サラリーマン流浪記(バンコク編)

懲役30年受刑中も25年で出所♪ブログ移転しました⇒http://damascus925.blog.fc2.com/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

8月13日
 
一つ前の記事で書いた通りここはかなり古い木造2階建ての旅社(華人経営の安ホテル)
イメージ 1
イメージ 2
チェックインしようと近づくが、どうみても入り口は食堂。。。???
しかも、食堂に全員がビールを飲んでいるのだが、鋭い目つきの男ばかり。。。
イメージ 5
食堂に入ってすぐの所から奥を撮影。
右奥が台所兼事務所
奥に店員らしき人がいたので「ここってホテルだよね?」と聞くと「そう」との返事。。。
部屋は空いているようで、トイレ(シャワー室兼用)は共同、ファン付きで200B/泊
 
部屋を見せてもらうために店の奥に案内されたのだが、ウナギの寝床のような作り。。。
(上の写真遠くに写っている赤っぽい服を着た女性のいる方向に長い廊下が続く)
奥に部屋らしきスペースがあるのだが、ドアの前にもヤバそうな男がいっぱいいて注目を浴びる。
 
ドアが開いていた部屋をちらっと見た瞬間、「あ〜、ここは売春宿だ」と直感。
別に経験は無いんだけど、それ以外考えられない。。。
 
更に奥に進むと川が見え、一番奥にある階段を登って2階が「旅行者用の客室」だった。
イメージ 7
廊下の突き当り回れ右すると2階に上がる階段がある。1階はみな女性の部屋。
営業中は扉が開いている。。。営業終了後に撮影。。。

2階の客室(旅行者用)は全部で6室。今日の宿泊者はオレだけの様だ。
イメージ 6
左右に3室づつ合計6室ある客室
 
部屋を見せてもらったが、部屋を見る前にここに泊まることを即決。
イメージ 8

理由はこの眺め♪
 
イメージ 9
 
すばらしい〜
しかも、川からの風がすごく気持ちい〜♪
カギを受けとると、早速川べりのラビアン(テラス)に椅子を出して夕涼み
本当に最高の環境だ♪
 
ここからの眺めは別に記事を書く予定。
 
さすが地球の歩き方に載っている宿!共有スペースにはこんな本もあった。
イメージ 10

また、日本人客がが書き残した、この近辺の案内(特にマレーシア国境への行き方や注意事項)をパウチしたものもあった。
 
かなり古い建物で、華人経営の売春宿兼旅社だったようだが、こんな施設を地球の歩き方に載せてよいのだろうか?と最初は思ったが、1階と2階は隔絶しており、別に客引きもない。
しかも、ここの経営者の華人家族がすごく親切丁寧で感動的だった。

主人の写真は撮り損ねたが、これが旅社のスタッフ。
イメージ 11

奥さんは華人系だが、残りの若い二人はちょっと違った顔つきなので、血のつながりはないようだが、皆すごい善人♪右の娘は多分10代後半だろうが、う〜ん職場の環境がねぇ〜?(笑)

主人は小柄で真っ黒に日焼けした華人。この主人についてはまた別の機会に書いてみよう。
 
女性の一人旅ではあまりお勧めしないが、1階の環境を気にしなければ最高の宿だ。

ふとしたきっかけで、1階の某女性(抜群のスタイルで色白、推定年齢は50半ば過ぎか?(笑))と会話するようになった(別に部屋に入ったわけではありませんので、念のため)が、1階の住人も良い人ばかりだったし、こちらから進んで接触しなければ向こうから接触を求められることもないので、そういう意味では1階の住人も同じ宿泊者だ!と思えばいいだけだ。
 
この某女性、それ以降オレが通るたびに微笑みながらオレを色目で見ていたのは気のせいかしら?(笑)
 
荷物を降ろし、シャワーを浴びた後AISのオフィスに行って戻った後は1階でビールを飲みながら涼む
1階の食堂も風通しが抜群♪
(上から3番目の写真)
 
ほろ酔い気分の後は、2階のテラスから川をず〜っと眺めて過ごす。
イメージ 3

今日の日本は40℃超とか、東京の最低気温が30℃超とか暑苦しいニュースを見たが、ここはまさに軽井沢といった別天地だ。
ここで30分川風に吹かれていると、日本に戻る気が完全に失せてしまった♪
 
しばし先生の事も忘れてしまっていたくらい、心地よい風と眺めであった(笑)
 
ぽちっとお願いします♪
イメージ 4
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

8月13日
 
たまたま見つけたナラティワートホテル。
実は出発前に図書館で地球の歩き方の古いヤツを立ち読みしていて、名前だけは知っていた旅社。
場所は覚えていなかったのだが、ちょうどいいところにあった〜♪
イメージ 2
イメージ 1
イメージ 3
木造2階建て。相当古い旅社。。。築100年???
 
この旅社については後で詳しくレポートします。
 
まずは店の主人にセブンイレブンの場所とAISのオフィスの場所を確認
AISのオフィスを聞いたのはAISの通話ができるように登録に行かなくてはならないため。
主人に電話の状況を説明するとやはりヤラーのtuk-tukの運ちゃんと同じ事を言っていた。
(一つ前の記事で書いたが、深南部3県では登録(タビアン)しないと電話を掛けることができないため)
歩いて10分ほどのオフィスへ
イメージ 4

受付で「私はAISを使っているのですが、電話が使えなくなりました。AISのオフィスで登録をする必要があると聞いたのでここに来ました(オレの言ったタイ語の直訳)」と申し出ると、
おっちゃんが「AISを契約した時の契約書はあるか?」と聞いてきた。。。
???
「いいえ、持っていません。なぜならばこのシムはセブンイレブンで買ったものだからです(オレの言ったタイ語の直訳)」
多分オレの発音が悪いのだろう。。。おっちゃんは「契約書を・・・」と繰り返すだけだった。
イメージ 5
真ん中の禿げ上がった人のよさそうな人がオレのタイ語を理解してくれなかったおっちゃん・・・

と、隣にいた客(後ろ向きの黒い服の女性)が「
+*?☆@-■%・・・・・」と(多分)マレー語で聞いてきたが全然わからないので「タイ語と英語と日本語ができます」とタイ語で言うと、おっちゃんは英語のできるスタッフを連れてきた。

と、店員が全員注目する中、誰かがその英語が出来るといわれる若い男に「あら、あなた日本語ができるの〜?」と茶化して店内大爆笑
若い男は照れまくっていたが(笑)

たどたどしい英語で質問するあんちゃん。英語ができるってレベルでは全然ないな。。。。
オレはあくまでもタイ語で「セブンイレブンで買ったので契約書は持っていません!」と言うと、このあんちゃんは理解してくれたようで、パスポートのコピーを取って、そこにオレの電話番号を書かせ、サインを求められ、更に拇印を捺させた。
 
タイで拇印を要求されるとは、この登録って相当シビアなのね。。。
あんちゃん曰く「30分後に開通します」と。。。
宿に戻って30分後にスマホを見るとちゃんとアンテナが3本立っていて、こんなSMS(下段)が来ていた。
イメージ 6
よしよし♪
ちなみに手続きは以上で費用は無し。
 
深南部3県に出かける方は要注意です。
 
タメになった♪と思った方は、ぽちっとお願いいたします♪
イメージ 7
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事