ここから本文です
地球を守る微生物農法研究日記
mkyasai迷惑@yahoo.co.jp 迷惑を外してネ。メール送った方はコメントに知らせてください。メインメールではないので

書庫全体表示

イメージ 1
写真 介護しているお袋が尿路感染症で熱出して入院したのが18日。昼ごはんを病院のレストラン(写真食堂)で食べましたが、安くて案外うまい。病院はどこもだいたいは立派になってますね。若い人たちもたくさん働いています。こういう病院で最後を迎えるというのは多いと思います。なんというか人間的なお医者さんに掛かれば、患者さんも納得できますね。お袋はもうすぐ退院だと思います。


最近はフェイスブックを見ないようにしています。ごちゃごちゃと情報過多は大きな間違いを起こすような気がします。大事なものが小さくなったり、どうでもいいようなことが大切に見えたりします。人間の関わりも本当は希薄なのに友達申請やイイねで大切なことのように思えたり。小さな関わりだからこそ自分の中で独りよがり的にデカクなる様に感じます。やはり、生身の人間としての関わりしか本物はないと思います。付き合いとか仕事などで使う場合は、何時も感じるのはシタタカサがないとネットに関わるべきでないと思います。人間関係がずっと続くのは生身の関係以外にないでしょうね。見ないというのは心地イイです。

いろいろ作付けしていると、やっていることも少し違ったりしています。その所為か、最近のグズツクお天気で良いのが三豊茄子です。雨に含まれるものがどんなものだったとしても「発酵関係」になりさえすればイイですね。肥料だって吸引処理するというか発酵のほうへ引かれているなら、発酵と真逆が「発酵関係」になるから良いようです。もちろん力関係が働き発酵するという前提ですが。

ブラジルの峰さんはEM使って土の耕土層が280センチくらいになっても、維持しなくては耕土が浅くなると言う。浅くなった土には廃菌床を放り込めばまた土が深くなるという。すべては好気性菌と嫌気性菌の微生物のちょっとした働きに掛かっている。

嫌気性菌が強く働いている、田圃に使った豚糞堆肥。入水から田植えまで強力に発酵していても腐敗的な力が働けば腐敗転換するようです。良いのは糖が高く嫌気性菌が強いから肥やしを使った発酵の田圃で稲の初期成育をよくしようと思えば、嫌気性菌を勝たせる必要があります。嫌気が作る「糖」がたくさんあれば生育を加速させる感じです。

山のフキ畑に豚糞堆肥と籾殻を入れていたのですが、ここでも発酵を定期的に起こさせて土を管理する必要があります。放置していると、イノシシに掘られて荒らされますが、その場所に米糠振って発酵を促すとイノシシはまったくでなくなります。腐敗の信号があれば野山の獣たちは暴れるように思えます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事