ここから本文です

書庫Z1000J S.T様

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

Z1000J S.T様 試運転

組みあがったので試運転します。
エンジンのオイル漏れや各機能をチェック。イメージ 1
元々マフラーから白煙が出ていたので、その修理が主な目的でした。
最初の動画がこちら。
エンジン分解の結果、基本的にピストンリング交換のみで対応した結果がこちら。
慣らし中なので、5000rpmまでで確認しています。
エンジン分解のついでにアウトプットシャフトは後期型に変更するメニューも追加。
イメージ 2
ピストン、シリンダーなどは継続使用。リングのみ交換。イメージ 3
ヘッドも基本的に洗浄・点検・調整のみ。イメージ 4
エンジンを下したので、フレームの修正痕を再修正。
最初がこちら。イメージ 5
修正後がこちら。イメージ 6



Beforeイメージ 7
Afterイメージ 8

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

ノーマル1000Jはシートとテールカウルの隙間が開いていることがほとんどです。
これを修正します。イメージ 1
現在はフェンダーレスキットでテールランプがマウントされています。イメージ 2
テールカウルの前側はスペーサーで持ち上げます。イメージ 3
前側グロメット部分とシートの干渉をなくすため、
シート側に逃げのための穴を開けます。イメージ 4
シートベースに穴を開けたところ。
イメージ 5
テールカウルの後ろ側を持ち上げるため、
10ミリアップ用のテールランプブラケットを新たに作ります。イメージ 6
新しいテールランプブラケットを取り付けたところです。イメージ 7
これで前後とも約10ミリアップして、テールカウルを垂直移動します。イメージ 8
これでシートとのチリが合いました。イメージ 9


イメージ 10
左のハンドルスイッチは劣化しているので交換します。イメージ 11
使用するのはW650用純正新品です。イメージ 12

これで今回の加工は完成です。
主な変更点はワークスバックステップとマフラーカチ上げなどです。
テールカウルもシートに密着してすっきりしました。
エンジンも全分解の最低限オーバーホール済です。イメージ 13

イメージ 14
左側ワークスバックステップ。イメージ 15

脱着式サイドスタンド。素材はZXR250です。イメージ 16
スタンドを跳ね上げたところ。イメージ 20
サイドスタンドでの傾きはこのくらいに設定。イメージ 17
エンジンマウントの補強。イメージ 18
チェーン&スプロケの530化。
リヤスプロケはサンスター製ブラックハードアルマイト品。イメージ 19
右側ワークスバックステップ。ブレーキスイッチは油圧式。イメージ 21
フレームアンダーパイプの修正補強。
イメージ 22

イメージ 23


この記事に

開くトラックバック(0)

マフラーステーにはワークスタイプの補強板を追加します。イメージ 1

後で発覚したボルトの折れ込みを修理します。
奥に1センチほどのボルトが残っているので気が付きませんでした。
ドリルで揉んでヘリサート加工します。
イメージ 2
ヘリサートを入れたところ。イメージ 3

レリーズレバーの遊びを調整します。イメージ 4
スチール製のワークスタイプペダルです。イメージ 5
リヤマスターのロッドエンドは、
ペダル高さの調整代を稼ぐために切り詰めておきます。イメージ 6
マフラーは黒染めスプレーで塗装します。イメージ 7
一旦抜いたバッフルは、グラスウールを増してから取り付けます。イメージ 8

イメージ 9
バックステップとマフラーが付きました。イメージ 10

イメージ 11

マフラーのカチ上げ角度は、バックステップで規制されるのでこのくらい。
イメージ 12
リヤの車高をもう少し上げれば尚良し。
イメージ 13
サイドスタンドとチェンジペダルとのクリアランスも十分です。イメージ 14

イメージ 15
バンク角も十分。イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)

リヤエンジンマウントの補強をします。イメージ 1

イメージ 2
フレームの塗装をして、エンジン搭載の準備をします。イメージ 3
完成しているオーバーホール済エンジンを搭載します。イメージ 4
搭載終了。
イメージ 17
サイドスタンドでの傾きを確認します。少し立ち気味なので修正します。イメージ 5



脱着式サイドスタンドの素材はZXR250純正品。2センチほど短縮します。イメージ 6
大きく開削して深く溶接します。イメージ 16
イメージ 7
塗装して完成。イメージ 8
ちょうどいい角度になりました。イメージ 9
続いて既存マフラーのカチ上げです。
先ず、集合直後でカット、ここでカチ上げ調整します。イメージ 10

集合直後のストレート部分を短縮して、
マフラーがエンジン・フレームに近づくようにします。イメージ 11
サイレンサーをチェーンで吊って、カチ上げ角度を決めて仮溶接します。イメージ 12
1000Jの場合、カチ上げ角度はバックステップとのクリアランスで決まります。イメージ 15
一旦マフラーを外して本溶接します。
イメージ 13
m
もう一度取り付けて、今度はサイレンサーステーを仮付けします。イメージ 14
この後ホイールを外して裏側からも溶接します。

この記事に

開くトラックバック(0)

ワークスタイプバックステップを取り付けます。
主なパーツはこちら。イメージ 1
リヤ回りを外します。イメージ 2
ノーマルのステップブラケットを削除していきます。イメージ 3


先ず、大まかに切り取ります。イメージ 4
残った部分と錆びを研磨して滑らかにします。イメージ 5
続いてボスの溶接です。イメージ 6
規定の位置4ヶ所にボスを溶接します。イメージ 7

仮組みするとこんな感じ。
イメージ 8


この記事に

開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事