全体表示

[ リスト ]

くろぎ 湯島

夜・おまかせコース(12品)  12400円

湯島にある一軒家の日本料理店。
予約はなんと半年まちという人気ぶり、うかがったのは春です。
イメージ 1

店主の『黒木純』氏は宮崎県の出身、『吉兆』や『京味』で修業されたと聞きます。
夜のメニューは、あまかせコース12400円から。
イメージ 2  イメージ 3

【ドリンク】

越乃影虎梅酒ロック(+900円)
イメージ 4

うすい豆お浸し

春の定番メニュー、ダシにうかべて△。
イメージ 5  イメージ 6

ふきのとう豆腐

これも春だけの豆腐。ほろにがくてイケます△。
イメージ 7

蛍烏賊沖漬け

漬けたてでイカがフレッシュ、ゆずの香りもよし△。
イメージ 8

若竹椀

白子筍、若芽、木の芽。
イメージ 9

シャキッシャキッとした小気味よい歯ごたえ。
やわらかみがあって素晴らしいタケノコ、今年はアタリでした。
ダシはやや濃いめ▲。
イメージ 10

紅白寿し

壱岐のメジマグロ、コウイカ。
マグロは脂が無いがイカは甘かった△。
イメージ 11

【八 寸】

木の芽和え、百合根ごま和え、カラスミ揚げ、京菜花…。
春っぽい季節感ある盛りです△。
イメージ 12

【ウ ニ】

左から、アカウニ、エゾバフン、ムラサキ。
九州のアカウニが思ったより美味でした△。
イメージ 13

香箱蟹

セイコ好きの私のために名残りものを出していただきました▲。
イメージ 14

【造 り】

メジマグロ、平貝(海苔)、セキサバ。
種類は少ないが味わいはなかなかでした△。
イメージ 15

琵琶湖産・稚鮎

揚げ一丁、こしあぶら。焼き二丁、
この店を象徴するブランドアユ。
ハラワタの苦みにかりっとした食感がいい▲。
イメージ 16

【焚き合せ】

海老芋、巻き湯葉、京菊菜。
煮くずれしていてイマイチ。キャリア不足です△。
イメージ 17

【食 事】 白子筍ご飯

タケノコ、木の芽、京漬物、田舎味噌汁、京葱。
醤油味の濃い炊きこみでタケノコは少なめでした△。
イメージ 18

【甘 味】 桜 餅

温かいもちに大量のアンコ▲。
イメージ 19

【甘 味】 葛切り

ツルツルとながしいれて△。
総額14630円(サ料10%)
イメージ 20

【総 評】

サービスはまずまず。

料理は季節のブランド食材を集めた東京和食。
食材は冬より劣りますがこの日のタケノコは素晴らしかった。

味つけは全体に濃いめで飲ん兵衛仕様。
一皿のボリュームも少なく以前より原価安を感じてしまいました。

ネーミングや居心地重視の人に向いている店。
雰囲気に流されない私はもっと繊細な味つけを要求いたします。。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度  68

味わい△  食材△  技術△  個性△  雰囲気○  ボリューム△  コスト△  サービス△  将来性▲


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事