ここから本文です

書庫Z1000Mk2 W.T様

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

最近エンジン始動時に、
ジェネレーターカバー内からカツンと大きな音がすることがあるとのこと。
スタータークラッチの飛びが原因と予想し、部品交換することに。
イメージ 1

前回のエンジン分解時には、まだ継続使用できると思い未交換でした。イメージ 2

現状はめったに再現しないほど軽症ではありますが、
根本治療するために分解修理します。
イメージ 3

ジェネレーターカバーを外します。イメージ 4

ジェネレーターローターを外します。イメージ 5

やはりそれなりに消耗しているので、
スタータークラッチ周り一式を新品交換します。イメージ 6

先ず、スターターギヤはこんな感じです。左の新品と比較します。イメージ 7

下側が取り外したもの。ローラーによる線状の圧痕が無数にあり、
指で触るとわずかに凸凹が感じられる程度です。
イメージ 8

こちらはスタータークラッチのハウジング側。イメージ 9

奥が外したもの。こちらも線状の圧痕が多数あり、
触ると凸凹がわずかに解ります。イメージ 10
イメージ 11

こちらはローラー。右側3個が外したもの。イメージ 12


こちらは目視でのみ線上痕が解る程度。イメージ 13

新しいスタータークラッチに交換します。イメージ 14

合わせて、履歴のわからないスターターモーターも新品交換します。イメージ 15

今新品交換しておけば、一生物といったところでしょう。イメージ 16

ジェネレーターローターの締め付けは、規定値でしっかりと。
イメージ 17

修理完了です。イメージ 18

追加のメニュー。タンデムステップが垂れてしまうので修正します。イメージ 19

ブラケットとステップの組み合わせが合っていないようです。
ステップ側にスペーサーを溶接して延長します。
イメージ 20

これで荷重がかかっても水平を保つようになりました。イメージ 21

反対側も同様に加工します。イメージ 22

続いて、リヤウインカーのぐらつきを減らします。
現状はノーマルのラバーマウントなので、上下にグラグラ動く感じです。
これを、荷掛フックに耐えるよう、もう少し固く固定します。
イメージ 23

分解して、ひし形の樹脂製スペーサーを取り出します。イメージ 24

スペーサーの長さを4ミリほど詰め、ラバーの締め代を増やします。イメージ 25
イメージ 26

短いスペーサーをセットして組み付けます。イメージ 27

反対側も同様に。イメージ 28

これでリヤウインカーはかなり固定化できました。
ツーリングの荷物固定に便利になるでしょう。
但し、玉切れの頻度は若干早くなるかもしれないのでご注意を。
イメージ 29

この記事に

開くトラックバック(0)

梅雨のような天気が続く中、
今日の午前中だけ天気が持ちそうなので、エンジンの慣らしに行ってきます。イメージ 1

朝6時過ぎのガレージ前、路面も乾き始めています。イメージ 2

中央道の談合坂SAに到着。
途中、山間部は小雨にあったりしましたが、概ねドライで来れました。
イメージ 3

9時ごろ、折り返し点の小淵沢ICに到着。
MAX4000rpm、ここまでで約150km走行終了。
イメージ 4

復路は5000、6000とMAX回転を上げ、
八王子辺りからキャブセッティングを始めます。イメージ 5

キャブセッティングも終え、昼前にはガレージに到着。
イメージ 6

オーナーさんには雨天走行の許可をもらっていましたが、
塗装したてのエンジンとマフラーも、ほとんど汚さずに済みました。イメージ 7
この後、エンジンオイルを交換したら完成です。

この記事に

開くトラックバック(0)

スプロケカバーのバフ掛けと2次エアカバーのガンコートが完成しました。イメージ 1

レリーズベアリングは取付ネジの頭が舐めていて、
長期間分解整備していないようだったのでオーバーホールします。イメージ 2

ベアリングは11個あるので欠品無し、大きな損傷はないようです。イメージ 3

スナップリングを適正なサイズに交換して復元します。イメージ 4

シフトシャフトのオイルシールも交換し、スプロケカバーが完成です。イメージ 5

スプロケカバーをイメージ 6取り付け、クラッチレリーズの遊びを調整します。

ゴムが一部摩耗したステップペグを上下反転してもう一回使います。
ついでにワークスバックステップのグリスアップも実施。
イメージ 7

2次エアカバーは簡単なプレート製のため、
リードバルブ側の突起を削除しておきます。
イメージ 8

リードバルブは外周のゴムパッキンが必要なため取り付けます。イメージ 9

ヘッドカバーにリードバルブをセットします。イメージ 10

2次エアカバーを取り付けます。イメージ 11

キャブホルダーを交換して、負圧取出しの向きを上に変更したので、
負圧コックの口も都合のいい前向きに変更しておきます。
イメージ 12

イメージ 13

エンジンが完成しました。イメージ 14


あとは天気が良くなってからエンジンの慣らし運転とキャブセッティングです。イメージ 15

この記事に

開くトラックバック(0)

サイドスタンドでの傾きが大きいので修正します。イメージ 1

サイドスタンドを外してみると、ボルトが緩んでコの字の部分が広がっていました。イメージ 2

この部分の修正だけでだいぶ復元しそうです。バイスで力を加えます。イメージ 3

ボルトは少し締め気味にしたいので、ワッシャを入れて見かけの長さを短縮します。イメージ 4

ギリギリ動くところまで締め込んで、ロックナットで固定します。
ガタはほぼゼロの状態です。
イメージ 5

これでノーマル状態並みに傾きが復元しました。イメージ 6

あとは、バフ掛けに出しているスプロケカバーの仕上がり待ちです。イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

手持ちが足りなかったバルブシムが揃ったので、シム調整を進めます。
イメージ 1

バルブクリアランス調整完了です。イメージ 2

ヘッドカバーを付けて、エンジン本体組み立て完了です。イメージ 3

ホーンは小型の新品に交換します。イメージ 4

冷却風の通りも良くなりそうです。イメージ 5

イメージ 6

マフラーは新品を加工後、セラコートしたものです。イメージ 7

バックステップ用に加工していたブレーキペダルも、合わせてセラコートしました。イメージ 8

キャブ、マフラーなどのエンジン補器類を取り付けます。イメージ 9

完成までもう少し。イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事