ここから本文です
地球を守る微生物農法研究日記
mkyasai迷惑@yahoo.co.jp 迷惑を外してネ。メール送った方はコメントに知らせてください。メインメールではないので

書庫全体表示

晴れ、陽射しが強いが肌寒い。

土がどうの有機物がどうのこうのと自分のブログは偏執狂的書き込みのように思えてしまうこともあります。経験してることをありのままに書くべきだと思い直して書いてます。

ブラジルのMさん、リンゴの木村さん、この世には凄い方がたくさん居ると思います。共通するのは極限状態で閃いたということのようです。WBC優勝時のイチローの言葉にも「極限に神は降りてくる」というのがありました。達人が感ずる悟りかもしれないですね。

達人が極めた境地を技術として多くの方に伝えることが大切だと思います。普通人は痛みを伴う修行はなかなか出来るモノではありません。そういう苦労をしなくても実現できるようにしなくてはならないと思います。その為には、駆け引き無しで自分の考えを提示することも必用だと感じてます。小手先の技術なら秘密にして自分だけのモノとして封印するのも良いだろう。しかし、本当に役立つモノは公開しなくてはならない。公開してこそ、この世界が前進する。

作付けに追われそうだけど、心は少し別なところにあります。もう少し技術的なことを追求したいという想いです。土の浄化方法をいろいろ考えています。そういう想いも、日々の仕事をこなす中で忙しくやってると結果的に良い方向へ向かうかもしれません。

土ごと発酵の方法などはかなり解ってきました。してはいけないことも解りました。土をボカシを使わないで浄化してゆく事が緊急の問題です。やはり一番確かなのは緑肥利用による土ごと発酵です。以前は同じ事をやって失敗してました。今はその原因も解り、対処方法もあるので少しからでも凄い土に変えてゆく必用があると思います。急がば回れかもしれないです。一部に緑肥栽培を行いながら徐々に凄い土にするというやり方です。

玉葱を作ってる畑はサツマイモの残渣を鋤混み玉葱を作ってます。どうも、この組み合わせの輪作は面白いです。残渣の出来る野菜と、残渣の少ない野菜の組み合わせは最高の組み合わせだと思います。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事