ここから本文です

書庫デモ車 Z750FX

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

デモ車Z750FXのリヤタイヤ交換と、チェーンラインオフセット増しをします。イメージ 1

年間の走行距離も少ないので、付いていたタイヤは数年前のα12zです。イメージ 2

アウトプットシャフト駆動のスピードメーター駆動ピンも、
摩耗してきたのでこちらも交換しておきます。イメージ 3

新しいタイヤはα13zの150/70-18です。イメージ 4

タイヤを嵌めたらバランス取りします。イメージ 5

このマービックモーリスは、もともと純正チェーンラインだったので、
今回少しオフセットを増しておきます。
先ずはスプロケボルトをキャリアから抜き取ります。
イメージ 6

長めのクロモリボルトに変更し、製作したカラーで頭の長さを確保します。イメージ 7

イメージ 8

スペーサーはキャリアとホイールハブの間にサンドイッチするだけです。
センターのアクスルカラーも、同じだけ長い物に交換します。
イメージ 9

仮組するとこんな感じ。イメージ 10

スピードメーターギヤBOXの方は、
樹脂製のドリブンギヤとアルミ製のドライブピンを新品交換します。
樹脂部品はホンダの純正品です。
イメージ 11

フロントスプロケット側はオフセットスプロケに変更。
新しいドライブピンをセットします。
イメージ 12

ギヤBOXとスプロケカバーを取り付けます。イメージ 13

スイングアーム幅はノーマルなので、チェーンラインはこれでほぼ限界です。イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

今週末の朝練に向け、久しぶりに走行の準備をします。
イメージ 1

フロントタイヤが減っていたので交換します。
イメージ 2

今回組むのはα13の中古品です。
イメージ 3

バランスをとります。
イメージ 4

バッテリーも充電して準備完了です。
イメージ 5



この記事に

開くトラックバック(0)

レンタルしたヘッドが下りたので、元通りに復元します。
イメージ 1

新品交換してから1年ほど使用していたカムチェーンローラーです。
特に劣化していないので継続使用します。
イメージ 2

バイトン製のセンターOリングも、劣化が少ないので再使用してみます。
イメージ 3

メタルヘッドガスケットも再使用します。
綺麗に剥がれて異物噛み込みなどがなければ、
2,3回は再使用可能なことが多いものです。イメージ 4

このエンジン、結構酷使していますがシリンダーはまだまだきれいです。
イメージ 5

先ほど別のMk2から外したヘッドをそのまま組み込みます。
イメージ 6

燃焼室のカーボンも少ないのでそのままです。
イメージ 7

ヘッドを乗せたらバルブタイミングを取り直します。
イメージ 8

今日はここまで。
イメージ 9


この記事に

開くトラックバック(0)

近日入荷予定のZ2用にと、D1カラーの外装セットを準備しました。
とりあえずFXに装着。
イメージ 1
元の状態。車高が結構高いのです。
イメージ 2
丸タンクの場合、車高はこれより低めが似合いそうですね。イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
・フロントフェンダーも含めたフルセット。
FXに付くように改造されています。
イメージ 6



この記事に

ワークスMk2のアンダーステムは、
フォーククランプのところだけノーマルを2段重ねて溶接してあります。
イメージ 2





















そのクランプは、Mk2などのアンダーズテムから切り出したものです。
イメージ 1





































切り出したら端面を滑らかに修正しておきます。
イメージ 3





















いらないインナーチューブをジグにして、
車体側のアンダーステムと溶接すれば完成です。
カバーが付いていれば、ただはめるだけでも雰囲気は出ますね。
ちなみにこの車両の物は溶接してあります。
イメージ 4





















曲がったステムでも材料になるので、くれぐれも捨ててしまわないように。












この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事