温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

あわくら温泉 元湯  ★

 岡山県の西粟倉村にあるあわくら温泉元湯は、一年ほど前に訪問を試みたが、その時はたまたま営業をしていなかったため入れなかった温泉施設である。
 今回は、事前に電話確認して出かけたので、無事入湯できた。
 あわくら温泉元湯は川沿いにある簡素な温泉施設で、宿泊も可能だ。
また、建物の前に源泉の自動販売機があるので、そこで源泉を汲んで家の風呂で楽しむこともできる。
 風呂は内湯のみのシンプルな構成である。
 分析表(分析日:平成13年9月19日《湧出地》・11月5日《試験室》)によると、あわくら温泉元湯は泉温20.8℃(気温27℃)の単純弱放射能泉である。
 成分総計は347.2mg/kgで、PHは8.1。
 主成分はナトリウムイオン82.2mg(82.25ミリバル%)、炭酸水素イオン159mg(56・62ミリバル%)、塩素イオン46.9mg(28.63ミリバル%)、他にカルシウムイオン12mg(14.39ミリバル%)、メタケイ酸20.4mg(0.26ミリモル)等も含有する。
 正方形のタイル張り浴槽に入れられた湯は無色透明無味無臭で、温泉らしさはほとんど感じられなかった。温泉らしさを強いてあげれば弱いつるつる感があったことぐらいか。浴槽はジェットバス付きで、換気は良くなかった。
 加温・循環・塩素消毒の三点セットだったのが残念に思われたが、それでもカルキ臭がしなかったのは幸いであった。
 館内には昭和44年12月26日付けの岡山県衛生研究所による古い分析表も掲示されていたのが印象的だった。また、外の温泉販売機の横に中央温泉研究所による温泉分析表も掲示されており、(分析日:平成元年6月29日&9月14日)そこには泉温21.1℃(気温26℃)の弱放射能冷鉱泉で、湧出地のPHが9.2、湧出量は毎分145L(掘削・動力揚湯)と明記されていた。
 面白く思ったのは、中央温泉研究所の現所長である甘露寺泰雄氏がこのあわくら温泉の湧出地・および試験室の試験者であったことである。甘露寺氏の下積み時代が垣間見られたようで微笑ましかった。
<訪問日:2006年11月21日>


住所:岡山県英田郡西粟倉村影石2050
電話番号:0868-79-2129
料金:大人400円
営業時間:9:00-18:00

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事