ここから本文です

書庫Z1000R2 M.H様

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

スピードメーターギヤBOXを組み込むと、
フロントホイールの回転が渋くなるとのことで、現在はカラーで仮組状態。
分解点検します。イメージ 1

レシーバーが変形しているので、単純に乗り上げしていただけと思われます。イメージ 2

レシーバーを修正して組み付けると、ホイールはスムーズに回ります。
レシーバーはまだ新品が出るので、入荷したら後日交換することにし、
先ず、ここは解決。
イメージ 3

続いてリヤキャリパーです。
塗装後に組み立てたとのことですが、
ダストシールがうまく入っていないかもしれないとのこと。点検します。イメージ 4

ダストシールは1ヶ所めくれたようになっています。イメージ 5

ピストンを半分出してみると、やはり一部分を噛みこんでいたようです。イメージ 6

一旦ピストンを抜いて点検します。
シールにキズは無いので正しく組めば大丈夫。イメージ 7

組み直しました。これが正規の状態です。イメージ 8

続いて、コイルとコードの組み立てです。
こちらのコイルに新しいシリコンコードとキャップを組み込みます。
イメージ 9

ジョイントナットを外して、内部の構成部品を確認します。
プラスチックワッシャーとゴムのリングも全て揃っています。
イメージ 10

コイルをよく見ると、クラックがはいっていました。
念のため、2個とも部品取り用のスペアと交換することに。
イメージ 11

スペアのコイルを使って再度組み立てます。イメージ 12

シリコンコード取り付け終了。イメージ 13

続いて車体側の作業です。
ハーネスは載せてある新品を使いますが、
オイルクーラーを避けたレイアウトにするので少々加工します。
イメージ 14

前方50センチほどの被覆を剥がしてバラします。イメージ 15

3本に分割して、それぞれテーピングします。
これでスリムでフレキシブルになるので、タンクの隙間を通しやすくなります。
イメージ 16

続いて、ジェネレーター周りの配線を接続し、スプロケカバーを復元します。イメージ 17

レリーズレバーのケーブル受けの軸穴がかなり摩耗しています。イメージ 18

レリーズレバーは新品に交換します。イメージ 19

スプロケカバーを復元し、クラッチレリーズの遊びを調整します。イメージ 34

チェンジリンクの軸受はグリスアップしておきます。イメージ 20

欠品していたスラストワッシャを取り付けて、スナップリングで固定します。イメージ 21

新しいハーネスの艤装は、先ずバッテリー周辺を決めてから、
前後に這わしながら固定していきます
イメージ 27

テール周りはこんな感じ。イメージ 28


フレームネック辺りはこんな感じ。イメージ 22

プラグコードは、現車合わせで長さを決めてカットし、キャップと接続します。イメージ 23


プラグコード完成。イメージ 24

タンクのダンパーは劣化しているので交換します。イメージ 25
イメージ 26

左のハンドルスイッチは、配線が切断されているので修復します。イメージ 29

修復後はこんな感じ。イメージ 30

一通り配線が終わって動作確認したところ、スターターが回りません。
端から点検していくと、スタータースイッチの異常にたどり着きました。
イメージ 31

スターターボタンの接点が焼けていたので、接点復活剤で修復します。イメージ 32

エンジンの始動以外、電装品の動作点検は終了です。イメージ 33

この記事に

開くトラックバック(0)

オールペンしたてのB2ベースのタンクですが、
後からキャブがこちらのCR35に決まり、コックの移設が必要になりました。
スピゴットを延長すれば成立しますが、延長は無しとのことです。
イメージ 1

Z1100-B2のタンクなので、コックはM22のネジタイプです。イメージ 2

先ず、ホールソーでネジを切り取ります。イメージ 3

コックを移設する位置はこの辺り。使用するのは定番の1100刀純正コックです。イメージ 4

必要な部分を切り取ります。イメージ 5

裏面にナットを取り付けたベースプレートを準備します。イメージ 6


イメージ 22

溶接の熱で表側の塗装が焼けないよう、濡れタオルで冷やしながら行います。イメージ 7

ベースプレートが歪まないよう厚板で固定し、溶接で点付けします。イメージ 8

なるべくタンクの温度が上がらないよう、少しずつ溶接していきます。イメージ 9

全周ぐるっと溶接します。特に外側の部分は、塗装が傷まないよう少しずつ。イメージ 10

無事に表側の塗装を傷めずにできました。イメージ 11

オイルストーンで平面度を上げておきます。イメージ 12

イメージ 13

弱いエア圧で、漏れチェックしておきます。
イメージ 14

車体に載せて、確認します。イメージ 15

レバーの操作も問題無いようです。イメージ 16

続いてフロントキャリパーサポートの製作です。
Z1000J用フォークにφ320ミリローターの組み合わせです。
イメージ 17

サポートは10ミリのジュラルミン板から切り出します。イメージ 18

イメージ 19

最後にナイロンマットでヘアライン仕上げして完成です。イメージ 20

取り付けるとこんな感じ。イメージ 21

この記事に

開くトラックバック(0)

オーナーさん自らレストア中の1000R2、
ご自身で手に負えない所だけお持ち込みでの作業です。イメージ 1

今回はマフラーステーの再生と電装系などの作業が中心です。イメージ 2

マフラーは、サイレンサーのステーが改造されているものを使用するので、
元の形に戻します。イメージ 3

バッフルを取り外します。イメージ 4

ステーを削除します。イメージ 5

エンドも少し潰れて歪んでいますね。イメージ 6

板金して大方修正しておきます。イメージ 7

KERKERノーマルサイズのステーを鉄板から切り出します。イメージ 8

元の位置に溶接します。イメージ 9

表から見るとこんな感じ。イメージ 10

現車に取り付けて確認します。イメージ 11


ステーを後ろから見るとこんな感じ。イメージ 12

加工が済んだら、セラコートするのでエキパイも外して発送準備します。イメージ 13

この記事に

開くトラックバック(0)

新しくガンコートしたエンジンです。
ズレていたクランクは交換し、ヘッドもB1からR1に変更してあります。
もともとベースはB1のエンジンでした。ケースはJEになっています。
イメージ 1
だいぶ前にパウダーコートしておいた1000R2のフレームに搭載します。
イメージ 2
ホコリを拭いていたら問題発覚。
イメージ 3
フレームの底のところに大穴が開いていました。
塗る前にはありませんでしたが、塗装屋さんからも何も知らされず・・・。
イメージ 4
せっかく塗った塗装を少し剥がして溶接で埋めます。
周辺もかなり肉薄になっている模様。熱が直ぐまわります。
イメージ 5
薄いところを盛っていったら、こんなに広範囲になってしまいました。
イメージ 6
研いだら肉盛り、を繰り返し、
イメージ 7
ようやく元の径を復元。
イメージ 8
基本的にご自身で組まれているので、
足掛け10年掛りの復活プロジェクトでしたが、
今年中には公道に復帰できそうですね。
イメージ 9
 
 
イメージ 10

この記事に

今回のエンジン分解の目的は単純に塗装だけでした。
想定外のクランク芯ズレがあったので、
新しく調達した上物のクランクを組み込みます。
イメージ 1
ミッションは少し摩耗があったので、分解して点検します。
イメージ 2
こちらのドグに摩耗がありましたが、
ギヤ抜けなどの症状は出ていなかったので、今回は継続使用となりました。
前回組んでから、TOFや練習で筑波だけを走っていたのですが、
その間に摩耗が進んだようです。
今後はゆっくりと公道のみを走らせるそうです。
イメージ 3
 
イメージ 4
シリンダーには少しスカッフがあったのでホーニングしておきます。
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
ガンコート仕上げでエンジンが再生できました。
イメージ 8
Before
イメージ 9

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事