全体表示

[ リスト ]

次男が部活動から帰宅してボヤきます。
 
昨日、パートレッスン(楽器ごとにプロ奏者を招いて、その楽器の生徒たちが技術的な指導を受ける)を終えたら、一日合奏だったはずの他メンバーが解散してしまっていた。
今日になって聞いた話では、顧問の先生は昨日は進路関係のことで午後遅くまで別の業務があり合奏はどれほども出来ない・・・というのが、昨日になって部活の生徒たちに分かり、部長が先生と相談の上で、別の半日練習だった日を合奏練習日に変更して、昨日は半日練習に・・・取り換えたのだそうです。
 
次男は、先生の見通しが甘すぎるんじゃないか?と愚痴を言っていたのです。
部活動の日程表は月の初めに渡される、先生のご予定はもっと前に決まっていたことだろうし、昨日パートレッスンが2つの楽器で設定されていて、2パートが丸抜けでは合奏にならない、というのは数日前には確定していたのに、と。
 
確かに、病院にかかろうと思っていた子は、半日練習の日で予定するでしょうし、
それでなくても、急に延長になるのもしょっちゅうで、予定の狂うことが多いです。
 
今日も、朝に先生が部室にいらした時に、全員が一斉に挨拶をしなかった、室内のポスターのピンが一つ外れていたということで説教が1時間、正午までの練習を1時間延長したうえ、部長からも姿勢を正そうと説教があり、終わったのが2時過ぎ。
次男は午後に年賀状を作ると言っていたのですが、出来ませんでした。
 
進学校で、学校から部活動に費やして良い時間を制限されているのですから、
少ない時間をいかに練習に使うかについて生徒たちに考えさせればよいのにな、と
私は思ってしまうのですが・・・。
この先生は、生徒たちに夢を語り、生徒たちも何でも出来そうな気持ちになるらしい。
夢を見させてもらえそうな期待を持てると、振り回されても生徒たちは付いて行こうって気持ちになるのかしら?
 
私は、ピアノに関して嘘は言えません。
コンクールも、予選を通過できる可能性の高い子しかこちらからは声をかけません。
(御本人が希望なさるなら、いくjらでも一緒に頑張りますが)
コンクールがピアノを弾く喜びを感じる手段のすべてではないと思うからです。
 
次男の部活の先生たちは・・・小・中学校もですが…コンクールでダメだった時に、
それまで生徒を罵倒したり泣かせたりしたことを忘れてしまったかのような様子です。
私はこれも出来ません。コンクールを勧めた事の責任を感じてしまいます。
気持ちを切り替えて行くことは大事ですが・・・部活の先生たちのそれまでの罵倒ぶりと終わった後のケロりとした様子にはバランスが取れないような印象を受けます。
 
次男は、顧問が日常的に「なっとらん!」とか説教をする割には、日程表がいい加減だったり、お金のことでアバウトなのことに疑問を感じたようです。
この先、この子が顧問や部活動の在り方について、どういう見方をするのか・・・
しばし注意深く観察です。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

部活とはそういうものだといわれてしまうかもしれないのですが、
今の高校生の忙しい生活を思うと、そんなことをされてはたまりませんね。
息子の高校では2年で引退だったし、
娘は、まあ、うちの娘はのんびりした学校ですが、持病の検診はいつも長期休暇中にかためています。

コンクールの関しては私も懐疑的です。
よそからのご紹介ならともかく、手元で育てた子ほど、きびしい道はすすめません。
ほんのひとにぎり、どころかひとつまみさえもこの世界では生き残れないことを知っていますもの。
進学や留学に必要ならタイトルをとってもらいたいけれど、目的がはっきりしていないとなるとね。
なんとなくポンポンといけちゃったりしたら、あとがたいへんじゃないですか。
生き残れる資質があるかどうかは・・・私達の段階でわかりますものね。

2011/12/27(火) 午後 9:38 [ ミカン ]

顔アイコン

>ミカンさん ありがとうございます。

部活とはそういうもの…先生ご自身も入れ込んでおいでで、
楽器の一部は先生の私物だそうです。
でも、それと生徒の時間やお金を振り回すこととは別だと思います。

昨年度、大変な人数の浪人生を出してしまって、顧問の先生は校内での立場がキビシイらしいです。
部活は在学中の2年〜長くて2年半の期間限定の活動ですが、子どもの人生はその後も続きます。

生き残れる資質が分かってしまうのですね、ミカンさんには。
私には優れている(音大への進学が可能だろう)あたりまでしか分かりません。
昔、これは自分(の、その年齢の頃より)優れている子がいまして…。
お母さまに「素質が優れているのは確かですが、才能があるかどうかは、お嬢さんがそれを望むかどうか次第ですから分かりません」とお話したことがありましたっけ。

たしかに、子ども時代に本人の意思が薄いまま、結構なところまでいけちゃったら、子どもは選択肢を奪われることにもなりますし、一生続けていくのは大変ですよね。

2011/12/27(火) 午後 11:25 [ ぐり子 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事