『テニス馬鹿の日記』は引越し手続き中

『テニス馬鹿の日記』ブログ引越し手続き中。引越し後、本格的に再開予定です!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

vs Y先生君 6−0
vs Y先生君 6−0
久し振りの完封(笑)Y先生君、明日は2ゲーム取ります宣言してました。

その後一旦帰宅し、怪獣1号とレッスンへ行き、お昼頃から早稲田フューチャーズを観戦しました。

目的は片山翔プロの応援です!家を出るのが遅れてしまいましたが、不幸中の幸いで試合進行も遅れていたため、ダブルス決勝戦を途中から観戦出来ました。

普段私が観たりやったりしているダブルスとは別次元で、終始開いた口が塞がらないプレーを連発!

その後タコ様とM様がいらっしゃるのに気付き、三人で片山翔プロのシングルスSFの応援をしました。世界レベルの試合を隣のコートのシングルスライン付近から観戦すると言う臨場感!選手の独り言まで聞こえます(笑)

片山プロのお相手は第2シードオーストラリアのマックス・パーセル選手(世界ランク300位台前半)。片山プロは600位台なので格上の相手と言う事になります。

片山プロ vs マックス・パーセル選手 6−7(1) 3−6

マックス・パーセル選手は脚力、スタミナ、ストロークの威力と安定感、ネットプレー、サーブ、メンタル、戦術の全てが高いレベルにありました。それを片山プロが伝家の宝刀必殺フォアで如何にして打ち砕いてくれるのか?!と言う展開でした。

片山プロのエース級のストロークを信じ難い安定感で何本も凌ぎ、一瞬の隙をついてあっという間に形勢逆転するマックス・パーセル選手の勝負強さが光りました。第一セットは片山プロが必死について行き、あと一歩というところまで追い詰めました。

第二セットはマックス・パーセル選手のサーブとストロークの威力が更に上がってきた印象。また、安定感も増してきてほぼパ
ーフェクトなプレーをしていました。

片山プロは負けてしまいましたが、彼の必死のプレーに泣きそうになりました。感動をありがとう!

マックス・パーセル選手は今後どこまでランキングを上げる事が出来るのしょうか。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事