派の鑑とうたわれる「応援団長」!
笑顔すら見せる事を禁じられた
そんな男が!
私の心ない一言によって
壇上で『こうもり男の歌』を歌わなければいけなくなった!

「くやしかったよ・・・」

「芋煮会」のシートの上で
遠くの山を見つめながら
「団長・高嶋」が静かに口ずさんだ!

♪こうもり男がやって来る
 こうもり男がやって来る
 逃げろ(逃げろ)
 100匹やって来る

 ざざざざんざんざん
 ざざざざんざんざん

「芋煮会」にいたみんながその歌を覚えていた!
そしてなんと!
私もその歌を覚えていた!
覚えていたどころか
私だけがその歌を
フルコーラスで歌う事ができた!

♪こうもりはさかさまに下がる
 こうもりは超音波で話す

 ざざざざんざんざん
 ざざざざんざんざん

ひょっとしたら私は
劇団「遊気舎」に在籍していた時代にも
まだこの歌を歌っていたのかもしれない!
なので「カミさん」もこの歌を知っている!
世界中からアクセスを頂戴しているこの『ひろぐ』だが
範囲を限定した
とても小さな質問をしよう!
この『こうもり男の歌』に
聞き覚えがあるとおっしゃる方は
是非ともPiperホームページ掲示板に
書き込みを願えないだろうか?
それによって私は
忘れてしまった時間を
再び取り戻す事ができるような気がするのである!

♪ざざざざんざんざん
 ざざざざんざんざん

はてさて!
「ママ」はすごい!
どんな言葉でもしりとりで
「パナキ」という意味不明な言葉につなげる
意味不明な生き物「サバンナ八木」に匹敵するほど
何をリクエストしても
「なす漬け」に変わる!

例えば
誰にも迷惑はかけずに自分で煎れるので
コーヒー豆はないか?
と尋ねると
すぐに「ある」と言う!
では「くれ」と言うと
それよりももっといいコーヒー豆があると言う!
コーヒーと言えば
先日誰がしから頂戴した紅茶もあると言う!
なんなら日本茶もあると言う!
日本茶ならばお菓子が欲しいだろうが
辛党のお前はお菓子など食べないだろうから
「なす漬け」はどうか?
と問われて冷蔵庫が開けられる!
コーヒーを飲みたかったはずなのに
登場するのは「なす漬け」に変わる!

パナキでーす!

年寄りはお肉など買うだけ買って
なかなか食べやしないので
是非ともあるだけ食べてくれと言われる!
まだまだ魚よりもお肉が好きな私なので
願ったりな事だ!
是非いただきたいと申し出ると
「山形」はお米がおいしいので
ご飯もいっぱい食べるがいいと促される!
もちろんいただきますと言うと
誰ぞにもらった舞茸で
おいしいお吸い物を作ったので
それも飲むべきだと言われる!
ならばそれも下さいと言うと
それを温めなおすまで
「なす漬け」を食べなさいと言われ
冷蔵庫が開けられる!
食べたいと言ったのはお肉なのに
出て来るのは「なす漬け」だ!

パナキでーす!

1分間に1000文字話す事を得意とした「ママ」は
年をとるほどにその記録を更新し
今では1分間に2300文字ほど話す事ができる!
猛烈な勢いで体調不良を訴えられても
なかなか説得力はない!
しかもその1分間のトークに
約2人から3人の
知らない人の名前が含まれる!
”それは誰?”と尋ねてみたりすれば
その人物を説明するために
更に4人から5人の知らない名前が登場する!
それはもう”おしゃべり”と呼ぶよりは
旧約聖書に近い構造だ!

そんな「ママ」の聖書から逃れるべく
「ごんぼちゃん」
一日に何度も家を出て行く!
一体どこに何をしに消えて行くのか尋ねてみると!
一軒隣に新築している
よその家の建築工事を見に行くと言うのだ!

「おもしゃいんだよ!
 どんどん建つんだよ!
 おもしゃいんだよ!」

「おもしゃい」とは「山形」の方言で
「おもしろい」という事だ!

「いやーおもしゃい!
 後でまた行ぐよ!
 おもしゃいおもしゃい!」

わからない!
それの何が「おもしゃい」のか
私にはまったくわからない!
なのに「ごんぼちゃん」は
「おもしゃいおもしゃい」と
一日に何度も出かけて行く!
他人の家だぞ!
自分の家ならば
かなり「おもしゃい」のだろうが
誰が住むかも知らない家屋の工事を眺めて
何が「おもしゃい」ものか!
それでも「ごんぼちゃん」は
「おもしゃいおもしゃい」
と言って食前食後に消えて行く!
ご飯ができたら
私が呼びに行かなければ
現場から帰って来ない「ごんぼちゃん」!
息子として断言しよう!
「おもしゃい」のはあんただよ!
まぁご飯ができたからと言って
あわてて戻る必要もない!
まずは「なす漬け」だろうから!

イメージ 1

しかしふと思った!
おしゃべりする事が大好きな「ママ」と
他人が興味を示さない事に没頭する父!
間違いない!
私の遺伝子のうち
50%は彼女で
50%は彼だ!
考えてみれば飲み屋で最初に注文し
最後にもう一度注文する品目が
「なす漬け」な私なのである!

はい!
「近所の温泉」に毎日通い
ついでに実家の庭で「葉巻」を一服する事も
日課に定めた私のひろぎ写真!

イメージ 2

プライベートな帰郷だったので
のんびりごろごろ過ごそうと思ったが
なかなかそうはさせてくれない素敵な「山形」だ!

「いるなら出てよ!」

「迷い人」の愛称で知られる
「浅倉かおり」嬢が
ラジオ番組に誘ってくれた!
どういうわけか
たいして喋りもしないくせに
俳優「吹雪ビュン」もいた!

イメージ 3

収録後は食事にでも行こうという事になり
久しぶりに彼女が運転する車
通称「ワンダラー号」に乗った!
目的のお店は
FM局を出発して
角を一つ曲がるだけだったので
私は彼女が二つ曲がりはしないかと
どきどきしながら運転を睨み続けた!
なんと!
驚くべき事に
彼女は角を一つしか曲がらなかった!
成長している!

翌日私は「YBC 山形放送」に向かった!
「山形放送」と「山形新聞」は同じビルにある!
なのでまずは
「山形新聞」で長年連載を続けさせて頂いている
コラム『アートフロンティア』の担当記者に
初めてお会いして挨拶を交わした!
これまでメールでしかやりとりした事のない方だったので
話してみたい事はいっぱいあった!
しばしコーヒーを飲みながら談笑し
やがて居場所を「山形放送」に変えた!
なんでも毎週月曜日から金曜日に
朝7時から生放送されている
ローカルラジオ番組
『グッとモーニン!!』のワンコーナー
「ふるさとへグッとモーニン!」に
毎月一回どこにいようが電話出演しないかね?
という依頼を受けたのだ!
知っての通り私は電話が大の苦手だ!
親の電話も取った事がないし
携帯電話などは「カミさん」以外の番号を
全て着信拒否に設定している!
しかしながら生まれ故郷の番組に
毎月自分の言葉を送る事ができるのは
それはそれは名誉な事だ!
私は喜んでその依頼を受ける事にした!
そんな打ち合わせをあれこれ行っているところに
「いるなら出てよ!」
と言い出したもう一人の怪人が現れた!

「山形すみます芸人」の
「三浦友加(みうら・ゆか)」だった!
久しぶりに会って驚いた!
以前の彼女は芸人でありながら特に面白い事も言わず
むしろ無口な印象すらあった!
丸坊主で性別もよくわからなかったあの彼女が
今ではヅラのような髪を伸ばし
なんだかとても芸能人らしくなっている!
周囲に聞けば
今の「山形」で彼女を知らない人はいないようだ!
街角でお祭やイベントのポスターを見れば
たいがい彼女が司会者として記載されている!
「浅倉かおり」嬢の「運転手」としての成長もすごいが
たった一年での芸人「三浦友加」の成長ぶりには
目を見はるものがあった!
全国に放散した「吉本すみます芸人」の中でも
数少ない成功例となったようである!
その証拠に自分のラジオ番組も持っており
私をそのゲストとして招いてくれたというわけだ!

「それでは次の曲に!
 ・・・行ってもいいですか?」

わかる!
私を招いて緊張するのはわかる!
会社の中でも私は君の大先輩だ!
けどなぜゲストに曲を流す許可を問う!
君の番組だ!
好きになさい!

「では続いてのコーナーに!
 ・・・行っていいですか?」

だから聞くな!

「それではそろそろ!
 ・・・終わっていいですか?」

既に私の夢である
「花笠まつり」の山車にも乗ったという「三浦友加」!
吉本芸人が「山形」という土地に根付き
そして多くの人から愛されている事は
同郷同社の私にとっても誇らしい限りだ!
心から応援したい!

イメージ 4

他にも沢山面白い事があった!
こっそりと中学時代の憧れの少女
「まきちゃん」にも会った!
まだまだここでは書けない秘密作戦を
とある名士と高級料亭で話し合ったりもした!
色々な事があった「山形」だったが
ここらで去るとしよう!
なにしろこの記事を記している今ならば
「ごんぼちゃんハウス」も
既に建築が終わっている頃だ!
『ひろぐ』はここらで「東北」を抜け出そう!

イメージ 5

「浅倉かおり」嬢のラジオ!
「三浦友加」のラジオ!
自分が新レギュラーとなるラジオ!
ラジオがいっぱい続く”ラジオ・デイズ”な中
もう一つ大きなラジオの仕事が
私を待ち構えていた!
みんなに別れを告げて「山形」を去った私は
そこから「東京」へ向かい
「渋谷のNHK」に入館した!

休憩所から
誰かと会話する女性のかわいらしい声が聞こえた!

「あー次いよいよ『Yellow Boy』の録音だぁ!
 あたしあの脚本だけがよくわかんなくって
 今朝4時まで台本読んじゃいました!
 あれってどう演じたらいいんだろ?」

私は名乗り出るべきだと思った!

その台本はおじさんが書いたんだよ!」

あっ!
と驚いた顔をして
「蒼井優」ちゃんが私に挨拶をしてくれた!

*****ひろ速報<Radio Days>************
 21日深夜というか22日午前と言うか!
 なにしろ私は本日21日の夜中にラジオ局入りし
 「大将」こと「兵動大樹」君の
 ラジオ番組に出演します!
 関西ローカルの番組ですが
 「大将」と一緒に
 朝までいっぱい喋りますよ!

 『兵動大樹のラジオ大好き』
 ABC radio 1008kHz
 10月22日
 1:30AM〜4:35AM



顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事