ここから本文です
不死鳥!蘇る日本、未来に向けて自虐からの脱出
日本国再生を夢見て、ブログ記事を更新します!!!・・・

書庫全体表示

マンモスを蘇らせて地球を救う──ハーバード大学
Newsweek : 



寒さに強い血液、長い毛などマンモスの特徴をもったゾウなら(上はイラストです) Aunt_Spray/iStock.

<北極圏の永久凍土から放出されるメタンが激烈な気候変動をもたらす「メタンの時限爆弾」を、寒さに強いマンモスのDNAで回避する>

遺伝子組み換えにより、既に絶滅したマンモスと、現生生物のゾウの交配種を作り、北極圏に送り込もうという計画がある。目的は、北極圏の永久凍土に閉じ込められていたメタンが温暖化で漏れ出し、地球環境に壊滅的な影響をもたらす「メタンの時限爆弾」を防ぐことだ。
 この計画を提唱したハーバード大学の研究チームは、耐寒性のある交配種を作り、北米およびユーラシア大陸に広がる寒帯に放つことは可能と考えている。英テレグラフ紙の報道によると、数カ月以内に、このテーマに関する最初の論文を発表する予定だという。

現在、この一帯には大型の哺乳類が生息していない。そのため、冬に積もった厚い雪の層は、踏み固められたり削り取られたりすることもなく、冷気が雪の下の地中まで達しない。さらに夏の気温上昇も相まって、北極圏の永久凍土層は溶け始めている。落ち葉などの有機物が腐敗することなく蓄えられた永久凍土が露出した状態となり、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの形で、炭素が大気に大量放出される恐れが出てきている。

寒さに適応した血液!〜、
「メタンの時限爆弾」として広く知られる脅威だ。放出される炭素は、世界中の森林をすべて焼き尽くす量の2.5倍にも達すると考えられている。

世界的に有名な遺伝学者である、ハーバード大のジョージ・チャーチ教授が10年以上率いる研究プロジェクトの一環として、シベリアの氷が溶けて発掘されたマンモスから、44の遺伝子を採取した。
 プロジェクトでは、これらの遺伝子をアジアゾウのゲノムと接合する計画だ。実現までにはまだ多くの年月がかかると見られるが、成功すれば、マンモスの形質を備えたゾウが誕生することになる。特徴は、寒さに適応した血液や長い体毛、分厚い脂肪層などが挙げられる。

新種のゾウは、寒帯以外でも、アジアゾウの個体数減少によって脅かされている生態系の維持に役立つ可能性がある。象牙を狙う密猟者による乱獲を防ぐため、遺伝子操作により牙が生えないようにするほか、今のゾウよりも多くの種類の植物をエサにできるようにすると、チャーチはテレグラフ紙の記事で構想を語っている。

数カ月以内に公表されるという最初の論文の中で、チャーチは、交雑種を育てるための人工子宮を作るのに利用可能と考えられる手法を提示するという。絶滅危惧種のアジアゾウに受胎させるのはリスクが高いためだ。
 さらにチャーチの研究室では、研究の一環として、アジアゾウが感染する種類のヘルペスウイルスを実験室で合成し、治療法やワクチンの開発に役立てたいとの構想も持っている。

                                     

ブログ管理人考:

日本の世相は!〜
異常なほどに歪んでいる!・・・
国体運営を司る『政・官』は国家間もなく!・・・
我欲の赴くままに見を委ね国家安泰のための『百年の計!』などの発想は皆無で、付け焼き刃的なものしか念頭にない!。

国会での茶番劇は頂点を極めている!〜
     個人攻撃に身を焦がし!・・・
安倍総理が倒れるまで『モリカケ問題』で国会を空転させている国賊・腐れ野党の面々!・・・
不逞外国人がのさばり、この外国人を斟酌し、日本国民を差別する政権!・・・

おっとと、しまった!〜、
今日のブログ更新記事はのっけから脱線してしまった!・・・

心が穏やかになる、明るいネタがなく、ネットサーフィンを続けているうちにやっと探し出した ❝ 荒唐無稽!❞ と言っても差し支えない笑い話の範疇にはいるトピック!・・・
 然も、このトピックは、かの世界の頭脳と言われている米国ハーバート大学発です。

拙ブログの来訪者の方々は、記事を読み!〜、
『メタンの時限爆弾説』をどう思いましたか?・・・
これから新種のマンモスを造り、広大なツンドラ地帯に解き放ち、マンモスが踏み固める大地が、メタンガスを閉じ込め大気中に拡散するを防ぐ!・・・
科学者の頭脳は子供のような働きを時折し、荒唐無稽(夢想的)なアイデアを発想する。此れが天才的な科学者ゆえんである!と言える。

氷が解けて大気中に放出されるメタンガスは!〜、
世界中の森林をすべて焼き尽くす量の2.5倍にも達すると考えられている!・・・
此れだけ、無尽蔵とも言えるメタンガスが地下で眠っているなら、永久凍土(ツンドラ)地帯に沿って地形的に理想な場所を選んで、巨大なヒュールセル(燃料電池)発電所を建設し、ギガワット級の発電装置をメタンガスで稼働させ電力を得る。此のプロジェクトの方が現実味があります。
また、メタンガスはトヨタの次世代カー(ミライ)、燃料電池カーの燃料になるので、メタンガスを経済的、採算が合うような取り込み方法を設計し、メタンガス抽出施設建設する。此れがブログ管理人の永久凍土から放出されるメタンガス対策です。
この発想もハーバード大学の研究チームのプロジェクト『マンモスを蘇らす』と同じように荒唐無稽!と言えるかも知れません!。


この記事に

  • 顔アイコン

    >日本の世相は!〜
    異常なほどに歪んでいる!

    全くその通りです。
    しかし、我々は日本国のためにも逃げるわけにもいかず、あきらめずに何とかしていかなければなりません。

    同じように、科学者の夢のような発想が実現されていくことに、希望を持って参りたいと思います。

    ナイス

    さくらの花びら

    2018/5/17(木) 午前 7:25

    返信する
  • アメリカ人の発想は、時に常軌を逸してますが、こう言うユニークな想像は我々日本人を凌駕しますね。マンモスを作って氷の大地を踏み固める?まず日本人では、出てきませんね。しかし、自然と協調ではなく、品種改良と言う手段で挑む事が、果たして神様が御許しに成るのか?その辺りは、複雑な心境で記事を読ませて頂きました。

    ナイス☆

    so-kei♪

    2018/5/17(木) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > さくらの花びらさん!・・・
    私は海外住まいの身であり、日本国の為には何も出来ず無力感に襲われる事が屡々あり、忸怩たる思いです。
    科学者は私達に夢を与えてくれますね!。
    日本の政治家の脳細胞を活性化させ国を愛するような装置を発明して貰いたいものです。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午前 8:24

    返信する
  • 顔アイコン

    > so-kei♪さん!・・・同感です!。
    この様な発想は日本人には絶対に無理だ!と私も思います。
    矢張り品種改良が引っ掛かりましたか!、アイデアは良いのですが、品種改良は悪魔の手法ではないのか?と私も一抹の不安を払拭出来ません。
    品種改良に途上で手に負えない怪物となり人間に災いを為す❢、恐れもあります。
    神の領域を犯すプロジェクトは両手を上げて賛同するのは困難です。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午前 8:30

    返信する
  • 顔アイコン

    ハーバード大が本気で研究しているとは思えない非現実的な論文ですね〜。

    日本では予算も下りないでしょうね〜。
    それが日本の悪いところでもあるような気がしますが。

    小山さん、脱線しまくりですやん^^;

    ナイス☆

    鉄人軍団

    2018/5/17(木) 午前 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鉄人軍団さん!・・・
    ハーバード大学チームは本気だ!と私は思います。
    この様なプロジェクトは日本では間違っても予算はおりず、米国だから出来る事です。
    私は、これから頻繁に脱線しますが、此れがストレス解消法です。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午前 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    仰天の永久凍土に眠るメタンガス消費利用計画ですね。

    一服の清涼剤と成りました。

    よかもん人生

    2018/5/17(木) 午前 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    > よかもん人生さん!・・・
    私もこの様は奇想天外なプロジェクトは大好きです。
    若者よ夢を見よ!と言いたいものです。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午前 10:51

    返信する
  • こんにちは。

    凄い計画ですね、まるでジュラシックパーク。アメリカはこんな途方もない計画を、実際やってしまいますからね〜凄い国ですナイス♪

    [ たくま ]

    2018/5/17(木) 午後 6:01

    返信する
  • 顔アイコン

    > たくまさん!・・・同感です!。
    アメリカしか実行に移せないプロジェクトです。
    まさに、仰るように、ジェラシックパークが映画ではなくて現実の物となりそうです。
    すごい国です。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午後 6:59

    返信する
  • 顔アイコン

    寒さに強い動物によって踏み固められることで、地球環境が守られる、という発想は単純にして明快ですね。
    我が国の野党ヒトモドキどもは我欲の塊で、目先の利益にしか目が向かない。
    古代生物ののほうが世のため人のためになるということですね。

    ナイスクリックです。

    [ nadarechan1113 ]

    2018/5/17(木) 午後 7:20

    返信する
  • 大地を踏み固めると言うシンプルな発想に驚きです。

    このことに特化した方々の発想で俗世にどっぷり浸かりきった大人には無い発想のような気がします。

    正にスクリーンの中の話みたいですね!

    [ 痛風のK ]

    2018/5/17(木) 午後 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    > nadarechan1113さん!・・・
    そうです、非常に単純明快な理論を実践しています。
    この様な単純な発想でジェラッシクパークまで引き上げるは、夢想する純粋な科学者です。
    ご指摘の通り、我欲の塊で保身に明け暮れる、日本の『政・官』よりは、古代生物の方が遥かに人類の為になるのは確かです。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午後 10:40

    返信する
  • 顔アイコン

    > 痛風のKさん!・・・同感です!。
    余り単純過ぎて、普通の人間に浮かばないアイデアです。
    世俗の垢にどっぷりと浸かる、特に政治家、逝かれ・左巻き大学教授どもの腐った脳細胞では絶対に浮かばないアイデイアです。

    [ gre*n*hub*32 ]

    2018/5/17(木) 午後 10:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事