ここから本文です

書庫Z1000J AMA化

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

ニュートラルが出にくいのでチェンジリンクのレバー比を変えます。
ステップ側の作用点は半径を小さくしましたが、
まだ足りないのでミッション側の作用点の半径を大きくします。
腕の長さは事前にテストで良かった長さに設定します。
 
先ず、元の純正流用のレバーを切断し、少し長めの腕にします。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
After
イメージ 6
Before
イメージ 5
 
これで今回のカスタムは完成です。
明日はオーナーさんの元へ発送しますので、
到着まで暫くお待ちください。(^^)
 
 

この記事に

試運転の結果、チェンジペダルの操作をもう少し軽くしたいので、
レバー比を調整してみました。
イメージ 1
 
イメージ 2
他にも、クラッチの動作が悪いので、
結局、クラッチ本体を全部新品に交換することにしました。
1枚増やすために薄く設計された強化クラッチを使用していましたが、
反面、段付き摩耗が進行し易いので注意が必要です。
ノーマルプレート時代の段付き摩耗とズレるので、
余計に動きが悪くなったようです。
 
今度は純正のプレートに変更します。
スプリングも純正に戻します。
イメージ 3
クラッチは、プレートだけでなくハブやハウジングも消耗品と割り切ってください。
J系は車載で交換できるので便利ですね。
 
リヤブレーキは、アタリがついてきたので小径ですが効きは十分です。
スリットもはっきり目立つようになりました。
イメージ 4
シートを外した状態もご紹介します。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7

この記事に

AMAカワサキワークス車をモチーフにした今回のZ1000Jカスタムは、
第1段階が終了しました。
今回は、予めご用意された予算の範囲内で、
優先順位を付けながら進めさせていただきました。
次回以降、残りの項目も盛り込み、
順次進化させて行くご計画だそうです。
 
Before
イメージ 1
 
イメージ 2
 
After
イメージ 3
今回の主なカスタム内容
・タンク上げ加工
・テールカウル&シート一体加工、シートレール削除
・マフラー角度上げ&延長加工、サイレンサーステー溶接取り付け
・エンジンハンガー前後
・カワサキワークスタイプリヤブレーキΦ234仕様
・カワサキワークスタイプバックステップ
イメージ 4
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10
 
イメージ 11

この記事に

インナーローターとエキセントリックのアルマイトを
新しい色に変更しました。
 
フロントインナーローターは市販品の色を過去に変更したものですが、
今回前後で同じ新しい色に変更します。
リヤのインナーローターは今回新規に製作したものです。
エキセントリックはもう少し落ち着いた色にということでの変更です。
 
Before
イメージ 1
 
After
イメージ 2
いずれも、アルマイトの前にサンドブラストをしてあります。
マットな感じはそのためです。
使用していた物には腐食があるので、アルマイト前のサンドブラストは、
サビ落としも兼ねています。
エキセントリックに付けた目印の刻印4つも、はっきり目立つようになりました。
イメージ 3
一緒に作ったみたいに前後の色が揃っていい感じです。
イメージ 4

この記事に

フロントのインナーローターを再アルマイトするので分解します。
皿のキャップボルトは大半が固着して緩みません。
ドリルで揉んで取ります。
イメージ 1
反対側は全滅。全てドリルで揉んで取りました。
イメージ 2
エキセントリックのブルーアルマイトも色替えします。
回す時に付いたキズがあるので消しておきます。
イメージ 3
左右の位置合わせ用にメモリも付けておきます。
先ず、正確に十字にケガいておいて、
イメージ 4
90°ごとに刻みを入れておきます。
イメージ 5
外したローター3枚は、写真のS1ローターの色に、
エキセントリックはカーキ色の色見本通りに、
それぞれアルマイトします。
イメージ 6
バイクは、しばし宙ぶらりんで待機。
イメージ 7

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事