辛口なんでも評論

良き友を持つものに人生の落伍者はいない

全体表示

[ リスト ]

きのう投開票された東京都議会選挙、自民党が歴史的な惨敗をし、小池知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が圧勝した。注目された結果として、公明党などを合わせた小池氏の支持勢力が過半数を占めた。

今朝の新聞各紙は、選挙結果を第一面で取り上げ、ほとんどが「自民惨敗」と報道した。
朝日の記事の中になかなかしゃれたものがあった。それを紹介すると、「自民の大敗に対して、閣僚関係者が次のように総括した。」という。
つまり「THIS IS敗因。Tは豊田、Hは萩生田、Iは稲田、Sは下村」と、なかなかうまく表現している。いずれも選挙前に不祥事や疑惑を報道された閣僚や議員、幹部らの頭文字だ。確かにそれは当たっている。
多くの自民党関係者はじめ党幹部らですら、自民党内での不祥事が大きな風邪を吹かせて、自民の票をさらってしまった、と言っている。
表現をそのまま聞けば「自民のオウンゴール」だ、と言えよう。

私は英語の表現を正確にして、文章にAを入れることを提案したい。つまり「THIS IS A敗因」としたい。A は安倍(Abe)総理自身であり昭恵(Akie)夫人でもある。 
選挙運動の最終日に、安倍総理は東京秋葉原で応援演説を行った。その時、聴衆から「安倍帰れ」「安倍退陣」などの声が上がり、大きな安倍反対の声となって渦巻いた。
秋葉原は安倍総理にとって、選挙の際の最終応援演説の聖地のような場所であった。そこで演説をすれば必ず勝利していたのだった。ところが今回は大きく違った。それは、今日発表された各マスコミの世論調査結果でも分かる。

安倍総理は記者会見で「国民の不信を招いた。指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしてゆく」といったが、その後も全く責任を果たすどころか、傲慢な態度を見せて国民の反感を買うばかりだった。そこにまたもや、秋葉原の街頭演説で市民らの「安倍帰れ」の声に対し、「演説の邪魔をするようなものは自民党にはいない」とか、「あのような人たちに負けるわけにはゆかない」などと、勝気な態度を見せ反論し、更なる都民のしっぺ返しを受けることとなった。
その演説会場には森友学園の中心人物だった籠池氏夫妻もいた。そして、「嘘つき安倍」「嘘をつくなあべ」と、夫妻で叫ぶ場面もあり、ニュースで大きく報道された。

この様なテレビ報道を東京都民は見逃すはずはない。誰もが、一度は目にしていたはずだ。籠池氏が100万円を返したいと札束を報道陣に見せて、「貰った寄付を返しに来た」と、安倍総理に向かって声をはった。そこには昭恵夫人はいなかったが、森友学園の寄付問題がクローズアップされて以降、姿を消して以来籠池氏の前には現れていない。ぜひ、真実を国民の前で語って欲しい。

地方選挙の開票速報が全国ネットでテレビ生放送されたことはほとんどない。少なくとも、国会の衆・参議員選挙のみである。それが今回の東京都議会議員選挙はNHK初め、民放も5大ネットワークのキイ局も全て東京で制作され、全国放送された。細かいことを言うなら、東京都の議員選挙には大阪市民はそれほど関心はない。ましてや全国のほとんどの市町村の住民は、全くと言って興味はないはずだ。それが、全国放送されるのだから、いかに結果が今後の国政に影響するかが分かる。結果が安倍内閣、安倍政権の現状を示しており、自民一強の現状に警鐘を鳴らすものであることも間違いない。

今回の結果をよく吟味して、安倍総理はじめ自民党は謙虚な態度を見せ、安倍総理は一刻も早く、自らの言葉通り「国民の抱く疑問に対し、真摯に説明責任を果たして」ほしい。

きのうはわが町の兵庫県でも知事選挙の投開票があった。結果は簡単な報道だけだったが、現職の井戸敏三氏(71)が5選を決めた。
井戸氏は自民、公明、民進、社民らの推薦を受けていた。
多選を問題視する批判的な声もあったが、予想通りの結果となり、変革は起きなかった。
東京都議選では、都議会のドンと言われた内田茂前幹事長は引退したし、
小池知事のあいさつの際、握手すら拒んだ都議会議長も落選した。当然だ。
この様な傲慢で都民を馬鹿にしたような人物は、都議として相応しくない。あの時の映像を都民はしっかりと目に焼きつけているに違いない。
自民党は、今回もトップがフランス料理店に集まり、選挙結果の善後策を話し合ったらしい。その結論の一つは、このまま放置して様子を見ておれば、また自民の勢力は回復できる。つまり、都民はすぐに忘れてしまうといったものだ。まだ自民はじめ安倍総理は応えていないのか。反省の気持ちはないのか、と残念に思う。

いつも思うことだが、現職は選挙に強い。しかも、その候補に共産党を除くほとんどの政党が相乗りをする。地方選挙とはいえ、自民と平素は犬猿の仲、国会では常に喧々諤々議論を交わす、与党と野党がなぜ常に相乗りするのか。外国ではこのようなことは無い。プラスとマイナスが一緒になれば、ゼロになってしまう。何とか、対立候補を立てて、闘って欲しい。
つまるところ、人物がいない。適当な対立候補となる優秀な人物がいないのだ。
今回の都議選は、一対一の戦いではなく団体戦であったから、首長選挙とは様子が違う。これからは、まず将来の日本を背負って立つ優秀な人材を育てることが、一番必要なことであると思う。



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事