グラグラピアノの弾いてみた買ってみたブログ

ニコニコ動画の「弾いてみた」や、購入したモノをご紹介(*´∀`)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

 この度、3年半余り使ってきたiPhone4S(softbank)を解約し、同じ4Sに格安SIMを入れて通信コストを大幅削減することにしました。
 スマホ向けの標準的な契約で毎月約8000円前後掛かっています。これをなんとかしたい。

 今まで使っていた携帯電話の番号を引き継ぐには元の通信会社にMNP(Mobile Number Portability)の手続きを取り、その携帯番号を格安SIM会社に移行します。

==


1. 格安SIMへの移行について事前に知っておくべき事:

 格安SIMを使いこなしている人にとっては当たり前かもしれませんが、結構衝撃を受けた点がいくつか。

▼docomoの機種ならSIMフリー化せずに使えるものがほとんど。

 「格安SIMはSIMフリー端末でしか使えない」と思ってたのですが、実は格安SIMのほとんどがdocomo回線を使って通信する為、docomo製携帯の場合はSIMフリー化しなくても挿せばほとんどそのまま使えます。
 中にはauの回線を使う格安SIMもあり、この場合はau携帯ならそのまま使えます。もちろんdocomo系SIMを使うならSIMフリー化が必要ですが。
 softbank携帯の場合はなんらかの手段でSIMフリー化する必要があります。

 便利なもので、他社製SIMと携帯本体の間にチップを一枚噛ませてSIMフリー化する製品が2000円弱で売ってたりします。僕はこれを使ってsoftbank携帯をSIMフリー化して格安SIM化しました。
 この手の商品も「SIM下駄」で検索するといくつか種類が出てきます。商品レビューや不評等は十分に参考にしてください。

▼メールアドレスが付与されない。

 @docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp等、3大キャリアでは契約と同時に付いてくるメールアドレスが格安SIMにはありません(一部の格安SIMで付いてくる所もあります)。

 その為、格安SIMでメールを使おうと思ったら@gmail.comや@yahoo.co.jp等のフリーメール、自宅用インターネットプロバイダのメールアドレスを用意し、携帯で送受信できるように自分で設定する必要があります。もちろん「私は自宅のメールだけでやりとりするからいいや」って人は不要です。

 iPhoneの場合、プッシュ通知(メールがリアルタイムでiPhoneに届く)に対応しているメールがオススメです。プッシュに対応していないメールアドレスの場合、メールが来ているかどうか毎回サーバに問い合わせないといけないからです。一定時間ごとに自動で問い合わせる事もできますが、結構バッテリーを食います。僕はプッシュに対応している@icloud.comにしました。

▼音声通話できないものが多い。

 格安SIMは元々、データ通信専用にする事でコストを抑えてきた経緯があります(音声通話をガラケーの最低料金プランで契約し、スマホはデータ通信専用にする、等)。その為、音声通話機能が付いていないものが基本です。しかし最近では音声通話機能を持つ格安SIMも増えてきました。音声通話機能がある会社は大々的に宣伝しているハズなので乗り換える会社を選ぶときは要注意です。

▼原則として支払いにはクレジットカード必須。
 皆無ではありませんが銀行引き落としに対応している格安SIMはほとんどありません。VISAデビットを認めていない所もほとんどです。
 ※ただ、対面契約ではともかくネット上で契約を行う場合はVISAデビットでも通る事がほとんどのようです。ネット上では普通のクレジットカードと変わりませんからね。

▼音声通話SIMの場合、大都市の一部にある「即日MNP可能店舗」以外での契約では1〜3日程度携帯が使えなくなる。

 MNPで音声通話SIMに乗り換える場合、乗り換え先の格安SIM会社でMNP手続き完了後に自宅宛に格安SIMが発送されます。MNP手続きが完了した時点で旧キャリアでは通信できなくなる為、格安SIMが発送されてから自宅に届くまでは携帯が使えない期間が発生します。

 東京圏の場合はせいぜい12〜24時間前後ですが地方民の場合は2〜3日かかり、北海道民の僕にはこれが最大のネックでした。

==


2. で、どこの会社を選ぶ?

 結構悩ましい問題です。格安SIMはざっと確認しただけでも十数社あり、それぞれが特徴を打ち出しています。自分が何を求めるかを明確にしていけば答えが見つかるハズです。


個人的に重要視した項目

・安さ
 月額料金が高い所はサービスも良いのですが、せっかくなのでまずは安さを念頭に選びました。
 音声通話込みの月の通信費が2〜3000円程度になることを目安に選択。

・回線の安定度
 速さと共に…というか場合によっては速さより重要な項目です。
 目星を付けた格安SIMに対し、ネット上にどんな不評があるか調査しました。

・音声通話有り
 iPhone4sのみ引き続き使う予定だったので音声通話機能必須。

・通信容量
 計測した結果、僕の場合は3GB/月もあれば十分だろうとなりました。

・VISAデビットでの契約実績がある所
 このカードをメインに使ってるのでできればこれでいきたい。
 
・留守電機能
 必須ではないですがあった方がいいだろうと、これも候補に入れました。

==


3. そんなわけでIIJmioに。

 上記条件を全て満たし、なおかつさらにいくつかのメリットがあるということで「IIJmio」の音声通話SIM、通称「みおふぉん」にしました。

 月3GBの制限がある高速通信150Mbpsと制限の無い低速通信200Kbpsをいつでも自由に切り替えられるのも便利。

 電話番号の前に0037691を付けて発信することにより、通話料が20円/30秒から10円/30秒になるみおふぉんダイアルが使える。通信費削減に貢献します。

 あと「みおふぉん」て名前がパッションでいいなーと(※本田未央推しP)

開く コメント(0)

Sony Cybershot F828(2003年発売)+eyefiカードを使ってF828を無線化したまとめ。
結論から言うと問題なく使えた。

---------

使用デバイス:

カメラ側:
イメージ 1

・F828本体
・eyefi mobi 4GB Class10
・No brand EXTREME CF アダプター UDMA TypeI SD


PC(Windows7 64bit)側:
イメージ 2

・I-O DATA 無線LANアダプター WN-G300UA
・Mobi PC転送ツール(Windows用)


---------


覚書き:

・F828+eyefiは当然動作保証外(古過ぎる。でもちゃんと使えた)。

・CFアダプターを介してのmobiカードへの書き込み速度はMSカードと差を感じない。
 カードとアダプターの高速性のおかげ?

・mobiが無線通信を始めるタイミングが不定期なのと、F828がそれを考慮した設計ではない為、シャッタータイミングと無線通信を開始するタイミングが重なるとシャッターが切れない("アクセス中"表示になり操作できなくなる。通信が終われば普通にシャッターが切れる)。

・mobiカードはPCに対して「WiFi親機として接続される」為、PCがルータと無線通信している環境では、mobiカードとの通信が始まるとルータは切断される(=ネットや家庭内LANに繋がらなくなる)。
※mobiの場合、ルータに子機として接続することはできない。

・ウチのPCはルータとは有線で接続しており、今回mobi専用の無線LANアダプターをPCに追加した結果、mobiの無線通信とインターネットやLANの有線通信が併用できた。
※無線LANアダプターには無線LANルータの情報は登録しなかった。

・ただしeyefiのFAQには有線/無線の自動切替は保障しておらず手動切替が必要になる可能性がある、と書かれている。併用についてはそもそも記載が無い。

・F828はMSとCFのどちらか一方を記録メディアとして選択する仕様の為、mobiを使わない時はMSに記録するようにしておけばmobiカードの定期的な無線通信をカットでき、バッテリーの消耗を抑えられる。
※eyefi対応機種の通信ON/OFFスイッチの代わりに使える。

・mobiカードを単体で取り出して画像を開こうとすると、データが暗号化されているのか圧縮されているのか、画像が崩れている(CFメディアの仕様??)。
 無線通信でPCに入ってきた画像は崩れてない。F828上の表示では普通に表示されたりエラーになったり。原因不明。今のところ無線でPCに入ってきた画像に不具合は無い。

---------

F828を無線化する、という当初の目的は問題なく達成できた。
ちなみにiPhone4SではEye-Fiの公式ソフト(※iOSがVer6の為、旧版を使用)で問題なく取り込めている。

開く コメント(0)

魂SPECのギルガザムネ購入しました。
予約購入だったので発売日翌日に届いてたのですが色んな事情で本日ようやく開封(*´∀`)

グン・ジェム仕様とか量産型とかあるみたいですが、黒金のドルチェノフ仕様かっこいいですよ。
三種同時発売でもおいらはドルチェノフ仕様選んだと思います。

イメージ 1
開封状態。でかい。
最近のロボは手のひらサイズのモノが多かったので特にでかい印象です。
適当に測ったところ全高約23cm。

イメージ 2




































で、今回使わなかった付属品w
でかいフライトユニットとか劇中に登場した剣とか。
でもまぁ今回は「武者ロボ」として購入したのでこれらは気が向いた時にでも付けて遊ぼう…。

イメージ 3
素立ち状態。

イメージ 4




































両腕を覆っているアーマー…というか鎧的には「大袖(おおそで)」でしょうか。付け根が二重関節になっている上にどちらも球体関節でかなり自由に稼働できます。さらに節目ごとに角度を付けられるので一番自由に動かせるパーツかも。

ちなみに鎧では右腕の大袖を「馬手の袖(めてのそで)」左腕の大袖を「弓手の袖(ゆんてのそで)」というそうです。

イメージ 5
抜刀!
いやー、日本刀好きとしてはこのポーズを撮りたかったですよー。
残念ながら日本刀は腰に取り付ける事ができないようで、右手に持たせて撮影です。
ホントは「腰に刺さっている柄に右手を伸ばしてるトコ」も撮りたかったんですけども。

イメージ 6




































構えてみました。
刀の構えでは両脚の位置や角度が大事なのですが思ったような角度にならず苦戦。
棒立ちになっちゃいました…
あとつま先の保持力が若干弱いような。

イメージ 7




































大上段ー
(脳内に「シャリ●ン、クラーッシュ」の再生音)

イメージ 8









































日本刀&鎧武者、かっこいいなぁ…(*´∀`)
バトルフィーバーロボなんかと対峙させたい(持ってない)

イメージ 9









































背面。バーニアは結構自由に角度を付けられます。
股下にもバーニアあり。

イメージ 10









































ギルガザムネドルチェノフ仕様でした。
ギミック的には他にも腹部が開いたりするんですが、そのヘンはよそ様のブログを参照してくださいw

余談ですが、ギルガザムネは菊正宗(お酒?)をもじって名付けられたそうですが、黒い鎧に金の月の前立といえば伊達政宗!やはりマサムネ繋がり?

開く コメント(0)

旭川冬まつりへGo!

 2/7〜2/8、ツイッターでお世話になっているアルフェス(@Alfes2010)さんからのお誘いを受け旭川の冬まつりに行って来ました。



 いやもうこれコラボっていうかTF雪まつりじゃね?って感じでした。

 「骨組みを一切使わず、雪のみで作られている雪像としては世界最大級」と言われるメインの大雪像(プロジェクションマッピング用巨大壁画)の画像は参戦前に散々見ており「全高20mかー、デカイなー」という印象だったのですが、実際に目の前に立ってみると「デwwwwケwwwwwエwwwwwwwなんだこれふざけんなwwww」級のデカさ!(伝われ)

 さらにこの巨大建造物が「人力で丁寧に踏み固められて作られた」という話を聞いて2度びっくり。
デザイン・設計された陸上自衛隊第2師団第2特科連隊本部中隊の高橋昭准尉と陸上自衛隊第2師団の皆様マジ凄い。

 **

 さてさて。

 結果的に自家用車での参戦となった旭川遠征ですがここに至るまでは色々な葛藤がありました。

1. 交通手段の問題

イメージ 10

























 地元函館市から会場の旭川市までは陸路で450kmあるのですが、以前は存在した函館空港-旭川空港間の便が今はなく、飛行機での参加ができない事が判明。
 ※仮にあったとしても7日の仕事後は無理、8日の便では間に合わないのでいずれにしても空路は無理。

 夜行バスはあるものの札幌での乗り継ぎに数時間要したり利用後の身体的疲労度(過去に経験済み)を考えると辞退したいところ。

 JR北海道利用 → 昨今の状況から見て却下。

2. 冬道
 これが夏場の参戦だったら「自家用車で行く!」と割と即答できたのですが、吹雪・凍結路・轍(わだち)etc.と北海道の冬道の危険を乗り越えて450kmを走り切る決意がなかなか出来んかった。

3. 平成11年車で既に10万kmオーバーの走行距離を誇る愛車で大丈夫か?

 …と、ここまでがネガティブ面での葛藤。

 ポジティブ面での葛藤もあり、

1. 愛車で遠乗りしてみたい!ツーリングワゴンだし!
2. 地元まで伸びた道央道を爆走してみたい!260馬力ツインターボだし!
3. 初めての車中泊もしてみたい!ツーリングワゴンだし!

と、結局はポジティブ面での葛藤が圧勝し、参戦することに(*´∀`)

結果的には往復含めて道も愛車も快調・快適そのものでしたよ!

**

イメージ 1
 ではいざ!ガソリン満タンで出発!

 途中天候が荒れる事で有名な静狩峠あたりで猛吹雪に。なにしろ直前を走っている車のテールランプが見えないという視界ゼロ状態。車を停めて写真撮りたかったですが路肩に停めた途端、後続車に追突されかねない状況だったので先行車のテールランプを識別できるギリギリの位置に張り付いたまま走行継続。この間約30分。

 特にトイレ休憩を取ることもなく5時間半ノンストップで走り続けて旭川の道の駅に到着。
 隣にヴィクトリアがあり、ステーキを食って明日に備える。
 特に撮影することもなく寝るw 愛車のオフトゥンモード位は撮影しといてもよかったか。

 翌朝。
 この日の旭川の朝の気温はマイナス22度!道民としても経験したことない気温ですが、車中泊は寒くもなく快適そのもの。厚手の布団持ってきて正解。

イメージ 2
 TFルームを満喫されたであろうアルフェスさんを迎えに旭川グランドホテルへ到着
 飛行機参戦者である事を無視するかのようなかさばるおみやげを無理やり渡したり、アルフェスさんからのおみやげを頂いたりしつつ会場へ(*´∀`)

 アルフェスさんと待ち合わせ場所で待機していると、なんと上述の高橋さんがいらっしゃった!
 リアルに最前線で日本防衛を担っている方だけに、眼光鋭く精悍な御仁でした。
 日常をダラダラ過ごして肥え太った自分とは真逆だぜ(当たり前)
 しかも貴重なおみやげを頂いてしまった!ありがたやー

 そして続々と参戦者が集結。北は旭川から南はなんと沖縄!まで、女性2名を含む10名での参戦となりました。ちなみに本日の沖縄はプラス20度前後だそうで旭川とは当日の温度差が40度という状態w

 そして高橋さんの案内でロングすべり台の麓に鎮座されている「あの方」の像へ…!

イメージ 3
 メガ様ー!

 本来は触れる事もできないハズの像ですが、高橋さんの許可がおりた途端…

イメージ 4
 なんか怪しいオプがー!
 この後も参加者皆がメガ様に抱かれて一大撮影会が繰り広げられておりましたw

イメージ 5
 アルフェスさんの日本最速販売オプ。
 白い雪と澄み切った青空に映えるメッキ!

 さらにまさかのメインイベント。
 関係者以外立ち入り禁止となる例の大壁画の頂上に高橋さんの案内で向かいます。

イメージ 6
 地上20m!高ぇぇぇぇぇぇ!見ろ!人がコメのようだ!(写真ではあまり高さが伝わらない)
 高いのも凄いが、この場所で1ヶ月に渡りこの大雪像を作成していた人達が居るという事に感激。

イメージ 7
 これが全員「ほぁぁぁあぁああぁ!」と転がっていく滑り台か…(※違います)

イメージ 8








































イメージ 9





































 会場に併設されているTFミュージアムにはこの他にも普段見ることのできない造形物やアイテムなど、貴重な品々がたくさん並んでました。

 私は翌日の用事の為、15時前に離脱となってしまいましたがアルフェスさん・高橋さんの企画で楽しい一日を過ごす事ができました(*´∀`)ノ
 ご一緒させていただいた皆様にも感謝感謝!

 帰り道は札幌の友人宅に寄りつつ、道路も比較的乾いており天気も良く、終始良いペースでの帰還となりました。

開く コメント(5)

NERFを塗装し始めた。

NERFにハマってから…というかそもそもハマった理由の一つにリペイント、つまり俺塗装して楽しみたい!というのがありました。

原色な玩具的塗装を施されているNERFですが、本体そのものはホントにありそうなデザインなのでひとたび塗り替えるとこんなカッコイイ銃玩具に生まれ変わります。

そんなわけで早速!
イメージ 1イメージ 2

塗装順ですが、まず「ラッカー系」塗料の銀色を塗り、その上に「アクリル系」の黒色を塗ります。
今回は
「タミヤカラー(ラッカー系)のシルバー」
「クレオスMr.カラー(アクリル系)の黒鉄色」
をチョイス。

何故二種類&二色で塗るかというと、塗り終わった後に上塗りの黒の一部を擦り落として「塗装剥げ」を表現する為です。

塗り終わった後、「アクリル系溶剤(シンナー)」を染み込ませたティッシュで塗り終わった本体を擦る事で、アクリル系塗料だけが溶け落ちて下地のラッカー系の銀が露出する、という次第。
※アクリル系溶剤はラッカー系塗料は溶かさないので、下地がそのまま露出します。

戦車などのプラモデルでは定番となっているヨゴシ塗装の一つで、主にエッジ部分などに施す事によって「使い込まれた感」「ハードな使用で酷使された」的な演出が可能になります(*´∀`)

わくわく!

イメージ 3

…あと一歩のトコで黒が切れたよ…(´・ω・`)

【10/27追記】
レイヴン本体はどうにか塗装完了。
イメージ 4

クリップ(※NERFではマガジンを"クリップ"と呼んでます)はもう一吹き二吹き必要ですね。

さてさてここからが本番です!
待ちきれずにちょっと試してみたのですが、アクリル溶剤を染み込ませたティッシュで黒塗装部分を擦ると…
イメージ 5


こんな感じに。

「金属製の銃を酷使するウチにあちこち擦れて下地の金属が露出したよ」的な演出です。
レイヴン本体もどうなるか楽しみです(*´∀`)

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事