温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

かさがた温泉 どんぐりころころ館 ころころの湯 

 兵庫県の笠形山山麓のリフレッシュパーク市川内にある温泉施設が、「どんぐりころころ館 ころころの湯」である。浴場は男女別の内湯が一つずつあるだけというシンプルなもので、源泉は陸路により輸送されている。
 分析表(日付:平成16年9月7日)によると、ころころの湯の源泉は源泉温度28.6℃(気温31.8℃)のアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)である。成分総計は254mg/kgで、PHが9.23もある。主成分はナトリウムイオン64.8mg、炭酸水素イオン124mg、炭酸イオン15.9mgなどで、分析表上の数値を見る限りではいわゆる重曹系の様相を見せるが、浴槽内では全く温泉らしさは感じられなかった。
 浴槽内の湯は加温された循環風呂で塩素系薬剤も使用されているため、強いカルキ臭がした。無色透明無味カルキ臭で、つるつる感はなしであった。温泉施設内に源泉自体がないため、源泉掛け流し風呂を作ることは物理的に不可能であり、現状の源泉利用状況を改善する余地はほとんどないのが残念である。
 なお、源泉は市川町上牛尾にある「かさがた温泉」(おそらく、「かさがた温泉 せせらぎの湯」のことと思われる)の源泉を陸路輸送していると掲示されていた。何を使って陸路輸送しているのかまでは書かれていなかったが、浴槽の容積が小さいので、一般的なタンクローリー輸送をする必要はないかもしれない。何個かのポリタンクに温泉を詰めて輸送するだけで用が足りそうな様子であったが、真相はいかに?
 私が訪問した日は、リフレュシュパーク市川内には子供連れの家族客がたくさんいて、駐車場も満杯であったが、驚いたことに「ころころの湯」への入浴客は私の他に誰もいなかった。おそらく、大半の家族連れは併設施設の「かぶと・くわがたわくわく館」の方に行ってカブト虫やクワガタを見たり、親水公園で遊んだりしていたのだろう。ここでは、温泉は思ったよりも不人気なのであった。
(訪問日:2005年7月17日)

兵庫県神崎郡市川町下牛尾2557−1
TEL:0790−27−0313
営業時間:11:00〜21:00
入浴料:400円
休館日:毎週火曜日

閉じる コメント(2)

もっと おくにいけば せせらぎの湯がありますたよ

2005/11/27(日) 午後 11:54 cho*o*6tu 返信する

顔アイコン

せせらぎの湯はまだ行ったことがないので、今度機会があったら行ってみますね。書き込みありがとうございます。

2005/11/28(月) 午後 6:03 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事