ここから本文です

書庫Z1000J I.T様

記事検索
検索

全1ページ

[1]

追加でリヤのスタンドフックを付けることに。
イメージ 2
取り付けるのはリヤショックの付け根辺り。
イメージ 3
磁石で仮止めして溶接します。
イメージ 4
左右のアライメントを確認しながら本溶接します。
イメージ 5
溶接完了。
イメージ 6
ワークス仕様のスタンドを掛けるとこんな感じです。
イメージ 1
イメージ 7
 
イメージ 8
 

この記事に

開くトラックバック(0)

上側のオイルクーラーバンドフックを溶接しました。
ノーマルのハンドルストッパーは削除します。
イメージ 2
ハンドルロックのキャッチャーも削除します。
イメージ 1


先ず大まかにサンダーで削除します。
イメージ 3

表面を滑かに仕上げます。
イメージ 4

ステアリングダンパーを考慮して、ハンドルストッパーの位置は少し修正しました。
イメージ 5


右フルロックの状態です。
切れ角が少ない状態でステアリングダンパーは最圧縮直前です。
イメージ 6

左フルロックです。
こちらも切れ角が少ない状態でステダンは伸び切り直前です。
イメージ 7

こちらはリヤマスターのリザーバータンクブラケットです。
イメージ 8

インナーフェンダーの切り欠きに合わせて、少し低めに取り付けます。
イメージ 9

リヤフェンダーの前側ステーを修正します。
イメージ 10

ステーはフェンダーにリベット止めです。
イメージ 11


ナットを締めるためのサービスホールも、作業性良く大きめに拡大。
イメージ 12

これでS1と同じ取り付け方法です。
イメージ 13
今回の加工はこれで終了です。
イメージ 14


イメージ 15




この記事に

開くトラックバック(0)

製作したシートマウントのブラケットをフレームに溶接します。
イメージ 1

シートを乗せてブラケットの位置を決めます。
イメージ 2

仮付けしたらシートを外して本溶接します。
イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 24
次は脱着式サイドスタンドへの変更です。
既存のサイドスタンドブラケットを削除します。
イメージ 6


イメージ 7

走行の少ないフレームなので、サビの発生も少ないです。
イメージ 8

表面を均します。
イメージ 9

ボスを取り付ける穴を開けます。
イメージ 10


イメージ 11

フレームパイプ内部のサビも少ないですね。
イメージ 12

ボスを溶接します。
イメージ 13

裏側はこんな感じ。
イメージ 14

表面を均しておきます。
イメージ 15

次に、ハンドルストッパーを溶接します。
イメージ 16

切れ角はネジで微調整できます。
イメージ 17

イメージ 18


イメージ 19

切れ角最小の状態。タンクを上げた際に有効です。
イメージ 20

サイドスタンドを仮付けしてみます。
イメージ 21

跳ね上げるとほぼフレームに沿うようになります。
あとは車高が決まってから長さを調整することになります。
イメージ 22


イメージ 23


この記事に

開くトラックバック(0)

t2ミリの鉄板からシートステーを製作します。
イメージ 1

ベンダーで曲げ加工します。
イメージ 2

バイスでプレスして形を修正します。
イメージ 3

裏側にナットを溶接して完成です。
イメージ 4

他にもS1タイプのハンドルストッパーと脱着式サイドスタンドの部品を製作。
イメージ 5

今回のハンドルストッパーはボルトで切れ角を微調整できるタイプです。
イメージ 6

脱着式サイドスタンドは、ZXR250純正品を小加工して流用します。
イメージ 7


この記事に

開くトラックバック(0)

Z1000-S1の部品を中心に集めてこられたそうで、
いよいよS1化計画のまとめに入るとのこと。
ベースはZ1000Jのフレームで、既に何か所もS1と同じ加工がされています。

今回、先ずはシートレール周りの加工から。
イメージ 1

シートレールをカットして、シートマウントをS1仕様にします。
イメージ 2

シートキャッチ回りも全部削除します。
イメージ 3

シート周りはS1の部品を使用します。
イメージ 4

因みにデモ車#60のシート回りもS1寸法なので、こちらが見本となります。
イメージ 5

基本的なところはノーマル部品を加工したものです。
イメージ 6

リヤフェンダーは前側を5センチほどカットしてあります。
こちらは止め方が少し違うようです。
イメージ 7

通常はパーツリストのような構造になっています。
イメージ 11




強度的にも有利なこちらの形状に変更しておきます。イメージ 8
シートブラケットもS1純正品です。
イメージ 9

シートへの取付は、このようなブラケットをフレームに溶接してマウントします。
イメージ 10

今回、市販S1と同じくタンクは上げない仕様です。
タンクを上げるとシートが少し後ろに行くので、
ブラケットの位置は共通化できませんのでご注意を。
イメージ 12



この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事