ここから本文です

書庫Z1000Mk2 K.T様

記事検索
検索

全1ページ

[1]

純正サイドスタンドの曲がりと長さを修正するので3分割します。イメージ 1
直線に配置して現車合わせで長さを決めたら溶接します。イメージ 2
V字開削した接合面を元の太さまで盛っていきます。
イメージ 3
研磨して完成です。イメージ 4
サイドスタンドでの傾きはこれくらいです。イメージ 5


跳ね上げたサイドスタンドは、かなり車体寄りになったので、
つま先への干渉も無くなります。
イメージ 12



イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


踵とくるぶしでホールドでき、直付けのため剛性感もかなり上がります。イメージ 11
前よりも、人車一体になって駆け抜けてください。イメージ 6


この記事に

開くトラックバック(0)

リヤマスターは偏芯カラーを使って直接フレームマウントします。イメージ 1

プッシュロッドを少し後ろに向けるためです。イメージ 2

ペダルの位置に合わせて、プッシュロッドを一直線にするためです。イメージ 3
塗装のためシンナーで脱脂すると、パテ盛りの跡が出てきました。
この後刷毛塗りで塗装します。イメージ 4
サイドスタンドブラケットの角は、
チェンジリンクのピロボールと干渉するので角を少し削除します。イメージ 5
この位でOK。これはチェンジロッドを下に配置するための措置です。イメージ 6
仮組みして位置関係などをチェックします。イメージ 10

イメージ 11
一見、ペグは長そうに見えますが、
Z2の純正タンデムステップなのでゴムが短めです。イメージ 12
フレームからの突き出しは、靴の幅とほぼ同じです。イメージ 13
今回の角鉄スイングアームは根元が結構ワイドなので、
リヤマスターのプッシュロッドが薄型の特殊な形状になりました。
イメージ 7
鉄板をS字に曲げて、フレームとスイングアームをかわします。イメージ 8



イメージ 15
ブレーキペダルはお客様のお好みでショートタイプです。イメージ 9
S字の純正サイドスタンドは、チェンジ中のつま先に当たるので直線化します。
加工は次回へ。イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

ワークスタイプバックステップVer.2取り付けのご依頼です。
イメージ 1
市販のバックステップを限界までフレームに寄せて取り付けてあるそうですが、
直付けタイプのバックステップにして更に踵グリップを極めたいそうです。
イメージ 2

リヤ周りを外していきます。イメージ 3

既にマフラーステーは切り取り済みの車両ですが、
ブレーキペダルブラケットは残っているのでこれも切り取ります。
イメージ 4
エンジンがある時は工具が内側に入らないので、
外側から切り刻んで外していきます。イメージ 5
切断面を綺麗に仕上げたらステップのボスを溶接します。
イメージ 6

スイングアームピボットに通したシャフトを基準に位置出しします。
今回は標準のお勧め位置です。イメージ 7
市販のバックステップよりは少し下めなので、
膝が窮屈になることも少なくなります。
イメージ 8
市販のバックステップは、ノーマルサイドスタンドを避けるために、
どうしても後ろ寄りで高めの物が多い気がします。
サイドスタンドを対処して、ポジションを優先した作りにします。イメージ 9

イメージ 10


この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事