ここから本文です

書庫全体表示

リヤホイールセンター修正のため、
左側は新規製作したアクスルカラーに交換します。
右側は既存のカラーを短縮加工しています。
同時に、スイングアーム内幅より狭かったリヤホイール系の幅もこれで同じ幅に。
イメージ 1

取り付けるとこんな感じ。イメージ 2

チェーンライン修正用のフロントスプロケも入荷しました。
イメージ 3

こちらのノーマルオフセットの18Tに、3ミリスペーサーを合わせて取り付けます。イメージ 4

スプロケボルトの固定にはロックタイトを使用します。イメージ 5

締め付けは規定トルクで。イメージ 6

高速での操安性確認のため、中央道で試運転します。イメージ 7

結果は終始安定していい感じ。
高速域でもワイドラジアルタイヤを十分使いこなせそうです。イメージ 8

ガレージに戻り、最終点検します。イメージ 9

リヤショックのストローク設定もOKです。
バンプラバーに当たらない範囲で、十分ストロークします。
リヤ車高を上げフロントを下げ、軽快感がある前後バランスの姿勢となりました。
スイングアームとマフラーの干渉もクリア。
イメージ 10

チェーンラインは3ミリオフセットしていますが、
走行による振れでタイヤサイドにわずかに接触痕が付きます。
イメージ 12

次回のチェーン交換時には、幅の狭いチェーンなどへの交換も有効です。
エキセントリックが後ろ寄りのため、同時にチェーン長さの見直しも。
現状は、この旧型チェーン用のジョイントが入手困難となっています。
ファイナルギヤ比も現状の18×49Tから、
もう少しロング寄りのノーマルレベルがお勧めです。
イメージ 11

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事