温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

 週刊現代の2007年12月1日号で「捏造疑惑」が報じられたラムネ温泉館で、また新たな疑惑が浮上している。
 ラムネ温泉館にある、「掘削自噴」の低温源泉が、不可解なことに、2年1ヶ月の時を経て突如、「自然湧出」の源泉へと変化していたのである。


 これは一体どういうことなのだろうか。
 詳しく見ていこう。
 日本天然温泉審査機構の審査によって、日本温泉協会が2003年(平成15年)5月1日に発行したラムネ温泉の天然温泉利用証によると、ラムネ温泉の源泉の源泉名の欄には「ラムネ温泉(掘削自噴)」と明記されており、このことからラムネ温泉の源泉の湧出形態は掘削自噴だということがわかる。また、泉温は33℃となっているから、この源泉は低温源泉だということもあわせて理解できる。<上記写真1参照>
  このラムネ温泉の天然温泉利用証は、日本温泉協会のホームページで現在、公開されている。詳細に関しては以下のPDFファイルをご参照いただきたい。
http://www.spa.or.jp/kanban/pdf-file/nagayu/ramuneonsen.pdf
 ラムネ温泉の低温源泉が掘削自噴であるいうことを裏付ける資料がもう一つある。それは、平成13年5月25日発行の大分県衛生環境研究センターによる分析書(衛環研第19号の5)である。 
 その分析書によると、ラムネ温泉は泉温32.8℃(自噴、掘削200m)で、湧出量は毎分188l/minと明記されており、このことからもラムネ温泉の低温源泉が掘削自噴だということがわかる。

 ところが、それからちょうど2年1ヶ月後に同じく日本温泉協会から発行されたラムネ温泉の新しい天然温泉利用証(発行日:2005年6月1日)を見ると、驚いたことにその湧出形態が突如、「掘削自噴」から「自然湧出」に変化しているのである。<上記写真2参照>
 この天然温泉利用証によると、ラムネ温泉は泉質がマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉で、泉温が32.8℃、湧出量が毎分188リットルと明記されており、これは平成13年5月25日に大分県衛生環境研究センターが作成した分析書の数値と一致する。また、源泉の住所も分析書に書かれてある住所と同一のものであるので、分析書の源泉と、この天然温泉利用証の源泉は同一のものだということがわかる。
 ところが、前述したように、その同じ源泉の湧出形態が急遽、「掘削自噴」から「自然湧出」へと書き換えられえているのである。
 「掘削自噴」の源泉が「自然湧出」に変化するいうことは、常識的には考えられないことである。

 私が普段、親しくしている大分県の某温泉施設の経営者にその話をすると「それはありえない。掘削したものが自然湧出になるなんて太陽が西から昇るようなものだ。」と一笑に付された。
 また、大分県の某保健所の担当者からは「自然湧出というのは人間が何も手を加えずに自然に源泉が湧き出ているという状態で、極めて貴重なもの。一方、掘削自噴というのは人為的に掘削した結果源泉が出てきたものだから自然湧出とは全く形態が違う。掘削自噴だった源泉が自然湧出になるなんてありえない」と言われた。
 確かにそうであろう。自然湧出の源泉が枯渇した結果、人為的に掘削し、その結果、源泉が自噴するというような湧出形態の変化はありうるだろうが、その逆はありえないはずである。
 この件に関して、ラムネ温泉館及び日本温泉協会に問い合わせているが、未だにきちんとした説明がないままである。
 このままでは、この天然温泉利用証自体の信頼が失われかねないので、ラムネ温泉館および日本温泉協会には早急に、納得のいく説明を求めるものである。

開く トラックバック(27)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事