四国の城郭探訪

お城の写真と簡単な歴史紹介。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

愛媛県:大洲城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

愛媛県:大洲城
大洲城は地蔵獄城とも言う。宇都宮氏が築き宇都宮氏の支配が続いたが戦国時代となり、宇都宮氏〜大野氏〜戸田氏〜池田氏〜藤堂高虎〜脇坂安治と続き、加藤貞泰が米子6万石から大洲6万石に入部。以後加藤氏が13代にわたって大洲城主であった。

城の遺構としては、復元された天守と連結した台所櫓と高麗櫓(上段写真)、、三の丸南隅櫓(中段写真)肱川畔にある芋綿櫓(下段写真)の4櫓が現存している。城跡は整備されており昔の絵図により現在地が何かを確認できる案内図もある。大洲市は小京都とも言われ昔の町並みが残っている地域でもある。
城跡とともに城下町も探索してほしい。

見学には城の麓に大洲市民会館横に有料駐車場がありますが、そこから少し市役所よりに歩くと無料の駐車場が準備されていますので、車での見学には便利と思います。

大洲城には国道56号線を大洲市街に入ると肱川橋を通るがそこから復元された天守閣が一望できる。
国道からは城跡への案内看板があるので迷うことはないと思う。

大洲城への道しるべ
大洲城跡

開く コメント(7)

香川県:雨霧城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

天霧城は、善通寺市、多度津町にまたがる雨霧山にある。城山の西側は大規模な採石場になり無惨な感じも受けられます。
城主は香川氏。雨霧城の歴史では四国平定を目指す長宗我部との戦の折、長宗我部軍は城の水が枯れるのを待つ作戦に出たが、籠城軍は水がまだあるように見せかけるために、白米で馬を洗ったり、白米を流してまだ水があるように見せかけたが、一人の尼が「城に水はなくあれは白米」と教えたので、たちまち長宗我部軍に攻められ落城した。それでその尼は後に香川軍に捕まり斬られたといい「尼斬城」とも言われる。
香川氏は讃岐では大きな勢力を持っており、城跡も広大である。

雨霧城には四国71番札所「弥谷寺」から登城口がある。参道の途中から城山への登城口があるが、参道途中はきつい階段を上ることになる。弥谷寺への参道の途中には香川氏歴代のお墓が安置されている。駐車場は「道の駅 みの」に駐車できる。

雨霧城への道しるべ
雨霧城跡

開く コメント(3)

愛媛県:大除城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「愛媛県久万高原町」
国道33号の三坂峠を越えると久万高原町内であるが、国道から採石のため山肌があらわに現れているところが見える。それが大除城跡である。
城主は大野氏である。
遺構は山頂部に堀切が明確に確認できるが、山頂部の遺構はブッシュがひどく所々石垣が顔を見せるが、確認しづらいうえ非常に歩きにくい。愛媛県下でも大規模な遺構であるので採石からも守ってほしいし、石垣などが遺構として残っているはずなので、山頂部の整備に期待される。

大除城には後から確認すると城山南東の集落から登城口もあるらしいが、訪問時は城山の北西に町道が通り、建設会社の資材置き場があったが、その付近に林道が山頂に向け伸びている。それをあがっていきました。9合目ぐらいまでは林道で上れたが、あとは道なき尾根を山登りである。最初に堀切が出迎えてくれた。その堀切から東方面に尾根を歩くと、なんとなく道らしきものがあり進むと久万新27番と書かれたお地蔵様が設置されていた。お寺の奥の院だろうか。
その地は二段に整地され曲輪のようにも見える。大除城の出丸かなにかであったのだろうか?水場後のような窪地も確認できた。

大除城への道しるべ
大除城跡

開く コメント(0)

愛媛県:今治城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

「愛媛県今治市」
藤堂高虎が、伊予半国20万石の居城として築城した。三重の堀に海水を導入した大規模な平城。
藤堂氏の後は松山藩主松平(久松)定行の弟である松平(久松)定房が3万5千石で入城し、以後松平氏が代々世襲した。
今治城天守は存在したかの議論があるが、文献には藤堂氏が今治城天守を天下普請でで築城する京都「亀山城」へ移築したとの話もあり、京都亀山城天守に似せ今の天守はたてられたらしい。

今治城へは今治港を目指すと到着できる。城への入り口に有料であるが駐車場も確保できる。

今治城への道しるべ
今治城跡

開く コメント(3)

高知県:蓮池城

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

高知県土佐市
国道56号から見える独立した山の山頂に築かれる。現在は城山公園として整備されている。
公園と整備されているが曲輪はよく確認できる。城山の麓には水路が残るが、水堀跡かもしれない。

蓮池城主は大平氏。大平氏の後は一条氏、本山氏と争奪戦が繰り返され、土佐平定を目指す長宗我部氏の手に落ちる。

蓮池城には国道56号線から土佐消防署に向けて細道を入ると、公園への遊歩道がある。駐車場も数台分はあった。

蓮池城への道しるべ

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事