全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

末友  祇園

昼・おまかせコース(8品)   6200円

祇園は八坂通りにある日本料理店。
5月に4人で訪問しましたが、いつ訪ねても趣きのある店です。

メニュー

△梅酒ソーダ。
▲琵琶湖の川エビ−本物とのこと。そう琵琶湖で苔をたべさせたのは養殖なんです。
△八寸−能登もずく、三田のじゅんさい、たいかしわ寿司、たこ、きぬかつぎ、もろみそ、ひめかわ、
  ふきのとう、じゃこ。
○椀物−よもぎめん、みょうが、きゅうり唐揚げ、くず。
△カツオ−藁でいぶして。
▲初しょうがとデラブドウのジュレ(口直し)。
イメージ 1

▲鯉と花山椒、たまねぎ。
○ぐじの酒蒸しとタケノコ、ふき。
▲ご飯、水ナス粕漬け、味噌汁。
△甘味−ゆずアイス、アメリカンチェリー、わらび餅、青まめこ。
▲お薄。
総額7000円(サ料10%) 
イメージ 2

【総 評】

数寄屋造りの立派な一軒屋で雰囲気は最高です。
料理は、香ばしいホンモノの川エビに始り、八寸は京の川床をイメージさせる盛りつけで魅了。
お椀はダシは勿論のこと、唐揚げにしたキュウリが恐ろしく美味しかった。

皐月らしいコイは揚げてから餡をかけてあり、クセもなく納得の味。
ぐじの酒蒸しは、ダイナミックかつ上品なダシで一同ノックアウトとなりました。
ツマ等に使われているミョウガひとつ取ってもただならぬものを感じます。

佇まい、ひつらえ、料理、ボリューム、予算と、パーフェクトに近い内容に大満足。
秋もリピートとなりました。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度   79


味わい▲  食材△  技術○  個性△  雰囲気○  ボリューム▲  コスト▲  サービス▲  将来性▲

ランチ・おまかせコース(7品)   5400円

丸太町は京都御苑の近くにあるフレンチレストラン。
祇園ケサゴのステファンシェフが2月に独立したときいて、京都の料理人や業界人と訪問しました。
店内はこんな感じ、ゆったりしていてムードも良し。
イメージ 1

メニュー

パン&ドリンク△−まずまずのパンとぶどうジュース(+580円)。
グリーンアスパラとフランボワーズ△−茹でたアスパラにフランボワーズのソースとの相性は微妙。
フォアグラのコンフィ▲−なんと奈良漬けで巻いたもの。ポーションには不満ですが個性の強いもの同士が妙に合うという発見がありました。
えんどうまめ・・桜えびとモーリユ茸、オレンジピールのスープ▲−見たことのないドームの器で登場。エスプーマでふわふわにしたマメに桜えびやモーリユの濃いエキスが混じり合いとてもユニーク。
タイと貝類の南仏風鍋△−タイ、ハマグリ、アサリ、ムール貝、白味噌…塩を効かせた白味噌のダシで
なかなかのアイディア。タイもねかしてありやわらかかった。
イメージ 2

フランス産仔牛のモモ肉のロースト△−肉を4日間レモンにつけたものを焼き、卵黄焦がしバターやコゴミを合わせて。一切れだけとメインとしては寂しい。
山椒のパンナコッタ、イチゴ、イタドリ、レモン△−確かに山椒の香りがします。
総額5980円(サ料なし)
イメージ 3
 

京都タワー

イメージ 4

【総 評】

調理にもサービスにもシェフが入り、お客さんとコミュニケーションを取りながら食事が進んでいきました。
雰囲気がとても良く、大切な人との記念日に最適ではないでしょうか。

料理は京都を愛するシェフらしく、和を全ての皿に取り入れていました。
山菜や山椒、白味噌、奈良漬け、といったフレンチでは合わせにくそうなモノをアイディア豊富に融合させていく面白さがあります。

まだまだ駆け出しではありますが、いづれ人気店になるのは間違いないと思います。
(撮影の許可に感謝いたします)

満足度    69

味わい△  食材△  技術△  個性○  雰囲気○  ボリューム△  コスト△  サービス△  将来性▲


中善   白川

夜・おまかせコース(9品)   8500円

京都、銀閣寺の近くにある日本料理店。
リピーターとなっている店のひとつです(5月)。

メニュー

神 蔵(+1000円)▲−濃くて香りも強く好みでした。
長芋寒△−シャキッとした長芋にわらび。
明石のタイ、コゴミ▲−もっちりしていて寝かしているようです。
伝助アナゴ、イカ、タコ△−伝助をここで食べるのは2回目ですがハモに似たような味でした。
ぐじとタケノコのお椀▲−玉露、こしあぶらをのせて。
イメージ 1

八寸(タイちまき、ミョウガ、たい、白子、肝、もろこ、こいも、うに、アナゴ養老巻き、葱坊主、そら豆)△
−5月らしい食材のオンパレードでしたが深いものが無くて残念。
アスパラ、新玉ねぎ、カモ×−全く合わない、カモも旨みが無かった。
スズキの南蛮焼き▲−落花生油をぬりながら焼いていて皮目に脂ものってます。
セリと新生姜ご飯−具は貧相ながらご飯そのものはまずまずでした△。
わらび餅▲−ドラゴンフルーツと黒蜜で。
総額10260円(外税・サ料なし) 
イメージ 2

京都市場

イメージ 3

【総 評】

サービスや雰囲気はいつも通りですが、常連客とも話しを交わしてかなり盛り上がりました。

料理は微妙な季節だっただけに秋と比べると落ちますが、限られた予算と食材で
精一杯やってるように思います。
器も立派ですし、何より食べることを真剣に考えているのが伝わってきます。

菊乃井の出では唯一、美味しいといえる店。
和食通から入門者まで幅広い層の人にオススメできます。
(撮影快諾に感謝しています)

満足度  68

味わい△  食材△  技術△  個性△  雰囲気▲  ボリューム▲  コスト△  サービス△  将来性▲


割烹和久  八坂

夜・おまかせコース(8品)    5400円

京都では毎回のように訪問しているこちらで夕食をとりました。
お店は若い主人1人でやっています。

メニュー

△セリと海老の胡麻和え
△造り(活ツブ貝、タイなど)
△茶碗むし(梅の餡)
イメージ 1

○尼ダイの寿司
▲丹波地鶏とクリームチーズ
▲天ぷら
△生姜ごはん、赤だし。
バニラアイスと一寸豆△。
総額5830円(サ料なし) 
イメージ 2

鴨川と川床

イメージ 3

【総 評】

1日に2組ほどしか予約を受けません。
オープンして5年が経ち、固定客もついてきたようです。

料理は食材にストレートなオーソドックスなものから、
創作性や遊びを感じさせるものまで幅広くなってきました。

これからも食材と向き合う、直球勝負の料理を提供してもらえればと思います。
(撮影快諾に感謝しています)

満足度    69

味わい△  食材△  技術▲  個性△  雰囲気△  ボリューム△  コスト▲  サービス△  将来性▲

二條若狭屋 寺町

いちご氷    1200円

京都、寺町通り添いにある和菓子と甘味処。
京都市役所の裏手に店はありました。
イメージ 1

2階の喫茶はこんな感じ。
メニューは、和菓子とお茶のセット、かき氷、など。
イメージ 2

焼き栗

大振りですが冷たいのが…惜しい△。
イメージ 3

いちご氷

こしあん、練乳ミルク、白玉、いちご蜜。
イメージ 4

氷はわりとサラサラで、いちごの蜜もほどよい酸味、果肉の旨味が凝縮しています。
器の底に隠れていたこしあんはイマイチでした▲。
イメージ 5

白玉や追い蜜、練乳もいい。
総額1296円(サ料なし)
イメージ 6  イメージ 7

白 河

イメージ 8

【総 評】

京都市役所の裏という繁華街から離れた場所。

割高感はありますが、かき氷はそれなりに美味しかった。
穴場として覚えておきたい店です。


オススメ度 ★★★☆


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事