ここから本文です

書庫Z1000Mk2 K.H様

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

ワークスタイプのオイルクーラーを取り付けます。
今回は現車以外の準備はできるだけ事前に済ませ、日帰り作業での対応です。
昨晩トランポで出発し、早朝到着となりました。早速作業開始です。
イメージ 1

オイルクーラーコアはワークス車と同様に垂直に付けるので、
ノーマル車では邪魔になるガセットを切り欠きます。
先ずは、切り欠き線をマークします。
イメージ 2

大まかに切断したら、後はマーキングに沿って少しずつ削って合わせます。イメージ 3

フレーム側の下準備が済んだら、
用意しておいたアッパーブラケットを固定します。イメージ 4


アッパーブラケットをフレームのガセットに溶接します。イメージ 5

アッパーブラケットの上に、追加で補強プレートを溶接します。イメージ 6

オイルクーラーコアとロアブラケット仮止めし、
ロアブラケットのステーをフレームダウンチューブに溶接します。
イメージ 7

仮付けした後コアを外し、ロアブラケットステーを全周溶接します。イメージ 8

加工部分を刷毛で塗装します。イメージ 9

正面から見るとこんな感じ。ガセットが無いので風通しがかなり良くなります。イメージ 10

塗装が乾くまでの間に、リヤショックを交換します。
今回はナイトロンの特注品です。
全長360ミリ、ボーディー延長、ショートスプリング仕様です。
イメージ 11


リヤショックは1人乗り専用にセッティングします。イメージ 12

塗装が乾いたので、オイルクーラーの作業を続けます。
オイルの取出しはこんな感じ。
キャブの整備性を考慮し、
なるべく低いレイアウトでホースは後ろから立ち上げます。
イメージ 13

現車合わせでホースの長さを決めます。イメージ 14

反対側も同様に。イメージ 15

ワークスタイプの垂直マウントオイルクーラーの完成です。イメージ 16

このガセットカット式はデモ車で実験済で、
フロント周りの剛性感も、なんらノーマルと変わらないフィーリングです。
イメージ 17

何とか夜までに完成しました。
これからトランポに積み、8時間運転して自宅に戻られるそうです。イメージ 18
イメージ 19

この記事に

開くトラックバック(0)

ワークス仕様のオイルクーラーを製作します。
先ずはコアの加工から。フィンが変形しないよう養生します。
イメージ 1

ミミをカットします。イメージ 3

切断面はバリ取りと面取りをします。
下側がバリ取りと面取りが終わったものです。イメージ 2

続いて、サイドに穴開けするので位置をポンチで軽くマークします。イメージ 4

穴開け用のドリルを用意します。
刃先を一文字に研いだドリルと、突き抜け防止用のガイドになるゴムホースです。
イメージ 5

刃先が1ミリほど出るようにセットします。イメージ 6

穴開けします。深く貫通するとオイル漏れの原因になるので要注意。イメージ 7

1面8ヶ所の穴開けが終わりました。イメージ 8

穴から見えるフィンの端の方は、ドライバーでこじって端に寄せておきます。イメージ 9

穴の面取りをします。イメージ 10

近似色のシルバーで加工面を塗装します。イメージ 11

これで当時風のコアが完成です。イメージ 12

Mk2用のワークスオイルクーラーブラケットを製作します。イメージ 13

左が上側用で、フレームのガセットを切り欠いて溶接止めするので鉄製です。
右は下側用で、アルミ板を溶接で組み立てています。
下端の棒はフレームのダウンチューブに溶接止めします。
イメージ 14

コアを仮組するとこんな感じです。イメージ 15
イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)

特注したNITRONのリヤショックが完成しました。イメージ 1

オールブラックのステルスモデルをベースに、
ボディー延長で10ミリロングの全長360ミリに、
1人乗り専用セッティングのため、
スプリングはプリロードを調整し易いショートスプリングとしています。
イメージ 2

今風な要素をできるだけ消すために、
スプリングも分解してステッカー類を全て剥がします。イメージ 3

取り付けが待ち遠しいですね。(^^)イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

足回りが組みあがったので、
奥多摩のワインディングへチェック走行に向かいます。イメージ 1

前後タイヤとローターも新品なので、慣らしも兼ねての走行です。
イメージ 2

イメージ 3

中央道で一気に上野原に向かいます。
イメージ 4

上野原ICを降りて鶴峠の手前まで来ました。
イメージ 5

タイヤの皮むきも終えたころ、リヤローターはいい色に焼けてきましたが、
フロントローターはまだまだ当たりが付いていないようです。
イメージ 14

・そのままさらに進み、柳沢峠を越えて塩山へ下り一休み。
イメージ 15



イメージ 6

峠下りのハードブレーキングを重ね、フロントローターの当たりを付けます。
タイヤはサイドまで皮むきできました。ハンドリングもいい感じです。
イメージ 7


イメージ 8

そこから引き返し、初めての全開走行でメインジェットが合っていないのを確認。
上り坂を使い、何度も往復してメインジェットのセッティングをします。イメージ 9
メインも決まったところで、帰路につきます。
柳沢峠からの下りで、
更にフロントブレーキの当たり付けとフィーリングの確認をします。イメージ 10
奥多摩周遊道路まで来ました。
鋳鉄ローターのブレーキフィーリングが楽しく、
連続する下りでも安心してフルブレーキングできます。イメージ 16

ロングのチェック走行を終えガレージに戻ります。
イメージ 11

160マイル、約250kmのチェック走行でした。
イメージ 12

デモ車と一緒にツーショット。もう直ぐ納車です。(^^)
イメージ 13


この記事に

開くトラックバック(0)

ワークス車同様に、スプロケットカバーをカットします。イメージ 1

先ずはジグソーでケガキ線に沿って大まかにカットします。イメージ 2

カットできました。イメージ 3

切断面をベルトサンダーで整えます。イメージ 4

面取りして滑らかに研磨したら完成です。イメージ 5

フロントローターがワークスタイプになったので、
スピードメーターギヤBOXを移設しなければなりません。
このキットでミッションのアウトプットシャフトに移設します。イメージ 6

アウトプットシャフトの中空部分には、こちらのドライブピンを仕込みます。イメージ 7

斜めの割りをボルトで締め上げて、シャフト内部から固定します。イメージ 8

ギヤBOXはホンダの純正品を使用します。イメージ 9

裏側はこんな感じ。イメージ 10

中心を合わせて取り付けます。イメージ 11

接続するとこんな感じ。イメージ 12

スプロケットカバーには、ケーブルを通す穴を開けておきます。イメージ 13

カバーを付けたらスピードメーターケーブルを接続します。イメージ 14

念のため、クラッチレリーズの遊びも調整しておきます。イメージ 15

スプロケカバー周りが完成しました。イメージ 16

カムプラグからは少しオイル滲みがあるとのことで修理します。イメージ 17

ヘッドカバーを開けたらカムホルダーの締め付けトルクを確認します。イメージ 18

このエンジン、過去の整備履歴が不明なので、
カムチェーンローラーなども上から覗いて点検します。問題無いようです。イメージ 19

バルブクリアランスも点検します。こちらも問題無し。イメージ 20

ヘッドカバーを閉じます。エンジンはメンテされているようですね。イメージ 21

ドレンボルトにワイヤリングの穴加工をするので、オイルを抜きます。イメージ 22
イメージ 23

フラットタイプのボルトを使用しているので、6角穴に斜めに穴を開けます。
イメージ 24

穴開け加工後がこちら。イメージ 25

ワイヤリングするとこんな感じです。イメージ 26

フィラーキャップのワイヤリングはこんな感じ。イメージ 27

フロントのアクスルとキャリパーのワイヤリングはこんな感じ。イメージ 29

リヤアクスルは、βピンイメージ 28用の穴を追加工してこんな感じに止めます。

以上、ワイヤリングなどはTOT参戦の準備としての処置です。
イメージ 30

この記事に

開くトラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事