ここから本文です

書庫Z1000Mk2 O.K様

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イグニッションコイルをシート下に移設します。イメージ 1

現在はSP2コイルがノーマル位置に付いています。イメージ 2

プラグコードも長さが足りなくなるので作り替えます。イメージ 3

接着で取り付けてあったコードをコイルから引き抜きます。イメージ 4

コイル端子内部に残っているコードの残骸は、木ネジを使って掻き出します。イメージ 5

ブラシで仕上げて内部まできれいにします。イメージ 6


コイルブラケットを製作し、フレームの補強パイプにバンドで抱かせます。イメージ 7



バッテリーケーブルが届くよう高くマウントしていた小型のバッテリーは、
最下部にマウントし直します。
イメージ 18

コイルはこの位置にマウント。イメージ 8

コイルブラケットは、ホースバンドでフレームの補強パイプに取り付け。イメージ 9

バッテリーのプラス側ケーブルは、長いものを製作して交換します。イメージ 10

プラグコードもφ7ミリシリコンコードで新規製作し、コイルの移設が完了。イメージ 11

続いて、ハンドル切れ角を増やします。
現在はストッパーにスペーサーが溶接されており、切れ角の少ない状態です。
過去のカスタム過程で入れられたようですが、現状では不要となっていました。イメージ 12


ステム側ストッパーに溶接されているスペーサーを切り取ります。イメージ 13

左右とも切れ角を微調整して完成です。イメージ 14


イメージ 15
これで今回のフロント19インチ化などのメニューが全て完成しました。イメージ 16


イメージ 17
ガレージ周辺を試乗します。
ザッパーステムが入っているので、
やはりノーマル19インチのハンドリングとは少し違いがあります。
ベストはステムもノーマル戻しでしょうか。イメージ 19


この記事に

開くトラックバック(0)

フロント19インチ戻しができました。
イメージ 1

アクスルクランプは片側を密着させると反対側は隙間が平行に空きます。
フォークアウターを前後逆組みしたとしても、基本は前に密着側を持ってきます。
イメージ 2

右側も同様です。
Z1000J1のハンドルクランプも同様な構造になっているので要注意。
ブレーキマスターのクランプにも一部にこの方式が採用されていますね。
半割れクランプは、片側密着型か両側隙間型かの見極めが重要です。
イメージ 3

既存のスピードメーターギヤBOXはスペーサーで置き換えます。
イメージ 4

アウトプットシャフト側のギヤBOXも取り付け完了。
イメージ 5

使っているギヤBOXはホンダ純正品です。
イメージ 12

クラッチケーブルのアジャスターです。
雨水の侵入防止に、スリットは下向きで合わせておくといいです。
イメージ 6

クラッチレリーズの遊びも調整。
イメージ 7

スピードメーターケーブルもホンダ純正品です。
イメージ 8

カワサキのメーターにもボルトオン。
イメージ 9
ケーブルは、キャブとの前を上ってエンジンの上を通します。
イメージ 10
残りの作業はイグニッションコイルの移設です。
イメージ 11


この記事に

開くトラックバック(0)

初めから前後18インチのワイドなラジアルタイヤ仕様だそうで、
フロント19インチは未経験とのこと。
19インチを体験したいそうなのでノーマル戻ししてみることに。
イメージ 1

フロントはノーマルサイズのバイアスタイヤに更新します。
イメージ 2

現状はチューブが入った古いK300GPです。
イメージ 3

リムの内側は積年の汚れが蓄積しているのでリフレッシュしておきます。。
イメージ 4


イメージ 5
洗浄して、バルブも新品に交換。今度はチューブレスです。
イメージ 6

バランス取りします。
このあと、入荷を待ってベアリングも新品交換します。
イメージ 7

強化タイプのフロントアクスルが装着済ですが、
右側クランプの向きが前後逆でした。
イメージ 8

この手のアクスルクランプは、前後で高さが違います。
高い方を先に締めて密着させ、低い方は隙間が平行にできるのが正解。
通常、密着側を前にして取り付け、これで本来の剛性が確保できます。
イメージ 9

フロントフェンダーもノーマルに戻します。
イメージ 10
今回、スピードメーターケーブルの取り出しを
アウトプットシャフトからに変更します。
イメージ 11

中空穴にドライブ用のピンを装着します。
イメージ 12


イメージ 13
ホンダ純正のスピードメーターギヤBOXを取り付けます。
イメージ 14

仮組みするとこんな感じ。
本体はノーマルのスプロケカバーを被せれば隠れてしまいます。
イメージ 15

スプロケカバーにケーブル取り出し用の穴を開けます。
イメージ 16

これで取り付け準備完了。
イメージ 17


この記事に

開くトラックバック(0)

Z1000Mk2 O.K様 試運転

エンジン整備、及びバックステップ、リヤブレーキなどを変更したので、
作動確認のため試運転します。
Mノズルが入っているので、開け始めの加速がすごくいいですね。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
ステップの位置は標準的なお勧めの位置です。
イメージ 3
 
イメージ 5
ステップがフレームに近いので、
かかとやくるぶしでバイクをホールドできます。
イメージ 6
チェンジペダルは、カワサキワークス車のデザインをモチーフに、
ペグと同軸タイプのデザインにアレンジしてあります。
ペダルは正逆両方のチェンジに対応しています。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
イメージ 9
リヤキャリパーはノーマルを下向きに改造したもの。
ローターはノーマルのφ290ミリ。
イメージ 4
フレーム補強を避けるため、
リヤマスターはそれより高い位置に設置しています。
イメージ 11
 
 
イメージ 10
 
 
 

この記事に

つま先に当たるようになったサイドスタンドを修正します。
イメージ 4
曲がりのところで3分割にし、直線的につなぎ直します。
同時に長さも微調整します。
イメージ 1
断面のほとんどが溶接できるよう、
大きく開口して中心の方からビードを盛っていきます。
イメージ 2
少し盛り上げて、後はきれいに削って完成です。
イメージ 3
スラリとした脚になりました。
イメージ 5
傾きも起こしてあります。
イメージ 6
エンジンハンガーです。
バックステップ変更に伴い、リヤマスターはノーマル位置に戻すのですが、
フレーム側にリヤマスターブラケットが無いので、
ハンガーとマスターステーを一体化してマウントします。
イメージ 7
ハンガーが厚くなる分、バッテリーケースのブラケットを少し短縮します。
イメージ 8
 
 
イメージ 9
左右ハンガーは、全て10ミリ厚です。
イメージ 10
 
 
イメージ 12
 
イメージ 11

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事