天気予報では夕方から降ると言っていた雪がお昼頃には本格的な降り方になりました。

イメージ 1

午後には、はるばる浅草からの男性の生徒さんがレッスンにいらっしゃいました。
○根さんは、すごーく嬉しそうに「いや〜、冬らしくて良いものですね!」と元気!

男の人って雪が好きな人が多いですよね〜。ワンコみたいね(笑)

レッスンが終わって外を眺めると、相当に積もっていてすごい事になっていました。

イメージ 2

子供達は元気に雪遊びです。楽しそう!!!

ほんじゃあ、私もちょっとひと回り歩いてみる事に。

イメージ 3

雪化粧したお家がステキですよね〜。

イメージ 4

いつもの遊歩道の景色がまるで違って見えますね〜。
そうなのよね。この場所にお引っ越ししてから初めての雪かもしれませんね。
4年前に大雪だったとニュースで言っていましたから、4年前はここではなかったです。
お隣の駅でしたが、景色は全く違っています。

イメージ 5

駅に続く道・・・・、行列のできるケーキ屋さんに向う道も雪が積もっていて車の跡がクッキリですね。

あ〜、携帯とカメラだけ持って出てきてしまった!
お財布を持ってくれば良かったのにね〜。
雪景色を見ながら、ケーキ屋さんでコーヒーを飲みたかった〜!!!
右手にコーヒーが美味しいケーキ屋さんがあるの!残念。

すごーく寒くて、カメラのシャッターを押すのに手袋を脱ぐと凍ってしまいそうです。
折角治りかけている風邪をぶり返したくないので、早々に帰ることにします。

イメージ 6

遊歩道から住宅地に戻りまーす。左手は野球などが出来るグランドがある公園。

昔は雪景色は寂しくて・冷たくて嫌いでした。
それにね、仕事は休めないホテルなどの演奏が多かったから大変でしたからね。
でもチェーン着けないで走るの上手だったのよ。都心部だけど坂だらけで・・・・。
いろいろな想い出がいっぱいね。

いつの間にか、気がついたら好きになりました。
ちょっとだけど歩いてきたらスッキリしました!

帰宅する方達が大変だったようですし、大きな被害が出ないと良いですね。
明日の朝も皆さん気をつけてね。
私の次男坊も帰宅困難者になったようでしたが・・・・、どうしたかな?

昨夜のお気に入りの曲は、
ライブの余韻を感じたくて、カート・エリングの歌で、A New Body And Soul でした。


次のライブは、
2/20(火)ライブ&セッション   
19:30〜22:30 杉本一郎:sax&cla.、鈴木健市:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今夜は、来日中の男性ジャズ・ヴォーカリスト、カート・エリングを聴きに、
友人のみち子さんと、青山のブルー・ノート・トウキョウに出かけました。

イメージ 1

1月19日〜今日21日までの公演で、
私が午後レッスンがあったので、最終セットでしたが、素晴らしかった〜!!!

ジャズ・シンガーの大御所で現存しているのは彼だけになってしまい、
ぜひナマの歌声を聴きたいと思っていました。

彼の生のステージは初めて聴きましたが、
ステージに現れたカート・エリングは思っていたよりは小柄で、普通のオジサン!(笑)
ところが、いきなり何の音もないところからアカペラで歌い始め・・・・、
とにかく美声だし、上から下まで素晴らしく良く伸びる声です。
音程も正確で全く不安なく、音楽を知り尽くしている達人ですね。

引き連れてきたバンドのメンバーも素晴らしくて、さすが!!!

曲目はいわゆるスタンダード・ナンバーは少なくて、
ポップス系の曲をジャズにアレンジしたものが多かったです。
でもジャンルは全く関係なく面白かったですね〜。

終盤ではゲストに日本人のフリューゲル・ホーンと歌のTOKUが加わりセッションになりました。
TOKUとのセッションではブルース(Straight No Chaser)を演奏してスキャットでした。

ステージを聴き終わって、みち子さんとの共通の感想は、職人ワザですね〜!と。

そうなんですよね、日本の評論家などはやれアーテイストとかって言いたがるけれど、
歌ならなんでも料理できちゃう職人ですね。
本当に素晴らしくカッコ良かった〜!!!

同じ価値感を共有できる友人みち子さんとご一緒できて楽しかったです。
みち子さん、ありがとう!又良いのをご一緒致しましょうね!

イメージ 2

カート・エリング氏も言ってましたよ、明日は雪!って。
本当に大雪が降るのかしら・・・・?
事故が無いように気をつけましょうね。

次のライブは、
2/20(火)ライブ&セッション   
19:30〜22:30 杉本一郎:sax&cla.、鈴木健市:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨夜1月20日(土)は、横浜・馬車道のメグスタでトリオでの
ライブ&セッションを行いました。

イメージ 1

お正月が明けてちょっとお客様は少な目でしたが、
お客様が多いときには、なかなか演奏できない少し地味な曲をしみじみと演奏したり、
参加なさった方達もたっぷり歌ったり演奏ができて充実した夜になりました。

イメージ 2

ギターの遠藤さんのフィーチュアで大好きな曲Golden Earring とか、
私の弾き語りで、Fools Rush In、You Go To My Head, Wild Is The Windなどなど。

たまにあるんです・・・・・もっともっと演奏したくなる時が。
昨夜はそんな気分で名残惜しく終了いたしました。

参加して下さった数名の方達、ありがとうございました。

さて、一昨日のお気に入りの曲は、
ドラムの巨匠ジャック・デ・ジョネットの珍しい弾き語りで、Witchi Tai Toでした。


次のライブは、
2/20(火)ライブ&セッション   
19:30〜22:30 杉本一郎:sax&cla.、鈴木健市:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ


この記事に

開く コメント(3)[NEW]

開く トラックバック(0)

一日中引き篭もっていたので、暗くなってしまったけれど散歩に出かけました。
今日は割合に暖かい日でしたが、それでも夜になると寒い。

こんな寒い夜だからシロちゃんは居ないと思っていると・・・・案外とお外を徘徊していますね(笑)

イメージ 1

寒い季節だから、只でさえも密集して生えている毛並みが益々モコモコで・・・・、おデブになった?

イメージ 2

でも・・・・お腹が大きくない?人間でもねぇ万年妊娠中?っていう感じの女の人がいるけどね(笑)・・・・。
シロちゃん、あなたも?それとも・・・・?ビミョー!
ここは美容院のお店の前だけど、すぐ側には動物病院もあるから大丈夫ね。

イメージ 3

ちゃーんとお店の中の人から見える場所で待っていますね。
寒いので・・・・中に入れてください!って言っているみたいね。

イメージ 4

可愛いから動画を撮りfacebook にはアップできたけれど、ブログにアップするのは難しい!
でも動画はライトが眩しくて可哀相ね。

以前はガラケーの動画は短くて多分軽かったせいか、メール添付してYou Tube にアップできたけどね。

イメージ 5

数日前にこの前を通り掛かったら、
ガラス越しにお客様が座る椅子に、ちゃっかりと丸くなって寝ているシロちゃんを見ました〜(笑)

シロちゃん、バイバイ。又明日ね。

おお〜、明日はライブ&セッションです。
何だか「行かれません」メールが多く来ていて・・・・ちょっと辛いですね〜(汗)
気を取り直して・・・横浜・馬車道のメグスタでお待ちしてまーす!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
ロレツ・アレキサンドリアの歌で、Send In The Clowns でした。変わったアレンジです。


明日のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

ピアノのペダルの問題

イメージ 1

今日は横浜・東戸塚のカフェ・ワクータにジャズピアノのワークショップのご指導に行きました。

今回はたまたまペダルの踏み方が大きなテーマになりました。

大昔まだ十代の駆け出しのジャズ・ピアニストだった頃に、
何かのオーデイションを受けに行った時に、
その時に審査をしていた誰か・・・・これも忘れた・・・けど、
「ペダルの踏み方でセンスが分かるんだよね〜、その子が伸びるかどうか・・・・」
と言われたのは今でも記憶しています。

それは私に言われたのか?はてさて、受けている全員に向って言われたように思います。

この時のペダルとは右ペダル、すなわちサステイーン・ペダル・残響ペダルの事です。

ピアノには足で踏むペダルが2本、又は3本ありますね。
右はサステイーン・ペダル・残響ペダル、他の2本はソフト・ペダル・弱音ペダルです。

クラシックの場合は楽譜にペダルを踏む指定が書かれていますから問題はありません。

問題は、ジャズを演奏する時、
バンドなどで早いテンポのものを演奏したりする時はペダルは一切不要というか、踏みません。
しかしちょっとテンポがゆるやかだったりスローの場合は必要最小限、左右のペダルを踏みます。

問題は右ペダルで、踏みすぎると残響して音が濁り美しくないし、スイングしなくなります。

ビギナーの方はとかく右ペダルを踏み過ぎますね。
クセになっている人もいるけれど、大半は不安だから踏んでしまう。
音がプツっと切れてしまうのが怖いと思っていますね。
踏まないクセをつけて欲しい、音は指で押していれば切れませんよ。

ソフトペダルも音をちょっと抑えたい時には必要ですね。
特に私達弾き語りは、歌との音量調節に欠かせないです。
ソフトペダルは音量を押さえると同時に、音質がソフトになります。

ソフトペダルを踏むと鍵盤全体が動きますね。面白いですよね〜。

足元なので見えない場合が多いけれど、コンサートなど大きなステージでは、
私はピアニストの手とか体の動きも見るけれど、足元のペダルもジーっと見ちゃいます!

山ほどある写真(データになっています)から、足元の写っているのを探したけれど、
ペダルを踏んでいるらしい写真は1、2枚しかみつかりませんでした。

イメージ 2

これは左ペダルも踏んでいるらしい・・・。1996年の写真です。

イメージ 3

きゃあ〜、拡大したら太ももがあらわで恥ずかしいけど・・・・、両足でペダルを踏んでいる?

演奏のコードだのリズムだの、フレーズだのサウンドだのと沢山やらなくてはならない事があるけど、
ペダルの事はそれらの事を活かすも活かさないのも・・・・・ペダル次第の部分もあるので重要ですね。

わ〜、久し振りに真面目なピアノの記事を書いた気がしまーす(汗)

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
ハーモニカのトウーツ・シールマンと弾き語りのシャーリー・ホーンで、Once Upon A Summertime でした。


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

横浜・都筑では午後から雨模様で、
夕方には結構な強い雨足になりました。

どうしても今日中に買っておきたい物があって、近所のホームセンターに行きました。
ここにはペット・コーナーがあるので、いつも眺めて楽しみますが・・・・。

あ!そっくりな子が居る!!!可愛い!

イメージ 1

きゃあ〜!君の名前は?クリちゃん・・・・?

イメージ 2

イメージ 3

う、う、う〜ん、そっくりだけど、クリちゃんの方がもっと可愛いかったかしら・・・・親ばか丸だし!笑

世の中の多くの人はきっと、茶トラのアメショーなんてみんな同じ・・・・って思っているのでしょうね。
そうよね〜、私だって自分が飼わなければ皆同じって思ったかもね。

でもね、全部一匹づつ違う顔だし表情も体つきも違うのよね。

我が家には茶トラが2匹いたけれど、この写真の猫ちゃんは、
クリちゃんに似ているけど、マリちゃんとは似ていないのよね。

クリちゃんに似ている子は、こうして時々見かけるけど、マリちゃんのそっくりさんには出合ったことが無い!

イメージ 4

いやーん、後ろ姿もそっくり〜!

他にも猫ちゃんは数匹いたけれど、店員さんが見ているので写真は控えめに(笑)

イメージ 5

こちらはワンちゃんよ。

イメージ 6

イメージ 7

暮れに猫カフェに友人と出かけたのにお休みでガッカリでした。
一緒に遊べないけど、今日はクリのそっくりさんに出会えたから・・・・いいね!
クリちゃんのそっくり仔猫ちゃん、あなたに会えてとっても嬉しかった〜。

売られて行く子達に幸あれと祈ります!!!どうか良い飼い主さんに出会ってね。

イメージ 8

こちらは赤ちゃんの頃のクリちゃんよ。後ろ姿そっくりでしょ!!!あはは〜(笑)

顔?そうよね顔も似てるのよ。母もクリもちょっと伏目がちですけど(笑)

イメージ 9

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
キング・プレジャーの歌で、It Might As Well As Be Spring でした。


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

今週末1月20日(土)は、
横浜・馬車道のメグスタで今年初のライブ&セッションを行います。
18:00オープン、18:30スタートで3回ステージです。

イメージ 1

ピアノ&ヴォーカルは私立花保子

イメージ 2

ギターは遠藤光夫

イメージ 3

ベースは日向克典

スタンダード・ナンバー、ポップス、そしてオリジナルなどを歌って演奏を致します。

2nd stage からは皆さんにも参加して頂き、ご一緒に楽しみたいと思っています。
歌いたい方、演奏なさりたい方、聴きたい方、美味しいお酒を飲みたい方、全員集合!です。
歌の方、楽器の方は譜面をご持参くださいね。

今年も皆さんと楽しく盛り上がっていきましょう!

music charge ¥3000(別途 飲食代)
自家製カレーが美味しいですよ!

横浜市中区相生町5−86 第二ホームベースビル4F
TEL.045−228−8869

皆さまのお出かけを楽しみにお待ちいたしまーす!

さて、昨夜のお気に入りは、
ジャズ・ヴォーカリスト、ジョー・ウイリアムスのアルバム Live! A Swingin` Night at Birdland です。


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

今はわざわざお金を出してまでCDとかDVDを買う風潮が減ってしまっていますが、
私は、お金を払ってでも良い音楽はCDとかDVDで楽しむ意味を、若い方達にも分かって欲しいと思っています。

私の個人的な理由で、物を増やしたくない・・・・・理由で、ここ数年購買意欲を抑えていましたが、
やっと母の遺品整理もメドがつきつつあるので、又少しは買って楽しみます!

今年購入したDVDの2枚目は、
ピアニストHank Jones トリオの2006年東京ブルー・ノートでのライブ収録版です。

イメージ 1

イメージ 2

私はかつてHank Jones の大ファンで、
1980年代頃からのGreat Jazz Trio などアナログ・レコード、CDは相当数を持っています。

Piano Play House という100Golden Fingers の前身の、ピアニスト3名のコンサートも聴きにいきましたし、
コンサートとかライブにも随分と行きました。

1990年頃には、当時六本木にあったテリーズ・バーでは、すぐ目の前で演奏を聞く機会があったし、
彼の前で、私が演奏して心臓バクバク・・・という経験も!!!

そんなハンク・ジョーンズの演奏をあまり聴かなくなってしまいましたが、
久し振りに購入してみました。

今調べたら2010年に91歳で亡くなっていますので、
このDVDは87歳の時の演奏ですね。
私は今調べて知りましたが、2010年にも来日して録音もあるようです。凄い!

高齢になり、若い頃のハンク・ジョーンズの煌びやかな音色ではありませんが、
愛するHank Jones の演奏は格調高く素晴らしいでした。
さすがにミスター・ハンク・ジョーンズと呼ばれるジャズ・ピアニストだと再認識しました。

晩年になってお洒落な演奏が多くなって、
それは有名になり売れてくれば当然なのでしょうが、
私はビー・バップを弾いていた頃のハンクさんが大好きでしたから、
このDVDでも、最後のアンコールで弾いているMoose The Mooche が好きです。

これも又、ブツ切りの動画では良さは半減しますね。
全体の流れを見ると本当の素晴らしさが伝わります。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、・・・・ブツ切りの動画ですが(笑)サンプル画像ですね。
ボビー・ヘブとロン・カーターで、Sunny です。
楽しく演奏して歌っていますが、ワン・コーラスごとに転調していきます!


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ


この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

空気は冷たいけれど、良いお天気でしたね。
日向はとても暖かくて気持ち良かったです。

いつも通る遊歩道の水路に何やら白い物体が・・・・!
ここは幹線道路の下を潜る遊歩道です。

イメージ 1

あら〜、珍しい子が遊びにきていました。

イメージ 2

私は鳥の名前がわかりません。シラサギ???

イメージ 3

都会育ちですから、一般的な・・・・、えーと、カラス・雀・鳩・鴨・アヒル・・・・、
後は母が飼っていた十姉妹、カナリア・・・・・、後は動物園にいるペリカンとか孔雀・・・・。
そうそうオウム、ふくろう、九官鳥くらいまでしかわかりませーん(汗)

野鳥がたくさんいますが、私のようなぼーっとした人間に写真を撮らせてくれる野鳥さんは居なくて・・・・。

それでもダメモトでカメラを向けたりしています。

イメージ 4

鳩ではありませんが似ています。

イメージ 5

保護色なのですが、すごく可愛いくりくりした目をした小さな鳥が真ん中にいたのです!!!

イメージ 6

そばに寄ると去ってしまうし、望遠レンズでもないと無理ですよね〜。

昔は鳥が大の苦手でした。
母が飼っていた十姉妹が怖くて、足が気持ち悪かったし、いきなりバサッと羽を広げたりが苦手でした。
もちろん普段は鳥かごの中にいたのですが、母が外に出して部屋の中を飛んだりすると、私は逃げた!(笑)

でも横浜に移住して、緑の多い中の住いになったら、鳥も可愛いと思うようになってきました。

だってやっぱり鳥は都会よりは、こうした田園風景に居ると美しいですからね。
でも・・・・鳥に触ることは・・・・多分・・・・まだ・・・できない・・・・か・・も・・・(笑)


さて、昨夜のお気に入りの曲は、
名演の名盤が有名なデユエットです。ビル・エバンスとトニーベネットで、Lucky To Be Me 他でした。


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ


この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

今年はCDとかDVDのレヴューを多めに書いていこうと思っています。
今はわざわざお金を出してまでCDとかDVDを買う風潮が減ってしまっていますが、
私は、お金を払ってでも良い音楽はCDとかDVDで楽しむ意味を、若い方達にも分かって欲しいと思っています。

今年最初に入手したDVDは、
ジャズ・ヴォーカリスト、Jane Monheit〜ジェーン・モンハイトのLive at the Rainbow Room でした。

イメージ 1

イメージ 2

私は最初に彼女のCDを買ったのは、かれこれ15年かそれ以上前でしたか。
「Never Never Land」というアルバムで、今回求めたDVDの中で彼女が最初のアルバムと言っています。

この「Live at the Rainbow Room」は、ライナー・ノーツでは2002年に行なわれたライブの映像ですから、
約15年前のもの。
当時24歳という若い頃です。

ピチピチで若くて美しいですね〜。声も素晴らしく透明な声です。
若いのでちょっといじりすぎる傾向はありますが、自然のまま素直に歌っているのはステキです。
会場の雰囲気がいわゆるライブというよりは、クラブのショーの感じで良いです。
この中で私が最も好きなのは、It Never Entered My Mind です。とても綺麗。

You Tube などでコマ切れ状態の動画、音源はありますが、
こうしてライブ全体を通して見て聴くと、素晴らしさが分かります。

動画で最近のジェーン・モンハイトを見るとすごーく太っているようですが、この頃は細い!
最近のDVDがあるかどうか分からないけれど、もし有ったら見たいですね。

まだ1回しか見ていません。
今月の生徒さん達の会「ほっとたいむ」でこのDVDの鑑賞会を行いますから、
生徒さん達と一緒にゆっくり見るのを楽しみにしましょう。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
セサミ・ストリートの中の蛙のKermit とレイ・チャールスが歌っています。Being Green でした。


次のライブは、
2018年1/20(土)ライブ&セッション   
18:30〜21:30 遠藤光夫:guitar、日向克典:bass 、M.C.¥3000 馬車道メグスタ


この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事