ここから本文です

書庫Z1000Mk2 K.Y様

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

ワークスタイプローターにするため、フロントホイールを加工します。イメージ 1

右側のオイルシールが入るこのフランジ部分をカットします。イメージ 2

ベアリングの手前まで粗削りし、ペーパーに当て木をして平面に慣らします。イメージ 3

ホイール側のベアリングは使用しないので外します。イメージ 4

タイヤはα14Zに交換します。イメージ 5

タイヤを外すと、リムの内側もかなり綺麗な状態です。
イメージ 6


バルブはアルミ製の短いものに交換しておきます。イメージ 23

タイヤカスだけ拭き取って、新しいタイヤを組み付けます。イメージ 7

バランス取りのため、ベアリング入りのインナーローターを仮付けします。イメージ 8

続いてリヤタイヤを組み替えます。イメージ 9

こちらもリムの内側は綺麗な状態です。
イメージ 10

ベアリングは全て新品交換します。イメージ 11

ダンパー側のベアリングを面一まで圧入し、
ダンパーハウジングをホイールに組み付けます。イメージ 12


反対側にして、ディスタンスカラーの長さを確認します。
ホイールよりかなり長いので、削って長さを調整します。
イメージ 13

1ミリほど削って、カラーがわずかに高い状態にします。イメージ 14

カラーに当たるまでベアリングを圧入し、スナップリングを付けます。イメージ 15

バランス取りします。
ややアンバランスなため、ウエイトは70グラムとなりました。イメージ 16

スプロケキャリアとホイールとの隙間を0.5ミリに設定するため、
ホイールより飛び出す純正のダンパーは、少し削って幅を狭くします。
イメージ 17

ホイール側は、ダンパーもベアリングも面一に設定。イメージ 18

中間のカラーは0.5ミリ飛び出す設定にします。イメージ 19
イメージ 20

クリアランスを最小にすることで、スプロケキャリアの倒れを減らします。
こうする方が、ベアリングやダンパーの耐久性が上がります。
イメージ 21

モーリスホイールの準備がほぼできました。イメージ 22

この記事に

開くトラックバック(0)

約1年ぶりのご来店です。
今回のメニューは、マグホイールとワークスタイプブレーキローターへの変更です。
イメージ 1

ハイポイント製モーリスはやっと探し当てたものだそうです。
リペイント歴があり、綺麗な状態です。
イメージ 2

先ずはネジ穴などをチェックします。
トルクがしっかりかかるかどうか、トルクレンチで締めてみます。イメージ 3

リヤのハブもチェックします。ネジは全てOKでした。イメージ 4

ダンパーを外して点検します。こちらも継続使用は大丈夫です。イメージ 5

カラーの一部はオーバートルクによるものか、
ベアリングに接する部分がかなり座屈しています。
イメージ 6

内部のカラーも座屈の心配があるので、分解点検します。イメージ 7

こちらのベアリングは奥まで入っておらず、かなり飛び出しています。イメージ 8

ベアリングはゴリ感もあるので、全部新品交換します。イメージ 9

ホイールの寸法も詳細に確認します。
それに合わせてローター周りの部品の寸法を微調整し、
修正した図面ができたら発注です。
アウターローターはプラスμさんのステンレス材で製作します。
イメージ 11

インナーローターは、取引先の加工場へ発注します。
何れも受注生産なので、完成までは暫くお待ちください。
イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

100km/hほどの高速走行時にフロント周りから激しい振動がありました。
ホイールのバランスを取り直してみたのでチェックに向かいます。イメージ 1

結果は多少良くはなったものの、
100km/h付近からまだはっきりとバイブレーションが感じられます。
もう一度点検します。イメージ 2

フロントアップしてキャリパーを外してよけておきます。イメージ 3

ホイールを回転させるとリムの振れはありませんがタイヤ単体で振れています。
先ず縦振れの様子がこちら。
イメージ 4


タイヤの振れ 縦

続いて横振れの様子がこちら。
イメージ 5


タイヤの振れ 横

特に大きな振れとは言えませんが、他に原因らしきものが無いので、
あとはタイヤを交換して様子を見るしかないようです。

この記事に

開くトラックバック(0)

今回最後の作業となるキャブセッティングに向かいます。イメージ 1

土曜の朝ですが、珍しく中央道は渋滞無し。
とはいっても交通量は多いので、
メインジェットの選定ができるほどのクリアはなかなか取れず。
イメージ 2

ようやく1回目の交換です。気温は一桁で日陰は寒い(><)。イメージ 3

八王子ICで引き返します。日陰の路肩にはまだ先日の雪が残っています。イメージ 4

上り線でもまたメインジェットの交換です。日向はぽかぽかと暖かいです。
対向の下り線は渋滞が始まったよう。イメージ 5

メインジェットの選定が終わりガレージに戻ります。イメージ 6

ヘッドライトのバルブが切れたので交換します。イメージ 7

キャブは今日のデータから最適セットにするため一旦外してリセッティングします。イメージ 8

イメージ 9

スロットルケーブルも今よりフィットする短い物に変更します。イメージ 10

高速走行中に確認した、フロント周りからのバイブレーションの原因を調べるため、
ホイールを外してウエイトバランスを確認します。
イメージ 11

元々付いていたウエイトは2ヶ所に分散して付いており、
全体で10gほどのアンバランス状態です。
バランスを取り直します。イメージ 12

これでもう一度高速でのチェック走行をして完成です。イメージ 13

この記事に

開くトラックバック(0)

ジェネレーターカバーのカット加工をします。
ジェネレーターローターはノーマルを残したストリート仕様です。イメージ 1

整備履歴が不明なので、スタータークラッチまで分解して点検しておきます。イメージ 2

クランクのテーパーは綺麗です。イメージ 3

スタータークラッチは、取り付けのM8ボルトのトルクが弱く、
念のため分解して点検します。内部は特に問題無いようです。イメージ 4

ローターの外周4ヶ所にはこじったような跡が付いています。
以前の分解時に付けてしまったのでしょうか。イメージ 5

バリも出ていたので、綺麗に均しておきます。
イメージ 6

スタータークラッチを組み立てます。締め付けトルクは規定値の4kg・mで。イメージ 7

ローターをエンジンに組み付けます。
ボルトが共通なので、こちらは1000Jの規定値の16kg・mで締め付けます。イメージ 8

ジェネレーターカバーにカットラインをケガキます。イメージ 9

カットしたらエンジンに仮組してクリアランスを確認します。イメージ 10

ガスケット無しで約1ミリのクリアランスです。イメージ 11

カット部分に5ミリのアルミ板を溶接します。
熱で歪まないよう、ダミーエンジンに取り付けて行います。イメージ 12

溶接完了です。イメージ 13

念のため、オイル漏れ防止に裏側にはシリコンボンドを塗っておきます。イメージ 14

カットカバーの完成です。イメージ 15

イメージ 16

続いてフロントホイールベアリングを交換します。
事前点検の結果、回転にゴリ感がありました。イメージ 17

新しいシール付きのベアリングを圧入します。イメージ 18

フロントキャリパーも分解点検します。
事前点検で、両側ともダストシールが脱落していました。イメージ 19

念のため、ピストンまで分解点検します。
ピストンには点サビが数ヶ所あります。イメージ 20

サビの出っ張りはないので、ペーパーで均しておきます。
キャリパー含めブレーキ周りは交換予定があるので、今回は暫定です。
イメージ 21

ダストシールの脱落は、
押さえリングの圧入代が弱くなってリングが抜けやすくなっていたせいでした。
元通り嵌め直して様子を見ることに。イメージ 22

キャブセッティングの前に試運転しておきます。
外気温は9℃、すっかり冬ですね。
イメージ 23

この記事に

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事