ここから本文です

書庫Z1000J O.H様

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

既存のオイルクーラーコアのサイドに、当時製品風に穴を開けます。
こちらも日帰り作業のご依頼です。
イメージ 1

加工は、車載状態で可能です。イメージ 2

型に合わせてポンチを打ち、一文字ドリルで穴開けしていきます。イメージ 3


穴開け終了。イメージ 4

イメージ 5

バリ取りして軽く塗装したら完成です。イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

スタンドフックをS1スイングアームと同形状のものに変更します。
イメージ 1


イメージ 3

既存のフックを削除します。
イメージ 2
製作してあるS1スイングアームと同形状のフックを溶接します。
取り付け位置もS1と同じエキセントリック中心から80ミリの位置です。
イメージ 4







これだけでもだいぶS1度が上がります。
イメージ 5


この記事に

開くトラックバック(0)

マフラー形状変更のご依頼です。
現状はKERKER KR管をカチ上げ加工したものです。
サイレンサーの差し込みも廃止され、エキパイと溶接で一体化されています。
イメージ 1

出来上がりのイメージはこんな感じです。イメージ 23

さて、外したマフラーのどこを切断して加工するか検討します。
黄色いマークの位置が切断するところ。三角ステーも作り直します。
サイレンサーは差し込み式に戻します。
イメージ 2

既存のステーを根元の補強板ごと削除します。イメージ 3

差し込み用のパイプを平板を丸めて作ります。イメージ 4

徐々にローラーの間隔を狭くして何度も通します。イメージ 5

丸くなったらローラーを外して取り出します。イメージ 6

合口を溶接します。イメージ 7

サイレンサー入口に溶接します。
バンドで締める部分には割を4ヶ所入れておきます。
イメージ 8

使用するバンドはKERKER純正同様Tボルトタイプを使用します。
こちらのエスコの製品は1000円以下と安価ですが実用十分です。
イメージ 9

立ち上がり部分を前方に移動し、車体に沿うように配置します。
サイレンサー手前のストレート部分を延長し、
テールエンドがリヤアクスルまで来るようにします。
あとは現車合わせでカチ上げ角度を決めて、集合部直後を仮溶接します。
イメージ 10

一旦外して本溶接します。今回のストレート部延長は140ミリです。イメージ 11

ブラケットを検討するため仮付けします。
今回の角度はノーマルフレームでは限界級。
イメージ 12

トラススイングアームとの位置関係もちょうどいい感じ。イメージ 13

サイレンサーステーは整備性を考慮して2分割タイプにします。
この三角プレートをバックステップと共締めにして、
独立した吊り点を下に設置します。イメージ 14

現車合わせでサイレンサー側のステーを製作し仮溶接したら、
再度外して本溶接します。
イメージ 15

これでマフラー脱着もしやすくなりました。イメージ 16

簡易的に塗装するのでペーパーで軽く表面を慣らします。イメージ 17

使用する塗料はこちら。黒染め用スプレーです。
KERKERっぽいガンメタに仕上がります。耐熱性もそこそあります。
イメージ 18

これでAMAルックが完成です。イメージ 19

イメージ 20
m
mイメージ 21

サイレンサーの張り出しも最小限に。(^^)イメージ 22

この記事に

開くトラックバック(0)

サイドスタンドを脱着式に変更します。イメージ 1

現状は、高い車高に合わせてノーマル延長で対応されていましたが、
今後のサーキット走行を考えて脱着式に変更します。
今回も素材はZXR250純正スタンドです。
イメージ 2

先ず、既存のスタンドブラケットを削除します。イメージ 3

フレーム表面の状態は良好です。イメージ 4

削除痕を研磨して仕上げます。イメージ 5

素材を合わせてみます。下寄りにつければ長さはちょうどいいようです。イメージ 6

水平より少し下向きに穴を開けます。イメージ 7

安心してください。フレーム内部はサビも少なくきれいでした。イメージ 8

こちらのボスを溶接します。イメージ 9

スタンドを仮止めし、位置決めにします。イメージ 10

そのまま溶接で点付けします。イメージ 11

外側とエンジン側両方とも全周溶接します。イメージ 12

スタンドを仮組してみます。
払い出しのストッパー位置を微調整して、このくらいでいいでしょう。
イメージ 13

跳ね上げ側はちょうどこのままでOK。
このままでは、跨った状態でスタンドが出しにくいようです。
イメージ 14

出す時のひっかけの突起を下側に移動します。これで大丈夫。イメージ 15

加工部分は刷毛塗りし、脱着式サイドスタンドの完成です。イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20


このままでもバンク角はかなり確保できました。イメージ 21

この記事に

開くトラックバック(0)

今回加工したアルミ部品のアルマイトが完成しました。
S1エキセントリック用の色で全て統一です。
イメージ 1





















早速組み込みます。
イメージ 2





































実はこのエキセントリックは試作品で、
販売用はまだまだ納期が掛るので後日交換ということでお願いします。
イメージ 3





















この試作品はエキセンに雌ネジが切ってありますが、
正規品はシャフトが貫通してナット止めになります。
イメージ 4





















近所の桜の名所は、どこも桜吹雪の様相です。
イメージ 5






















この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事