ここから本文です
地球を守る微生物農法研究日記
mkyasai迷惑@yahoo.co.jp 迷惑を外してネ。メール送った方はコメントに知らせてください。メインメールではないので

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2
スマホで写真だけでアップしたんだけどパソコンで文章打つの忘れてました。笑

若い頃、肝臓悪かったんです。それ以来だいたい落ち着いていたのですが、また暴れ出したのかという不安がよぎりかなりショックでした。メンタルに弱い私としては青菜に塩って感じでゲンナリしていたのです。田圃にはヒエが到る所で稲の背を越えて伸びてきたます。それを見た91歳の家の爺さん、息子がしなきゃ俺がやらねばとヒエ取りに田圃に入る。まあ、そんなの見りゃあやるしかない。一応、田圃に入ると不思議と元気になるのは解るのです。ということで、ヒエが一番少ない田圃に入ってヒエ取りと外回りに生えてる雑草を綺麗に整頓する。

イマイチは初期生育がここんところのやり方だと遅れるのです。結局、分けつは少ないのに穂の感じが良くない。昨年は分けつが取れてない割には良かったのですが、ことしは厳しい感じです。

名古屋の中島君の話では愛知も良くないそうです。
しかし、普通良くなくても発酵を利用した栽培をやっているんだから、環境悪化にメチャ強いなんてあっても良いはず!ところが、やっぱし悪いのは、やはりいけん訳よね。ワシの場合は発酵除草を入水と同時に行うわけだけど、本当は穂が出るまでに最低3回くらいは発酵液を流し込みたいところ。

使っている好気性菌は光合成細菌を動かしていることは解っていたんだけど、その物質が何なのか?!生育遅れとの関係は?そんなことが解らなかった。それで、金縛り状態。結局、完璧と言える田圃でもホタルイもチラホラ、馬鹿でかくなったヒエも出てくる。ワシのやり方の発酵除草では外周は別としても草が出るというのは本来あり得ない。完璧というのがあって良いわけ。

乳酸菌を増やしたいから乳酸菌をばらまくよりも乳酸菌が増える仕組みを考えるべきだと思う。今のやり方だともう少し光合成細菌が使える事が解ってきたので来年は出来の悪い稲と雑草も出てくる田圃のリベンジはやりたい!

  • 顔アイコン

    分蘖が少ない感じですか?

    [ tam*r*_0*08 ]

    2018/9/27(木) 午前 10:02

  • 顔アイコン

    > tam*r*_0*08さん
    完璧な発酵除草にはならなかったことと、穂の様子が悪い。茶色い粒が目立つ。実入りも良くない感じ。

    [ ミドリ ]

    2018/9/27(木) 午後 9:03

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事