ここから本文です
地球を守る微生物農法研究日記
mkyasai迷惑@yahoo.co.jp 迷惑を外してネ。メール送った方はコメントに知らせてください。メインメールではないので

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 1

今日の屋島。快晴!

イメージ 2

今日の高松競輪場

あらためてblog書きも面倒臭いので友人とのやり取りをコピーします。

私も含めて死に病の代表と言える、この病に対して多くの人達は、あきらかに間違っている、偏見に満ちていた事を自分が死に病を実体験したことでわかりました。



急に自治会長を引く事になりたいへん申し訳ありません。17日に大腿部からカテーテル使って一番大きい直径76ミリのガン細胞に閉塞治療を行いました。抗がん剤を部分に送りガン細胞と血管の繋がった部分にビーズ玉をネジこみ栄養源を遮断してます。時間をかけて弱らせて外科手術の手はずです。小さいものを入れるとし数個はあるようです。最も身体にダメージ与える大きいのをもう少しで取り出せるので、ありがたいです。私の臓器はバリバリですね、だからしっかり治療がやれると言ってくれてます。最新式の高度医療、患者に対する配慮に接して生き抜く力を頂いた思いです。現状報告。なお、岡田さんにヨロシク伝えて下さい。

抗がん剤の毒素も点滴で洗い流して食事もおいしくなりました。今朝は待望の排便が健康的に出ました。後は、外科手術の日取り決めがあります。 

カテーテル使った治療も終わり、やれやれです。まだ先がながいならデカイのを弱らせ取り除けば家に帰りたいね。こちらの方が楽かも知れないけど。かなり気を使い生活しても静かにガン細胞が成長するから、今の選択しかなかったと思いたいね。

ベストな選択されたと思いますよ。
「これをしたら、ガンが治る」「抗がん剤は使うな」…人はいろいろ言いますが、実際に自分がガンになってみないと、本当のところはわかりません。
加地さんは、他のガン患者よりいい身体しているし、過酷な治療にも勝てると信じています。

永田先生からお借りしている、ネガティブイオン治療機とわしの浄化液の良いやつの組み合わせは確かに良いけど、これが単なる気休め的な事か、根本治療になるのかと言えば、根本治療にはなりそうにない事はネガティブイオン治療機の堀口先生も永田先生も見解は同じです。私の今後は永田先生に伝え紹介状を通じて主治医永野先生にも通じているはずです。一度に多くの治療をするのではなく、身体の様子を見て長期的にやって頂たいと思っています。なかなか抗がん剤はたいへんなものです。

どんなに自分が信奉している人が言うことでも、どんな有名な医師の言葉でも、丸ごと盲信するのは、場合によってよくないですね。

藁をもすがる気持ちで「ある物(高価なドリンクだとか民間療法とかいろいろ)」だけに執着して、寿命を縮めてあっという間に亡くなっていく方を何人もみてきました。しかし、それもご本人が決めたのだから、それでよかったのかもしれません。

でも、加地さんには、生きて欲しい。
幸い、いいドクターも付いているんでしょう。最新医療とそれ以外の部分のいいトコ取りで、生き延びると信じてます!

自分と全く同じ人間はいないように、ガンだって皆違う性格、顔つきをしていると思います。
ある治療が、皆に同じように効果があるとも限らないし、副作用の出方も違いますよね、きっと。やって様子をみないとわからない。どこまで様子をみるのかを見極めないといけない。それには、大変な精神力が必要だと思います。

ドクターと良好な関係を保ちつつ、最終的には、自分の勘、考えで、主体的に方向を決めてください。

どんな状況でも、可能な限り多い選択肢を並べてみて、客観的に、主体的に、身体と相談しながら、臨機応変に、「自分が」選ばないと、必ず後悔します。

選択肢は多いほどよいですが、短時間でベストな選択をするのは難しい。
一方を選択したら、もう片方を選択した場合を覗き見ることができないジレンマ。
しかし、途中で違うと思ったらやめて道を変えることも、ある程度は可能です。

自分がガンになってみないと、何も言えないですが、母がガンだったので「もしガンになったら…」と考えることはあります。が、やっぱりなってみないとわからない。だから、的外れなこと言ってすみません。ラインのやり取りでは、様子が分かりかねるので、余計なことも言ってると思います。お許しくださいね...

そのときどきのベストな選択ができる強い精神力があれば、加地さんの身体なら、乗り越えられると思います!


羽のばすのも良いね!
当方は相変わらずの病院食ですが糞さえ出ればこっちのモノです。
この病院は死にたい人間の来る所じゃない❗ガンだからって最新式医療技術でキッチリ対応してくれる。
もう一度生きなおすなんて事をサポートしてくれるありがたい場所だと思います。色んな事を良かれ思い言ってくれているのでしょうが、ハッキリ言って的外れです。先入観と情報卯飲みなんて情けない糞野郎が実におおい。だいたい病人というのは選択を迫られる当事者。だからまるで評論家のような人間とは同じ土俵にいることは出来ない。
駆け引きなく、柵に囚われない人でありたい。そして輝く生き方をしたい。そんな感じで生きてきました。これからも、変わることはありません。

長くなった失礼。

今朝の高松

イメージ 1

今朝の屋島。ちなみにウクレレの先生が毎日アップしてます。

イメージ 2

こちらは競輪場です。

いよいよ、なんです。

明日から本格治療

先生の話しを聞くのはかなりきつい。しかし人間はなんにでも慣れると感心する。生かす為に均衡をとる法則。

何度もわしの臓器は良いとかすばらしいとお医者は言う。だからかなり厄介でも医学的には面白い症例かも知れない。

今、大きな実験と言える。取ったり焼いたりしても  バリバリやで!なんて姿見せたいね。

ここでも酸化との戦いです。
明日から本格治療。副作用の熱や食欲不振が出るらしい。奥の手つかい、お医者さんを驚かせたい。

イメージ 1

入院しました。

イメージ 1

イメージ 2

昨日は家内のビッグバンドのライヴ。
その様子。


検査結果は厳しいけど受け止めます。

もう、いろいろ書くことはないです。

今までが、土と戯れ幸せだったとおもっています。

退院についても長くなるかも?
退院すれば、ライフワークのまとめが待ってます。

私が微生物の世界にのめり込み、音楽が消えました。当時のメンバーがまたやろう❗と言ってくれてます。家で音会わせくらいでも充分な幸福を得られます。

状況は厳しいけど、私の若々しい臓器が病を癒す切り札、それを助けるものもあります。後は、天命です。

正月に見てくれて占い師は、今やっていることを続けなさいと言ってくれてます。悪い話はない。わしは今まで厳しい局面をくぐってきたから、今回も厳しい局面だと思います。

もうすぐ入院します。

イメージ 1

イメージ 2
写真の説明
もう何というか、公開して良いものかどうかも少し迷いましたが、一応お知らせいたします。

当方10月10日のCT検査で肝臓癌と診断されました。
その疑いが極めて高いので40年前にお世話になり、今でもお付き合いしている永田先生が最悪の事も考慮していろいろと手を回して頂き香川県立中央病院の肝臓内科に入院することになりました。それも紹介状がなければ外来診療さえも受けられないのです。まあ、やっと外来診療とCT検査を行ったわけです。

癌診療はいろいろと問題もあることは確かですが、いろいろと熟慮した結果です。当方はやはり真実を知りたい気持ちがあるので、何事も調べてスッキリしたいタチですので解って良かったと思います。

40年前にともかく癌のリスクが人一倍高いので農薬を扱うような農業には耐えられないだろうから、腐らないお米を作る農業をやって欲しい!という当時の主治医(今でも交流のある)永田先生からの言葉でした。

その永田先生の言葉の通り40年間、無農薬の農業をやってきました。2007年に永田先生に私のお米を手渡したときに、先生とのお約束を守ってやってきたことの一つの区切りになりました。でも、私自身は常に迷いながらやってきたので、別にただの出来事くらいなモノでした。

しかし、CT検査の画像を見ていた高口先生は「弾力もあり、まるで若者のような臓器だ、しかしこの柔軟な臓器だから癌は急成長したと言える。癌が異常数値を出しているが臓器はまったく健康だ。B型肝炎は見事に治っている、、、。しかし、この癌はB型ウイルスが起こしたのだろう。」
「私はどうしてもやりたいことがあるので、それがやれる時間をいただけたらと思っているんです。その中でベストな選択をして欲しいです。」

高口先生は私の話を静かに聞いて提示してくれた高度な先端治療を行うことになりました。驚くような治療方法ですが、もの凄く有効なことは直ぐに解りました。来週水曜にその治療開始します。詳しいことは書きませんが。

友人からは放置療法もある事を教わりました。何も知らないまま死ぬのも選択の一つですが、知って納得できる治療ならそれも良いとは思います。既に大きくなっている癌ですので、放置ならあっという間に死ぬと思います。

既に自治会の役職などからは引いてます。農業の現場からも身をひいています。復活すればまた立てるだろうけど、余計な景色は見たくもありません。稲刈りはJAに頼みました。正直なところ、農業のゴタゴタから離れるとなんとスッキリすることか!

本当のきもちとして、やっているライフワークを完成させたい。
それと、もう一つ家内と旅行したいという気持ちがあります。

来週の月曜から入院です。もう準備が出来たので、明日は家内が所属しているビッグバンドの発表会を見に行く予定です。あと一回の出番が最後になるようです。

たぶん、入院は1ヶ月くらいだと思います。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事