昨夜は台風18号の影響で大荒れでしたが、
明けてみればスッキリと台風一過の秋晴れになりました。

母も私もお世話になった方の「お別れ会」に出席するために、市谷のホテル・グランドヒル市谷に行きました。

大勢の方々が集まり盛大なお別れの会でした。

イメージ 1

小島恂さんと彼が主催していたコーラスOZSONS のお別れ会でした。

小島恂さんは、
かつてはブルー・コーツ・オーケストラのリーダーで、
後にはテレビのイレブン・PMの司会などをなさった小島正雄さんの息子さんで、
母はお父様と音楽の友人でした。
家がご近所だったので、私は小さい頃からお父様も息子さんの恂さんも存じ上げていました。

恂さんは某一流企業で辣腕を振るわれる片方で、ジャズ・コーラスを始められて、
そのグループ名がOZSONS(オージーサンズ・・・・オジサンの複数) でした。

私が西麻布で小さなピアノ・バー「サイド・バイ・サイド」を経営&演奏していた時も、
何度か来て下さっています。

何より記憶に残っているのは、OZSONS の創成期に、
私が出演させて頂いた六本木の「ペーパー・ムーン」で練習が行なわれて伴奏をさせて頂いたし、
私と母の教室兼サロンだった「ミニ・スペース・タチバナ」でも定期的に練習を行なっていらっしゃいました。

私は1999年に横浜に移転しましたが、その後そのOZSONS は素晴らしく成長されて、
見事にあっちこっちに出演していらっしゃいました。

リーダー的な存在だった小島さんが今年6月にご病気で亡くなり、OZSONS も解消になると。

イメージ 2

写真はヴォーカルの鈴木史子さんが小島さんの代理を務めてのコーラスでした。
ご縁の深かったピアノの大原えりこさんがずっとBGMを流してくださり、
懐かしいOZSONS の活躍なさったビデオも沢山見せて頂きました。

沢山の電通時代のお友達、ミュージシャン達がお別れをしました。
私も思いがけずに懐かしい友人達と顔を合わせました。
最後にはタレントの吉村真理さんがご挨拶をなさいました。

小島さんいっぱい楽しい思い出をありがとうございました。

そして発起人の若山さん、清田さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、ジェイミー・カラムの歌う Singing In The Rain でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

台風18号が九州から関西に再上陸していて、列島を縦断中のようです。
被害が最小限に収まりますように・・・・・。

日本は一体いつから観光大国になったのかしら?
気がついたら、繁華街はどこも外国人で満ち溢れていますよね。

写真は昨年浅草の浅草寺の仲見世に行った時のもので、平日でしたが外国人でいっぱいでした。

イメージ 1

今年4月には九州旅行に行きましたが、その時もどこもかしこも外国人だらけ。

イメージ 2

ちょっと収まったようですが、爆買いとかってありましたよね。
日本はそういった外国人が落としてくれる外貨で生き延びているようですからね。
外国人観光客が来てくれなくなったりしたら、日本は大変な事になりそう。沈没しちゃう!

でもね〜、観光に来てくれる外国人ってエライですよね。

だって放射能は飛び散っているかもだし、いつなんどき大地震が起きるか分からないし、
今は北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもしれない国に、良くまあ、遊びに来てくれると感心しちゃいます。

頭のおかしい人達が戦争を始めてしまいかねない危機感もない訳じゃあありませんしね〜。
そんな国でも来たくなる魅力はあるのでしょうね。

今も台風が直撃で、飛行機も飛ばなかったり、場所によっては電車も止まっているかもですよね。

しかーし、それでも他の国の治安とかに比較すれば・・・・まあまあ良いのかもだけど、
テロというのも怖いし、でも日本だってテロが絶対起きない保障なぞないしね〜。

どっちを向いても、怖いって思い始めたらキリがないし、どこへも行かれないですものね。

外国人がやってきて、日本人が外国に行く機会も多くて、
日本人のような外国人もいっぱいになっているし、外国人になっちゃった日本人もいっぱいね。

昔じゃあ考えられない黒人の演歌歌手がいるし、日本のアニメとかキャラクターが外国で売れているし・・・。
もうワタシはついて行かれない〜!

それなのに、ああ〜それなのに、
こればかりは昔から変わらず戦争をしたがる人種が絶えないのは、どういう訳?
そんな事を秋の夜長にふと思いました。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、ベテイ・カーターとレイ・チャールスのデユエットで、
Everytime We Say Goodbye でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(5)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

来週の土曜日です、
23日(秋分の日)に横浜・馬車道のメグスタでライブ&セッションを行います。

ちょっと早めのスタートで18:30〜21:30です。
music charge は¥3000(別途 飲食代)です。
2nd stage からは歌の方、楽器の方に参加して頂きご一緒に楽しみましょう!

メグスタの自家製カレーはお薦めですよ!サラダもね!

イメージ 2

ピアノ&ヴォーカルは立花保子

イメージ 3

ギターは遠藤光夫さん

イメージ 4

ベースは上田基さんです。

今回はベースの上田基さんとは初顔合わせなので、とても楽しみです。
遠藤さんの良くスイングするギターとのアンサンブルも楽しそう!

いつものようにスタンダード・ナンバー、ポップス、オリジナルなどを歌って演奏致します。

夕方には涼しい秋の季節ですから、ぜひ皆さまお出かけくださいね。
これからの季節は音が綺麗に聞こえるので、ロマンテイックな曲が良く合いますね。

お友達とご一緒でも、彼氏 or 彼女とか・・・、もちろんお一人でも大歓迎ですよ!
お出かけをお待ちしております。

メグスタ
横浜市中区相生町5−86 第2ホームベースビル4F
TEL.045-228-8869

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
ピアノのジョージ・シアリングが昔一世を風靡した September In The Rain でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

82歳で賞を頂いた母

ちょっと今月は生徒さんのレッスンのドタキャンが続いています。
今日もドタキャンですが、急の体調不良とか近親者の訃報などですと致し方ないですね。

そんな訳で時間ができたので、ここ数日取り掛かっていた母の遺品整理の写真の中で、
母が82歳で東京芸術大学の奏楽堂主催の「奥田良三賞」を受賞した、
祝賀会の写真のデータ化を全部済ませました。随分整理したけれど、それでも約200枚保存しました!

イメージ 1

母はピアノ伴奏のえみ子さんと、誰にいう事もなく、
こっそり「日本歌曲コンクール」を受けに行き、なんと82歳という高齢で賞を頂きました。
1996年5月の出来事でした。

今では82歳の人口も多くなっているけれど、1996年当時は今よりは少なかったでしょうし、
高齢で声楽のコンクールで特別賞を受賞というのは、珍しかったようです。

新聞の全国紙に紹介されて、旧い生徒さん、遠い親戚などからお祝いの電話が鳴りっぱなしになりました〜(笑)

イメージ 2

イメージ 3

周囲の方達がお膳立てをして下さって、9月29日に神田の学士会館にて受賞祝賀会を行いました。

イメージ 4

沢山のかたがたに祝辞を頂き、母も受賞曲を歌いました。
ピアノ伴奏は長年母の伴奏を勤めて下さった遠藤恵美子さんでした。

これはビデオが残っていて、私が自宅のデッキから撮ってYou Tube にアップしましたから、
画像も音質も良くないですが、ちょっと記念に残しました。
受賞曲の「みぞれに寄する愛の歌」です。(山田耕作:曲、大木惇夫:詩)


沢山の客様が来てくださり大変盛大なパーテイーでした。

イメージ 5

ダンスタイムもあって賑やかでした。

イメージ 6

ええ、もちろんダンス・ミューシックは私のトリオが担当しました。

イメージ 7

このメンバーでの活動が長かったですね。ベースは大場景弘さん、ドラムス:本庄重紀さん。
大場君は病気と聞いているけれど・・・会いたいなぁ〜。

母の昔のお仲間のバンドも参加しました。

イメージ 8

懐かしい写真ですね。芝小路さんも渡辺さんも、そして我が教室のピアノのドクター荻尾さんの顔も。
もう皆さんあちらです(笑)、母も一緒に楽しくやっている事でしょうね〜!

イメージ 9

そんは訳でバンドは2本、ピアニストは何人居たのかしらん・・・・。

イメージ 10

これでやれやれ次に進めます。
でも処理をしながら、懐かしく楽しみましたよ!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、秋の歌、ナット・キング・コールのゆったりとした歌で、`Tis Autumn でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

10年ひと昔

今日は横浜・芹が谷のカフェ ワクータでのジャズピアノ・ワークショップのご指導に行きました。

イメージ 1

カフェ ワクータは今年の秋で開店10周年迎えますので、
11月3日にはミニ・コンサートを行なう予定です。
オーナーの和子さんはイベントの為の準備が忙しそうです。

10年前って?私は一体何をしていたのかしらん。
10年ひと昔って言うけれど、それは昔のタイミングですね〜、
今では10年ってひと昔ではなくてみっつ昔位?時代の流れが速いですからね。

ちょっと知りたくなって10年前の手帳をひっぱりで出してみたら・・・・、
う〜〜〜む、なるほど・・・・、私にとっては暗黒の時代でした!!!

それまでレギュラーで毎週演奏に行っていたホテルでの演奏などが、次々に無くなり、
途方に暮れながらも、ライブとか銀座のレストランでの演奏をしていました。
生徒さんのレッスンは続いているし、NHKカルチャーでのレッスンも行っていました。

それでもCDは2枚組みのアルバムL-O-V-E をリリースしています(汗)

そして写真を探したら、2007年の写真はなんと不思議な事にたった2枚だけです!
CDの発売記念ライブを横浜のファーラウトというライブ店で行い、
その時来てくれた同級生の友人と二人だけでの写真が2枚だけ!

他には、猫のクリちゃんが、それまで元気だったのにテンカンの発作を起こし始めて、
深夜に救急で動物病院に行ったと・・・・。そうか・・・・そうだったわね〜!

2007年は母は元気だったけれど、え〜と・・・・95歳くらいですからね、大変は大変。
ニャン子はマリとクリが・・・・まだそこそこ元気でしたね。

そうか〜・・・・、やっぱり10年って長い時間ですよね。
すごーく疲れた!って思っていて・・・・・、でも当たり前かも。
だってサ、母と猫2匹を看取ったからね、くたびれちゃったのよね〜(笑)

これから10年先って一体どうなっているのかしらん・・・・。

あまり期待しないで、日々を楽しくのんびり暮らして行きましょう!うん、それがいいね(笑)


さて、昨夜のお気に入りの曲は、ジョン・ヘンドリックスの歌で Watermelon Man でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

曲選びの悩み

イメージ 1

昨日の夕焼けは素晴らしかったようですが、私は仕事で見られませんでした。
今日はちょっと夕焼けというよりは夕闇が迫る時間に、ちょっとパチリと撮ってみました。
これはこれで綺麗でしょ!(自我自賛・笑)

東京のド真ん中で長く生活をして来た人間にとっては、このひろーい空は本当に嬉しいのです!

ここ数日は生徒さん達のレッスンに追われる日々です。

ジャズピアノの生徒さんも、ジャズヴォーカルの生徒さんも、そして私達プロフェッショナルの人間も、
自分の演奏が演奏したり、歌ったりする曲には悩みます。

多くの生徒さんから、何を選べば良いか分からない・・・・という呟きも聞こえます。

私の音楽教室では課題曲を提示する場合もあれば、生徒さんの選択に全てお任せする場合もあります。

曲選びってなかなか難しいですよね〜。

イメージ 2

プロの歌手とか演奏者は、すでに練習を積み重ねた各自のレパートリーを持っていて、
場面によって選びますが、それでも結構悩んで選曲したりします。

生徒さんになるとそれ以前に、何を練習すれば良いか・・・・ですよね。

レコードなどで聞いて好きになった曲をいざ練習してみたら、
しっくりこない、難しすぎる、思っていたイメージと違う・・・なんて事もあるし、
知らない曲だったけれど、先生に勧められて始めたたら結果として大好きになった・・・なんて事も。

そうなんです!
私は指導をする人間のお仕事のひとつに、音楽の世界を広げてあげる使命があると思っています。

音楽、ジャズが好きな方が習いにいらっしゃるのですが、
皆さんが知っていて好きだと思っているのは、ごくごく氷山の一角で、
曲数にしたら50曲とか多い方でも100曲位かしらん。

知らない良い曲の方が多いのですよ!!!
私など知っているつもりでいても、まだまだ知らない美しい曲、カッコ良い曲と出合ったりしていますからね。

私は曲は沢山知っている方が良いと思っています。
しかし何でも屋ではないので(笑)、それがすべて演奏できたり歌えたりする必要はないですし、
もちろん専門があって当然ですからね。

たくさんの曲を知る事は、たくさんの喜びを知る事にもなります。
美味しいお味をたくさん知るのと同じですからね。
知らない場所を旅するのは、楽しいしね。それと同じですね。

もちろん中には練習しても、なかなか入り込めない曲も時々ありますね。

そんな訳で(?)、私の音楽教室では9月は新しい曲とのチャレンジの季節なんですよ。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、ハリー・コニック・ジュニアの弾き語りのソロでしんみりと、
Where Or When でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000



この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ジャズピアノのレッスンによう子さんが、午前11時にいらした時は、雨と雷で心配しました。
大丈夫?駅から徒歩5,6分ですが・・・・、それでも豪雨だと大変・・・・。

スマホでも横浜・都筑は大雨・豪雨注意報が表示されたりね。

でもよう子さんは時間通りにいらして、「雨は降っているけれどたいした降りではありませんよ!」と。

そしてレッスン終了後も、まだ雨は降っていたけれど大丈夫。

その後もレッスンが続き、いつの間にやらお天気になりました。晴れ間も見えたりね。
やっと午後ちょっとひと休み。
そんな時に小さくても・・・でも結構広い?ベランダはありがたい空間です。

イメージ 1

お花の最近のニューフェイスはペチュニアです。

イメージ 2

この空間があるのと無いのでは大違いですよ!
このデッキチェアに座って、淹れたてのコーヒーを飲みます。至福の時間!

イメージ 3

レッスンの合い間に近所の歯医者さんに行ったりね。

イメージ 4

夜までレッスンが続きました。
遅くにいらしたゆう子さんは、
来月の生徒さん達のミニ・コンサートで弾き語りをしますので、緊張してまーす!(笑)
演奏予定の曲を選んだり・・・・頑張ってますよ!

今日はそんな慌しい1日でした。

さて、昨夜のお気に入りは、大好きなので以前にもアップしていますが、
メル・トーメが歌う P.S.I Love You でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

9月の思い出

イメージ 1

横浜・都筑では、今雨が降ってきた様子です。
この季節は不安定ですよね。

写真は1994年の9月に友人達と、群馬県伊香保温泉に行き、近隣のリンゴ園に行った時のもの。
この日もあいにくの雨模様でしたね。

伊香保温泉には同級生の営む老舗旅館があって、中学生の頃から訪れています。

しかしここ数年ご無沙汰をしていて、又行きたくてウズウズしています(笑)
世代交代をしていますから、私の同級生のひろ子さんは今は会長さん。
息子さんが跡を継いでいらっしゃいます。

最後に行ったのは、銀座に「扉」というピアノ・バーがあって(今はもう閉店したけれど)、
そのマスターとお客様と数人で行きましたが、それももう随分前の事になってしまいました。

イメージ 2

あっはっは〜!昔中学生だった頃には、榛名湖でスケートができたのじゃよ〜!

イメージ 3

これは1987年の秋に家族で行きました。母と榛名神社です。11月頃でしたね。

あ〜、秋だし・・・行きた〜〜〜い!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、マイケル・ジャクソンの歌で Smile でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

秋がやって来ている!

このところ日中が忙しくて夕方に自由時間が多かったけれど、
今日は昼間に外出したら・・・・秋!でした!

ぼんやりと公園の脇の道を通り掛かったら、男の子が一人で何かを拾っています。
何?・・・・あらっ!えっ?もうどんぐり?早っ!もうそんな時期だっけ?

イメージ 1

すごく大きなどんぐり。イガのようなものから飛び出しています。
どんぐりだけど、栗の小型みたいね〜!

イメージ 2

小さな普通のどんぐりもいっぱい落ちていて、これって全くの秋の景色ですよ!
枯葉もいっぱいね。でもまだ9月ですよね〜。蝉が鳴いているし・・・・。

さらに歩いたら、
昨日まで咲いて無かったように思うけど、単に私が見ていなかったのかしらん、彼岸花もね!

イメージ 3

でもちょっと早くない?まだお彼岸には間があるけれど・・・・。
今年は秋が早めにやって来ているかも。

このところちょっとドタバタしていたかもで、散歩していたけど気がつかなかったのかしら・・・・。

空を見上げたら、やっぱり素晴らしく秋の空でした!

イメージ 4

そうか、お天気も良くなかったからこんな青空も久し振りなのね。
季節は移っていますね、確実に。
風が爽やかになってきましたからね。

さて、昨夜のお気に入りの曲は、トニー・ベネットの歌で Maybe September でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

背景が気になる〜!

このブログは2008年の1月から始めましたので、来年の1月で・・・な、な、なんと!10年になります!
まさかこんなに長く続くとはゆめゆめ思いませんでした。

ブログを始めたきっかけはある生徒さんが始めたから。つられて(笑)何となく始めました。
その生徒さんは、しばらく経ったら止めてしまい、私だけが取り残された〜(笑)

始めて何年も週に1回の更新がやっとでした。
ここ1,2年ですかね、毎日更新を心がけています。

ブログを書くことで学んだ事は結構いっぱいありますね。
文章の事、写真の事などなど。

特に写真は、全く興味が無くて、あまり好きではなかったです。
でも人様の綺麗な写真などが散りばめてあるブログを見ると、やっぱり写真は入れたいと思うようになりました。

数年経ってみると写真を撮る作業は好きになって来ています。

その物体も綺麗に撮りたいのはもちろんですが、私の場合は背景が気になります。

風景などを撮るときに電線が入ったりするとガッカリだし、場面によって背景が映える時もありますよね。

イメージ 1

昔のクリちゃんの写真で、ゴチャゴチャしたクッションに埋もれてボンヤリしています。
ゴチャゴチャしているけど、我が家の猫らしくて私は好きなのね。

イメージ 2

これはマリちゃんは怒ってますね〜(笑)
抱っこが嫌いでしたからね。「離してってば〜!」(笑)

背景というか後ろのテーブルにはシャンペン・グラスが・・・・。
って事は息子達が来ていて・・・お正月だったのかしらね。

これらの写真は背景などは全く意識もせず撮った昔の写真ですが、
今となって見ると猫の表情も楽しいけれど、その頃の生活感が出ていて懐かしかったりね。

背景って音楽と繋がっている気がしています。
メロデイー・ラインは被写体の中心です。コードとかバンドとかの伴奏が背景ですよね。
写真も角度を変えると色が変わったり表情が変わり変化して面白いですが、
音楽もちょっとコードを変えたりしてサウンドを変えると、表情も変わるし色も変わりますよね〜。

イメージ 3

この写真は結構気に入っていて、又枯葉の頃に角度を変えて撮ってみたいですね。
このコンクリートの壁とペンキを塗った木の椅子と枯葉が絡んでいるのって、ちょっと好きです。

写真はドシロウトですし、安いデジカメですからね、何も偉そうな事は言えません!
でもほんのちょっとだけ写真の楽しさが解ってきたかも〜!

さて、昨夜のお気に入りの曲は、
ベテイ・カーターの歌とレイ・ブライアントのピアノで Gone With The Wind でした。


次のライブは、9/23(土・祝) 横浜・馬車道メグスタ 18:30〜21:30
遠藤光夫:guitar、上田基:bass    music charge¥3000

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事