温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 以前、ラムネ温泉館において飲用許可を受けずに飲泉場を作り、源泉を飲泉利用させていた事実をこのレポートで報告した。<当温泉レポートの(長湯温泉は「日本一の炭酸泉」か?(22) 参照>
 無許可での飲泉利用は、温泉法第十三条に違反する悪質な違法行為であるが、他の長湯温泉の温泉施設・旅館でも飲用許可を受けていないにも関わらず、飲泉可能の表示をしていた施設・旅館が複数あることが新たに判明した。
 
 飲用許可を受けていないのにも関わらず、飲泉可能の表示をしていた施設は以下の4施設・旅館である。

(1)大丸旅館
(2)友喜美荘
(3)水神之森(※1)
(4)万寿温泉 大山住の湯


 上記の4施設は「奥豊後温泉文化伝」(2005年3月発行、2006年3月改訂版発行、竹田直入温泉連絡協議会)の中で、飲泉可能のマーク(アイコン)が表示されている。この表示は2005年版も2006年版も同様である。
 つまり、この「奥豊後温泉文化伝」を見れば、上記の(1)〜(4)の施設は飲泉ができる施設だと判断できる。
 ところが、2007年7月17日付けで大分県竹田保健所に問い合わせたところ、同日中にこの4施設は飲用許可を受けていない施設であることが判明した。
 さらに、大分県情報公開条例における公文書公開手続きに基づき、2007年9月12日に取得した温泉利用許可台帳の写しを確認したところ、4施設は未だに飲用許可を受けていないことがあらためてわかった。
 すなわち、「大丸旅館」、「友喜美荘」、「水神之森」、「万寿温泉 大山住の湯」の4施設は、飲用許可を受けていないにもかかわらず、「奥豊後温泉文化伝」において飲泉可能な施設であると表示していたのである。
 
 ラムネ温泉館において無許可で飲泉利用されていた事実が判明した時、長湯温泉の他の施設でも同様のことが行われているではないかという懸念を抱いた。
 保健所への問い合わせによって、その懸念が現実のものとなってしまったのであるが、このような不当表示がまたしても長湯温泉の中で行われていたということは非常に残念である。

 以前にも取り上げたが、この「奥豊後温泉文化伝」の巻末には「奥豊後温泉郷の心からのお約束」として、「私達は正直な温泉であることをお約束します。」という宣言文が書かれている。
 しかし、飲用許可を取っていない源泉を飲泉可能と表示することは、「正直な温泉」に反することではないか。

 長湯温泉は「飲泉」ができるという特長を持つ温泉として、メディアに売り込んできたはずである。それなのに、飲泉許可すら取らずに「飲める温泉」と称してきたことは利用者を裏切る行為としか言いようがない。
 長湯温泉の関係者の方々は、そのことをもう一度肝に銘じてほしい。

(※1)2007年7月17日付けで大分県竹田保健所に問い合わた時点で、水神之森は飲用許可を受けていない施設であることが判明したが、これは水神之森が新規源泉を掘削するにあたり、古い源泉の飲用許可が取り消されたためであることが判明した。
 水神之森の古い源泉に関しては、平成10年に飲用許可が取得されているようである。この件に関してはまだ調査中であるが、飲用許可が失効した日時も含めてしっかりとした調査を行ったうえで、改めてこのレポートで訂正・および追加報告したい。
 なお、2007年9月12日に取得した温泉利用許可台帳の写しによると、水神之森の新源泉は2007年8月10日に浴用許可が取得されているが、飲用許可は未だ取得されていない。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

新進気鋭(しんしんきえい)意 味: 新しく登場して認められ、意気込みや才能が鋭いひと。

誰かに認められているの?

自分に都合良いように『新進気鋭』を解釈しているってのは長湯温泉とおんなじじゃない?

通りすがりさんの言う通りだよ〜
せめて自称付けたら良いんじゃない?

2007/9/21(金) 午後 6:30 [ たまむし ]

顔アイコン

あっでもブログに書かれている事は素晴らしいと思うよ。君が正しいしね♪でも自分で『新進気鋭』と名乗るのはどうかと思うよ〜

2007/9/21(金) 午後 6:32 [ たまむし ]

顔アイコン

たまむしさんへ
新進気鋭が「新しく登場して認められ、意気込みや才能が鋭いひと」という意味ならば、確かに自分で言うことじゃないので、おかしいですね。ということで、プロフィール欄の説明文から「新進気鋭」は消しました。それから、ブログの内容に関しては、できるだけ客観的内容だけを書くように心がけています。闇に葬りさられようとしている長湯温泉にある「不都合な真実」を世間の人に広く知ってもらうことが重要だと考えています。そして、長湯温泉の関係者にも早く正しい方向に向ってほしいという思いを込めて書いているのです。

2007/9/23(日) 午後 1:37 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]

顔アイコン

追記しておきますが、長湯温泉の中にも、嘘をつかずに真面目に営業している旅館・施設がいくつかあります。
これからはそういう旅館・施設も取り上げていかなければならないと思っています。それらの真っ当な旅館・施設が、誤って間違った方向に進んでしまった旅館や施設が目指すべきロールモデルになるでしょうから。

2007/9/23(日) 午後 1:41 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]

顔アイコン

こぶちゃんさんへ
・飲用許可を受けずに、飲泉場を作って利用者に飲用させる。そして、飲泉カップを売る。
・炭酸泉の施設は一軒もないのに「炭酸泉日本一」だと喧伝する。
以上のことは、悲しいことですが、長湯温泉で起こった「不都合な真実」です。
ちなみに、以前放送していた「あるある大辞典」でラムネ温泉が取り上げられ、飲泉許可を受けていないラムネ温泉の源泉を実験者が飲んでいました。

2007/9/23(日) 午後 1:47 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]

顔アイコン

飲用許可が厳しくなったのはいつからですか?長湯が飲泉していたのはいつ頃のことですか?その事を考えると飲泉カップを商業主義的等と批判するのはやめていただきたい!!確かに飲用許可を取らなくては行けなくなった時に取らなかった長湯も悪いと思いますけどね。そんなことに揚げ足を取ってるあなたのほうが悲しいよ。不都合な真実じゃないんだよ!!温泉は生き物でしょうが!採取した時から成分が変わるんだよ!アンタ体重を毎日チェックするのかい?日々変わるんだよ!それなら温泉成分を調べるのは何年に一度って決まっているのかい?以前は炭酸泉だったんじゃないか!それをどうこう言うあんたが可笑しいよ!!アンタ友達居る?そんな性格じゃ表面だけの付き合いの友達だけだろうね〜悲しいお人だ・・

2007/10/6(土) 午後 6:12 [ いえ ]

顔アイコン

こぶちゃんさんへ いえさんへ
昭和23年公布の温泉法第十三条にこのように書かれています。
「温泉を公共の浴用又は飲用に供しようとする者は、環境省令で定めるところにより、都道府県知事に申請してその許可を受けなければならない。」とあります。
つまり、今から半世紀以上前の温泉法において「温泉を公共の浴用又は飲用に供しようとする者は飲用許可を取得しなければならない」と定められているのです。
温泉を公共の飲用に供する場合は、浴用に供する場合と同様に許可が必要だというのは温泉法に定められているように、極めて常識的なことです。
それから、長湯温泉の全ての施設が飲用許可を取得せずに飲泉可能の表示をしていたというわけではないので、その点は誤解のないようにご理解ください。
長湯温泉でも大多数の施設は、温泉法に基づき飲用許可を正しく取得しているのです。

2007/10/7(日) 午後 8:00 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]

顔アイコン

いえさんへ こんだけ~ 長湯温泉のこと書かれてるのに、温泉組合とかは何してるのだ! もし、温泉バカンスさんのことが違っていたなら堂々と組合として反論したら? それができないのは疑われても仕方ないよ。さあ、どうすんの? それまでは俺はバカンスを応援するよ

2007/10/8(月) 午後 2:08 [ ふぐ ]

顔アイコン

ふぐさんへ
長湯温泉旅館組合は、このレポートの内容に対して反論できないと思います。
何故なら、この一連の温泉レポートに掲載されている内容は客観的事実に基づくものであり、特に炭酸泉(二酸化炭素泉)の基準値を大きく下回っている長湯温泉の各施設の遊離炭酸のデータは、長湯温泉旅館組合長の署名入りの回答書を基に作成したものであるからです。
旅館組合長に対しては、ラムネ温泉館の分析書改ざんや無許可飲泉利用など長湯温泉の一連の温泉偽装問題に関して説明責任を果たしていただきたいものですし、一般利用者への謝罪を望みたいところですが、現在のところ何も動きがないですね。

2007/11/19(月) 午前 10:04 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]

顔アイコン

こぶちゃんさんへ
「温泉1リットル中に1,000mg以上の炭酸ガスが溶け込んでいるものを“炭酸泉”といい、1,000mg未満を“炭酸水素塩泉”といいます。」という記述は確かに誤っていますね。
例えば、ドイツ村の源泉は「単純温泉」ですし、飲泉場COLONADAは泉温19.3℃で、遊離炭酸72,2mg、溶存物質740mg/kgのいわゆる「温泉法上の温泉」、つまり泉質名がつかない温泉なんです。
それから、「世界屈指の炭酸泉エリア「長湯温泉」」というのもいかがなものかと思いますね。長湯温泉では、現状、大半の源泉が「炭酸泉」ではないのですから、「炭酸泉」ということ自体が問題なわけで、その上に「日本一の」や「世界屈指の」という形容詞をつけることは、さらに理解に苦しみます。
「日本一」「世界屈指」「日本有数」などという形容詞を使いたい気持ちは理解できなくもないですが、それも、やはり根拠があってから言えることですしね。
今、食品偽装問題が世間を騒がしていますが、長湯温泉の一連の温泉偽装問題がマスコミに取り上げられる日も近いのではないかと予想しています。

2007/11/19(月) 午前 10:30 [ gre*n*rain*nd*ed*ar ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事