全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

直會撰  寺町

ランチ・筍入湯豆腐膳   2500円

タケノコが食べたくなったので急遽、直會撰(なおらいせん)へ。
ここはタケノコやマツタケでお馴染み『とり市『の直営店です。
イメージ 2

店内は相変わらず変わってます・・・。
イメージ 3

メニュー

×筍と白菜煮
△マスと湯葉さし
△筍と湯豆腐鍋
△筍ごはん
△赤だし・漬物
▲若竹煮
総額2500円(サ料なし)
イメージ 1

錦市場

イメージ 4

【総 評】

寺町通りの先にある観光客をターゲットにしたお店。
筍は直営だけあって香りも食感も良かった。
店の手落ちにより若竹煮にありつけたのもラッキーでした。

湯豆腐まで食べると結構なボリューム。
店の作りやコンセプトに疑問もあるが、予約無しで立ち寄れる使い勝手の良い店です。

オススメ度  ★★★

和久  八坂

昼・おまかせコース(8品)   5400円

八坂の塔近くにあるこちらの店に今回もお邪魔しました。
だいぶクチコミも広がって固定客も増え、貸し切りも珍しくないようです。

メニュー

△筍とホタルイカの梅肉和え
▲グジ椀・若竹風
▲造り5点(アワビ・タイ・カツオ・生ゆば等)
▲ホタテ酒蒸し
▲ホタテソーメン・うにのせ
イメージ 1

▲山菜のオリジナルかき揚げ
▲ご飯、だし巻き、味噌汁
▲まめスイーツ
※烏龍茶(×2)
総額5800円(サ料なし)
イメージ 2

鴨川(祇園界隈)

イメージ 3

【総 評】

和久さん1人で全てやってますので客数も限定されます。

作りたてや手作りの料理はやはり美味しいものですが、
他には無い何か独自のエッセンスがあるように思います。

どの料理もシンプルですが、何かしら味の発見やワクワク感が食べたびに生まれてきます。
もう何度も食べましたが、これから先も期待しています。
(撮影快諾に感謝しています)

満足度  77

味わい▲  食材△  技術▲  個性△  雰囲気▲  ボリューム▲  コスト○  サービス△  将来性▲

たまりや  祇園

夜・おまかせコース(9品)    8640円

祇園南、花見小路にできた和食屋に潜入してきました。
建物の2階とやや分かりにくいながら、隠れ家的できれいなカウンターです。
イメージ 3

メニュー

△鯛の白子豆腐         
▲お 椀−ホタテ真丈 タケノコ、よもぎふ。 
△造 り−明石の鯛、キンメ、カツオ。
△アマテカレイ−肝つき。   
△焼き物−しんこの幽庵焼き、たいこ、ソラマメ、イカのちまき。
▲酢の物−ウニ、ホタルイカ、芽キャベツ、コーン。
イメージ 1

▲肉と山椒のすきやき
▲桜エビとタケノコご飯、赤だし。
▲カボチャのプリン巣立ちのジュレがけ
総額9200円(サ料なし)
イメージ 2

川 床

イメージ 4

【総 評】

若いご夫婦の新しい店でしたが雰囲気の良い内装とサービス。

料理は季節感があって、華やかさもあわせもちなかなか好印象。
カツオの勝った力強いダシ、肝がうまいカレイ、たまねぎと牛の甘みが出たすきやき、造りもまずまず。

観光地にある店としてはかなりマトモな店を発掘しました。
オススメの1軒です。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度  69

味わい△  食材△  技術△  個性△  雰囲気▲  ボリューム△  コスト▲  サービス▲  将来性▲

樋渡  竹屋町

昼・おまかせ(10品)   8500円

1日に昼も夜も1組だけといううわさの和食屋です。
主人は山形の出だと聞いて早速予約しました。
イメージ 4

メニュー

△大虎(山形の酒)
▲酢の物(ヤリイカ、こごみ、このわた、土佐酢)
▲椀 物(あぶらめ、一寸まめ、うど)  スッキリした出汁でみごと。
△造 り(イサキ炙り、本マグロ、タイ) 産地はちょっと理解できないものもあり。
△凌 ぎ(鱧寿司、タイのちまき)   丁寧な仕事。
イメージ 1

▲天ぷら(こしあぶら、たらの芽、こごみ)
△能登のマスつけ焼き(小松菜)
▲筍と蛤の炊き合わせ     
△山形はえぬき・赤出汁    
△くり饅頭
▲お薄 
※ペリエ(+680円)
総額9180円(サ料なし) 
イメージ 2

京都御所

イメージ 3

【総 評】

若いご夫婦だけでやられている店。
我々だけで一軒家をまるまる貸し切りでの食事となりました。

イカの酢の物は、見た目も土佐酢の加減も良く期待が高まるスタート。
お椀のダシもスッキリしていて細かい包丁細工もなかなか。
とここまでは良かったが、造りは産地に?がつき、ハモはまだ時期的に早い。
実家で採れた山菜はいいが、調理法含めて目新しさには欠けます。

芳醇なハマグリの炊き合わせはこの日1番の味でした。
山形の白米もわるくはなかたが、全体的には印象の薄い優等生な料理の数々。
桜田出の店とは愛称が良くない私、リピートするには何か光るものが欲しいと思います。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度   68

味わい△  食材△  技術△  個性△  雰囲気▲  ボリューム△  コスト△  サービス△  将来性△

末友  祇園 

昼・おまかせコース(10品)  5400円

建仁寺南門の前にあるこちらでお昼を食べました。
いつみても立派な一軒家です。
イメージ 1

店内はこんな感じ。
イメージ 2

メニュー

△冷たい甘茶
△川えびいい蒸し
△八寸(能登新もずく・デラブドウ・こいも・鯛すし・いりツブ貝・たこ・きゅうり・ふきじゃこ・菖蒲)
▲さつき鯉のお椀   
▲向付け(さより、とびっこ、玉ねぎ新芽)
イメージ 3

△三田のじゅんさいといわなし(黒蜜)
△揚げ鱒
△焚き合わせ(にしん/ナス・うすいまめ・スナップ)
△甘味(ゆずアイス・しょうが・ラズベリー・さくらんぼ・わらび餅)
▲お薄
※ペリエ
総額6900円(サ料10%) 
イメージ 4

建仁寺

正に五月晴れ。
イメージ 5

【総 評】

毎年のように同じ季節にお邪魔してますが、
メニューもやはり同じようなものが多く新鮮味がありませんでした。

かつお強めの出汁に揚げたコイを合わせるなど攻めもありましたが、
全体的には季節感、創造性に欠けるように思います。
店主もいつもより元気がなかった・・・。

単に私が慣れてきただけかも知れませんが、しばらく間をあける事にします。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度 67

味わい△  食材△  技術△  個性△  雰囲気○  ボリューム△  コスト△  サービス△  将来性△


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事