全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全432ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

川治  浜町

夜・おまかせコース 3500円

居酒屋ですが1年以上前に予約し、8人での訪問となりました(写真は4人分)。

メニュー

△えだまめ
△あゆのひらき(干し)
▲バイ貝(唐辛子)
▲夏ふぐ白子あげ
▲岩ガキ
△アナゴにこごり
イメージ 1

▲ふぐのカルパッチョ
▲ハマグリ酒蒸し
△あじのなめろう
▲さしみ盛合せ
△毛ガニ茹で
◯銀ダラ煮付け
▲くじら焼き
△漬け物
△なめこ汁
※サワー、梅酒、生ビール、日本酒など。
総額35900円(8人・サ料なし)
イメージ 2
 

【総 評】

店の雰囲気は完全に昭和の居酒屋スタイル。
スタッフは2人しかいないが、次から次へテンポ良く運ばれてきました。

魚はなかなか新鮮で、味つけがどれも良く、出来立てを提供するのも最高です。
食材の乏しい夏を感じさせない豪勢な内容に一同も満足!

近所ならちょくちょく通いたいが予約困難な魚処でした。


満足度  69

味わい▲  食材▲  技術△  個性△  雰囲気✖  ボリューム△  コスト○  サービス△  将来性▲

ポタジエ  中目黒

ポタジエ

中目黒にある野菜スイーツの店。
イメージ 2

ケーキにはヘルシーさが表示されています。
イメージ 3

ケーキ

△コマツナ緑茶シフォン(+370円・糖質12.5g)
▲大豆クランブルのチーズケーキ(+450円・糖質4.0g)
△五穀茶(+270円)
総額1090円(サ料なし) 
イメージ 1

【総 評】

柿沢シェフはこの日も店には居ませんでした。
ここ7年くらいで一度も見かけたことがありません。

コマツナのケーキは、すごくふんわりしているが全体的にはやや淡白な味。
糖は他より入っているのに甘さが感じられなく平凡。
チーズケーキは軽いタイプのケーキが中心の店の中で恐らく最も濃厚なタイプ。
ベイクドチーズのような深い味わいずばりストライク。
この店で1番の好みとなりました。

近年はブームも去ったようで込み合うことはほぼ無し。
メニューもマンネリ化していて、新たな展開ががなければ先は厳しいと思います。


オススメ度 ★★★

太月  南青山

昼・おまかせコース 5400円

青山に良い和食のお店があると聞いて6人で個室をキープしました。
半年くらい前のことです。

メニュー

△ホワイトアスパラのキミズがけ
△八 寸−たいこ、そら豆、巻海老のチマキ、稚鮎の塩蒸し、アユ。
▲椀 物−ふっこ、いとぶき、翡翠ナス…。
△造 り−ヒラマサ、太刀魚炙り、酒盗だれ。
▲鱒の木の芽味噌田楽
▲アイナメ、タラの芽のてんぷら
△ごはん
▲わらび餅、揚げ饅頭、酒粕アイス
※ジンジャエール(+350円)
総額6210円(サ料なし)
イメージ 1


【総 評】

サービスも店の造りもなかなかのセンスを感じました。

料理、作法、器、食材、どれも非の打ち所がない見事なものでした。
醤油、塩、わさび、酒盗のような脇役も抜けています。

若い人ばかりでしたが欠点が少なく素晴らしい店だと思います。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度  75

味わい▲  食材△  技術▲  個性△  雰囲気▲  ボリューム△  コスト△  サービス▲  将来性▲

ラリューン 東麻布

ランチ・Aコース(アミューズ+前菜+メイン+デザート)   2800円

夏のある日、4人でランチしてきました。
ここも通って7年くらいになるでしょうか。

メニュー

△スーパーフルーツトマト
△今治のアジとカブ
▲ホワイトアスパラのポタージュ(+400円)
△山菜クッキー
△やまいも揚げもの
イメージ 1

△ウズラのロースト・フォアグラとジュのソース
▲デコポンのデザート
ドリンク・・・ペリエ(+500円)
総額3996円(サ料なし) 
イメージ 2

【総 評】

前菜はナマのカブと火入れしてカブの食べ比べでしたが、
味付けがアッサリしていてフレンチぽく無かった。
アジも少しだけで良さが分かりません。

ホワイトアスパラのスープは期待以上のデキでなかなか。
メインは野菜たっぷりなのは嬉しいがうずらはソースが少し緩く感じました。
創作意欲を感じるカリカリのデザートはパテシエ顔負けです。

全体的に細かいところでもう少しハートが足りない印象でした。
もう少し重さもほしいと思います。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度    68

味わい△  食材△  技術△  個性▲  雰囲気△  ボリューム▲  コスト◯  サービス△  将来性▲

ディナー・アラカルト(4品+α)   23500円

渋谷区松濤にかつてあった『バカール』が閉店。
その跡地に金山氏が再び店名を変えてビストロをオープンさせたと知り早速の訪問となりました。

メニュー

▲おつまみ(+1300円×3)
△アイナメとかすべ盛り合わせムニエル(+2500円)
△牛ホホのブルギニオン(+2500円)
イメージ 1

▲フランス鴨のハンバーグとフォアグラ・マデラ酒ソース(+3000円)
▲クラフティ(焼きプリン)
※ドリンク・・・シャンパンカクテル、山梨白ワイングラス、シャンパン、赤ワイングラス、而今。
※料理写真は三等分したもの。
総額23500円(3人サ料5%) 
イメージ 2

【総 評】

金山氏は変わりませんが、シェフは若いイケメンにチェンジしての船出となりました。

料理は見栄えする前菜に始まり、メインはベーシックなものでした。
以前のようなレパートリーや柔軟性には欠けますが駆け出しとしては上々。
今後の飛躍に期待しています。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度  69

味わい△ 食材△ 技術△ 個性▲ 雰囲気△ ボリューム▲ コスト△ サービス▲ 将来性▲

全432ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事