温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

全体表示

[ リスト ]

FILE#42 大鰐温泉 山吹湯

イメージ 1

イメージ 2

大鰐温泉 山吹湯 ★★★★

 大鰐温泉は約800年前に開湯されたと伝えられる津軽地方を代表する温泉で、太宰治の紀行小説「津軽」の文中にも少し登場する。明治時代に国鉄(現JR東日本)の奥羽本線大鰐駅(現大鰐温泉駅)が開業してからの一時期は湯治場として賑わいを見せたというが、現在の温泉街はやや寂れた雰囲気が漂っている。ただ、弘前から距離的に近く、温泉街もJR大鰐温泉駅や弘南鉄道大鰐駅から歩いてすぐという点から考えれば、アクセスには比較的恵まれていると言えるだろう。
 大鰐温泉には何軒かの公衆浴場があるが、山吹湯はその内の一つで、有人の古びた公衆浴場。男女別浴槽が一つずつというシンプルな構成で、地元の人に愛されている公衆浴場という印象だ。
 分析表(分析年月日:平成7年11月16日)によると、山吹湯は泉温68.6℃のナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉で、源泉名は大鰐統合泉(青柳3号源泉、石原源泉、植田源泉)となっている。おそらく大鰐温泉全体で集中管理されている源泉であろう。主成分はナトリウムイオン588mg、カリウムイオン35.5mg、カルシウムイオン190.2mg、塩素イオン895.5mg、硫酸イオン422mg、炭酸水素イオン149.5mg、メタケイ酸50.7mgメタホウ酸17.9mg、遊離二酸化炭素22mgなどで成分総計は2383mg/kg。湯にはさしたる特徴はなく、無色透明無味無臭であったが、タイル張りの源泉に熱い源泉が掛け流されていて、好感を持った。こういうシンプルな掛け流しの公衆浴場を見ると、心底ほっとする。
 私が今までに大鰐温泉を訪問したのは2004年8月と2005年4月の計2回。2005年4月の訪問時には、まだ温泉街のあちらこちらに雪が残っており、温泉街を流れる平川沿いに数羽の白鳥が佇んでいたことを記憶している。
(訪問日:2005年4月1日)

住所:青森県南津軽郡大鰐町
入浴料金:大人220円
入浴可能時間:6:00〜10:00、15:00〜21:00
定休日:毎月15日、25日

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事