ここから本文です
スターターが空転してエンジン始動できなくなったとのこと。
お宅まで引き上げに行ってきました。
スタータークラッチの消耗でしょうか。分解点検します。
イメージ 1

はじめ、引っかかりながらも始動できていたそうですが、
とうとう全く引っかからなくなったそうです。
イメージ 2

現状はこんな感じ。完全に空転しています。

IMG 0922

ジェネレーターカバーを外します。
イメージ 3

スタータークラッチの噛みつき具合をチェックしようと、
スターターギヤを回すとマグネットローターごと回転します。
センターのボルトは止まったままです。
イメージ 4

その動画がこちら。

IMG 0925

どうやらボルトが緩んで、キーも飛んでしまったのかもしれません。
ボルトを緩めようとすると、ネジロック剤の抵抗はあります。
外したボルトをよくみると「7」の浮き出し文字があります。
これではチューニングエンジンとしてはトルクアップできず強度不足では。
イメージ 5

ローターを外すと、テーパー面には擦れた痕があります。イメージ 6

クランクにあるはずのキーはどこでしょうか。イメージ 7

よく見ると、キーは綺麗にせん断されています。イメージ 8

ドライバーで片側をたたき、打ち出します。イメージ 9
イメージ 10

折れ込んだキーが取れました。イメージ 11

ローター側にも片割れが残っています。イメージ 12

うまく取り出せました。イメージ 13

元々このキーは、ローターの空転を防ぐほどの強度はないので、
ボルトが緩むとこのように簡単にせん断されてしまいます。
イメージ 14

新品のキーはこんな形です。イメージ 15

強度不足であろうボルトの方は、かなり伸びてしまっています。
高い締め付けトルクに耐えられず、伸びて塑性変形したのでしょう。
イメージ 16

首下直下は伸びているのでピッチが広がっています。イメージ 17

チューニングエンジンなので、
最大限高強度のボルトを使い、高い締め付けトルクで取り付けたいところです。
代用は、M8のクロモリのキャップボルトでOKです。
イメージ 18


厚いワッシャーを挟んで、締め付けトルクは3.5kg・m以上は必要でしょう。イメージ 19

スターターギヤの中心部分は、かなり圧痕が付いているのでこちらも交換時期です。イメージ 20
イメージ 21

ローラーにも縦に圧痕が多数あります。こちらも要交換。イメージ 22

テーパー部のキズはイメージ 23それほど深くは無いようです。


バルブコンパウンドを付けて、擦り合わせしてみます。イメージ 24

強く押し付けながらグリグリ回します。イメージ 25

手ごたえが出てきたのでこのくらいで大丈夫でしょう。イメージ 26

洗浄して差し込むと、クッと噛みつく感じです。イメージ 27

イメージ 28
イメージ 29

しばらく交換部品の入荷待ちです。イメージ 30

この記事に

開くトラックバック(0)

先日、相模陸事に提出した職権打刻の申請書は、
本日無事に決済が下りたとの連絡がありました。
これで再登録の道が確実に開けたので、修復作業を始めます。
イメージ 1



警察に引き取りに行った時の保管状態がこちら。
放置現場でもこんな状態で屋外にあったそうです。
ハンドルも外され、フォークキャップもありません。
イメージ 42

転がし用のフォークキャップを付け、持って帰ってきたのがこの状態です。
点検して、現状把握と一時的な保存の準備をします。
イメージ 43







割れたポイントカバーは、
擦過傷が無いので事故によるものではなく倒して割れたようで、
根本のハウジングまでも割れてしまっています。
でも、ウオタニは大丈夫のようです。
イメージ 2

キャブもマフラーも無く外に放置されていたので、
エンジン内部をイメージ 3スコープで点検します。

1番インテークポートがこちら。イメージ 4

特に異物はありません。鋳鉄のバルブシートにわずかなサビが出ている程度です。イメージ 5

2番はこちら。イメージ 6

こちらも異物は無し。イメージ 7

3番がこちら。
イメージ 8

サビが目立って見えますが、深くはないので問題ないでしょう。
枯れ草が入っていますが、エアブローで取れました。
イメージ 9

4番はこちら。イメージ 10

こちらは綺麗です。イメージ 11

シリンダー内部も見てみましょう。
先ず、1番から。
イメージ 12

ぐるっと見渡しても異物は無し。シリンダーもきれいです。イメージ 13

同位相の4番がこちら。イメージ 14

少しピストンを下げたところです。
ピストンリングとシリンダーが少し錆びていたようですが、
固着は無いので大丈夫でしょう。
イメージ 15

クランクを180°回して、次は2番です。イメージ 16

こちらは綺麗です。
イメージ 17

最後に3番はこちら。イメージ 18

こちらもきれいでした。イメージ 19

エキゾーストポートも1番から順に見てみます。イメージ 20

異物も無くどこも大丈夫です。イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24

エンジン内部が無事とわかり一安心。
完全修復まではまだ間があるので、防錆のためシリンダーに少し注油しておきます。イメージ 25

オイルを入れたら、10回転ぐらいクランキングしておきます。イメージ 26

おしまいにポートを密封しておきます。イメージ 27

イメージ 28

インナーチューブはグリスで防錆。イメージ 29

リヤショックはスプレーグリスで防錆。イメージ 30


チェーンも防錆。
イメージ 44


フレームに直付けしていたリヤのウインカーステーは折れて中に残っています。
イメージ 31

エキストラクターを使って折れ込んだボルトは取れました。イメージ 32

イメージ 33

無くなっていたフォークキャップとハンドルクランプはこちらに交換します。
ハンドルクランプは現在でも新品が出ます。
イメージ 38

フォークスプリングは外気に触れて錆びています。
イメージ 34

とりあえず、フォークオイルを塗って防錆します。イメージ 35

フォークキャップはプリロードとエア圧調整式のこちらを装着。
イメージ 36

ハンドルクランプは純正新品に。イメージ 37

続いて、大きく曲がっている社外のライトステーが修復可能か点検します。イメージ 39

シャコ万で簡単に修正してみます。イメージ 40

割れも無く復元できそうなので、後は外してプレスすれば大丈夫でしょう。
イメージ 41

この記事に

開くトラックバック(0)

追加で、S1をイメージした赤のテールレンズとダミーバンドキットを
ご注文いただきました。
テールレンズはZ1000CSRに使われている赤いものです。
部品番号 23026-1024  現在価格 7,636円(消費税込み)
イメージ 1

違いは一目瞭然。雰囲気も変わります。イメージ 2

取り付けるとこんな感じです。屋外に出ると、もっと鮮やかな赤に見えます。イメージ 3

改造したフロントマスターとチェンジペダルの具合を見るため、試運転に行きます。イメージ 4

チェンジは新車時のように節度のあるものになりました。
フロントブレーキもぐっと現代的なタッチになりGOODです。
イメージ 5

これで今回は完成です。イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

今回分のS1ダミーバンドキットが完成しました。
在庫しているのでご注文お待ちしています。
ご注文は、HPにある連絡先にメールでお願いします。
http://www.greengarage.jp/

価格 3,780円(消費税込み) 
送料はレターパックライトで全国360円です。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

ステアリングネックにハンドルロックがあるタイプですが、
キーが無いのでハンドルロックは使えませんでした。
イメージ 1

そこで今回はイグニッションスイッチごと交換し、
ハンドルロックのプランジャーが飛び出すタイプに変更して、
ハンドルロックを使えるように改造します。
使用するイグニッションスイッチはエリミネーター250のもので、
今でも購入できます。部品番号は27005-5078です。
イメージ 2

配線以外の本体の取り付けはボルトオンです。イメージ 3


既存のイグニッションスイッチを外します。イメージ 5

右が車体から外したもの。ハンドルロックのプランジャーが無いタイプです。イメージ 4

エリミネーター250のイグニッションスイッチを取り付けます。イメージ 6

キーのポジションは90°ほど向きが変わります。
こちらがIG OFFの状態です。
イメージ 7

こちらがIG ONの状態です。
イメージ 8

配線は、若干違うので改造します。
現車はJ1用に改造された1000R2メインハーネスです。
イメージ 9

カプラーをスイッチ側に合わせるので一旦切り取ります。イメージ 10

配線の色が一部異なるので、配線図を参考にして繋ぎます。
1000R2側と回路も配線の本数も同じなので、
この部品番号の物が相性がいいです。
イメージ 11

続いて、ハンドルロック用のストッパーを取り付けます。
厚い鉄板から切り出したものをフレームに溶接します。
イメージ 12

今回はステムを分解しないで行うので、
溶接は少しずつ行い、周囲にあまり熱が回らないよう注意します。イメージ 13

溶接するとこんな感じです。イメージ 14

塗装して完成。イメージ 15

フロント周りが終了しました。
イメージ 16

続いて、ノーマルチェンジペダルの修正です。イメージ 17

ペダルの軸受のガタが大きく、ボールジョイントにもガタが出てるので、
シフトフィールが悪くなっています。
イメージ 18

そのガタはこのくらいあります。

IMG 0755

サイドスタンドはコンパクトな脱着式に変更済みなので、
1000R並みに車体側に寄せる作業も同時に行います。
イメージ 19

純正のボールジョイントはドリルで揉んで切り離し、
新たにロッドエンドを使用します。
イメージ 20

そのままだとリンクが長すぎるので、ロッドエンドは少し切り詰めて使用します。イメージ 21

ボールジョイントを切り離すとこんな感じです。イメージ 22

ペダルの軸受部もだいぶ摩耗してガタが大きくなっているので、
一旦切り離して新たに作った軸受と交換します。
イメージ 23

軸受をペダルに溶接したら、ペダルのオフセットを小さく加工します。イメージ 24


一旦切り離して長さを調節後、溶接します。イメージ 25

オフセットはこの位。イメージ 26

溶接部分を研磨してペダルの完成です。イメージ 27

ジェネレーターカバーの配線の辺りからオイル漏れするので、これも修理します。イメージ 28


クラッチレリーズレバーのワイヤー受け軸穴の摩耗が進んできたようです。
イメージ 29

動画はこちら。

IMG 0773

レリーズは新品交換しておきます。
イメージ 30


ジェネレーターカバーを外します。イメージ 31

グロメットのボンドを剥がします。イメージ 32

グロメットは十分弾力性があるので継続使用で。
キレイに脱脂して液体ガスケットを塗布して組み付けます。
イメージ 33
イメージ 34

スプロケットカバーを取り付けたら、レリーズレバーの遊びを調整します。イメージ 35

ペダルの塗装ができました。ラバーも新品交換済みです。
イメージ 36

改良したチェンジペダルを取り付けるとこんな感じです。イメージ 37

動画はこちら。ガタがだいぶ少なくなりました。

IMG 0792

ペダルの張り出しも1000R並みです。
イメージ 39
イメージ 38

今回のメニューはこれで終了です。イメージ 40

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事