温泉バカンス

不当表示、分析書改ざん、無許可飲泉利用など長湯温泉で現在起こっている一連の問題を温泉レポートにて徹底追及中!

温泉レポート(38)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

 週刊現代の2007年12月1日号で「捏造疑惑」が報じられたラムネ温泉館で、また新たな疑惑が浮上している。
 ラムネ温泉館にある、「掘削自噴」の低温源泉が、不可解なことに、2年1ヶ月の時を経て突如、「自然湧出」の源泉へと変化していたのである。


 これは一体どういうことなのだろうか。
 詳しく見ていこう。
 日本天然温泉審査機構の審査によって、日本温泉協会が2003年(平成15年)5月1日に発行したラムネ温泉の天然温泉利用証によると、ラムネ温泉の源泉の源泉名の欄には「ラムネ温泉(掘削自噴)」と明記されており、このことからラムネ温泉の源泉の湧出形態は掘削自噴だということがわかる。また、泉温は33℃となっているから、この源泉は低温源泉だということもあわせて理解できる。<上記写真1参照>
  このラムネ温泉の天然温泉利用証は、日本温泉協会のホームページで現在、公開されている。詳細に関しては以下のPDFファイルをご参照いただきたい。
http://www.spa.or.jp/kanban/pdf-file/nagayu/ramuneonsen.pdf
 ラムネ温泉の低温源泉が掘削自噴であるいうことを裏付ける資料がもう一つある。それは、平成13年5月25日発行の大分県衛生環境研究センターによる分析書(衛環研第19号の5)である。 
 その分析書によると、ラムネ温泉は泉温32.8℃(自噴、掘削200m)で、湧出量は毎分188l/minと明記されており、このことからもラムネ温泉の低温源泉が掘削自噴だということがわかる。

 ところが、それからちょうど2年1ヶ月後に同じく日本温泉協会から発行されたラムネ温泉の新しい天然温泉利用証(発行日:2005年6月1日)を見ると、驚いたことにその湧出形態が突如、「掘削自噴」から「自然湧出」に変化しているのである。<上記写真2参照>
 この天然温泉利用証によると、ラムネ温泉は泉質がマグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉で、泉温が32.8℃、湧出量が毎分188リットルと明記されており、これは平成13年5月25日に大分県衛生環境研究センターが作成した分析書の数値と一致する。また、源泉の住所も分析書に書かれてある住所と同一のものであるので、分析書の源泉と、この天然温泉利用証の源泉は同一のものだということがわかる。
 ところが、前述したように、その同じ源泉の湧出形態が急遽、「掘削自噴」から「自然湧出」へと書き換えられえているのである。
 「掘削自噴」の源泉が「自然湧出」に変化するいうことは、常識的には考えられないことである。

 私が普段、親しくしている大分県の某温泉施設の経営者にその話をすると「それはありえない。掘削したものが自然湧出になるなんて太陽が西から昇るようなものだ。」と一笑に付された。
 また、大分県の某保健所の担当者からは「自然湧出というのは人間が何も手を加えずに自然に源泉が湧き出ているという状態で、極めて貴重なもの。一方、掘削自噴というのは人為的に掘削した結果源泉が出てきたものだから自然湧出とは全く形態が違う。掘削自噴だった源泉が自然湧出になるなんてありえない」と言われた。
 確かにそうであろう。自然湧出の源泉が枯渇した結果、人為的に掘削し、その結果、源泉が自噴するというような湧出形態の変化はありうるだろうが、その逆はありえないはずである。
 この件に関して、ラムネ温泉館及び日本温泉協会に問い合わせているが、未だにきちんとした説明がないままである。
 このままでは、この天然温泉利用証自体の信頼が失われかねないので、ラムネ温泉館および日本温泉協会には早急に、納得のいく説明を求めるものである。

開く コメント(105)

開く トラックバック(27)

イメージ 1

 大丸旅館の分析書改ざんに関するレポートの続きを作成していたら、衝撃のニュースが飛び込んできた。
 昨日(2007年11月19日)発売の週刊現代の記事で、長湯温泉が取り上げられていたのだ。
 タイトルは『「日本一の炭酸泉」長湯温泉に「捏造疑惑」』というもので、記事の内容は本年4月25日、「日本一の炭酸泉」のキャッチフレーズを長湯温泉が使わないように大分県が行政指導をしたにも関わらず、未だに現地では「日本一の炭酸泉」を標榜する看板が掲げられていることや、「ラムネ温泉館」の遊離炭酸の数値が不自然なほど増加している事実などを取り上げている。
 しかし、一番驚いたのは、「ラムネ温泉館」の男女別脱衣場に監視カメラが設置されていたという記事内容である。
 男女別脱衣場に監視カメラが設置されていたということは、不特定多数の男女の裸体が監視カメラに撮影されていたということで、常識では考えられないことである。

 このラムネ温泉館の経営者は記者の問いかけに対して、「盗難が相次いだので、男女ともに脱衣場にカメラを設置した」とコメントしているが、脱衣場に監視カメラを設置する発想が一体どこから出てきたのか、理解に苦しむ。
 盗難対策のために監視カメラを設置するなら、脱衣場の入り口や、温泉館のエントランスに設置するべきであろう。
 いずれにせよ、いつから脱衣場に監視カメラが設置されていたのか、そして、監視カメラによって撮影された映像は現在、どうなっているのかが一般利用者としては気になるところである。

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

 以前、長湯にあるラムネ温泉館で、分析機関が作成した分析書の内容を著しく改ざんした虚偽の分析表が館内に掲示されていた事実をこのレポートで報告した(※1)が、長湯温泉の有名旅館「大丸旅館」の館内においても、分析書の原本を著しく改ざんした分析表が館内に掲示されていたことが判明した。
 改ざんされた分析書は平成7年4月14日に大分県衛生環境研究センターにより作成されたものである。
 なお、この分析書は大分県竹田保健所にも提出されており、大丸旅館の温泉利用許可台帳(台帳番号93)の「掲示内容」の項目にも、この分析書の原本に準じた内容が記載されている。
 それでは、一体分析書のどの部分が改ざんされていたのか。
 改ざんされていた内容は以下の通りである。
 
--------------------------------------------------------
(1)申請者名を変更
(2)分析書の日付を「平成7年4月14日」から「平成18年10月11日」に改ざん
(3)分析機関名を「大分県衛生環境研究センター」から「社団法人 大分県薬剤師会」に改ざん
(4)炭酸水素イオンの数値を「2510.0」から「1630.0」に改ざん
(5)遊離炭酸の数値を「132.0」から「739.0」に改ざん
(6)浴用の禁忌症の欄にある「重い心臓病」を削除。
(7)浴用上の注意事項にある「原則として、次の疾患の者は高温浴(42℃以上)を禁忌とする。高度の動脈硬化症 高血圧症 心臓病」という部分を削除。

--------------------------------------------------------
 さらに、保健所に提出されている大丸旅館の分析書別表には、「飲用の適応症」「飲用の禁忌症」「飲用上の注意事項」の欄に「この温泉は飲用の許可を受けていないので飲用しないでください。」と記載されていた。
 ところが、大丸旅館の館内に掲示されていた分析表の「飲用の適応症」の欄には「慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病」とあたかもこの源泉が飲用できるかのように書きかえられており、さらに、「飲用の禁忌症」の欄も「肝臓病、その他一般にむくみあるもの」と、書きかえられていた。

 今回の分析書の改ざんは、以前に報告したラムネ温泉館の分析書改ざん事件と同様に、温泉法第14条第1項の規定に違反するものが複数含まれているが、分析年月日や分析機関名、そして分析書の数値までも改ざんしている点において、ラムネ温泉館の分析書改ざん事件よりさらに悪質なものといえる。
 保健所に提出された分析書の原本の複写と館内に掲示されていた分析表を見比べると、その改ざんの内容がはっきりとわかるが、これは分析書の改ざんというよりも、もはや分析書の偽装あるいは捏造と言っても言い過ぎではないだろう。
 次回のレポートでは、この大丸旅館の分析書改ざんをより詳細に掘り下げて解説していくとともに、その偽装が行われた背景や、長湯温泉における一連の不正行為に関しての行政側の対応にも言及していきたい。

(※1)詳細に関しては、当ブログの温泉レポート”長湯温泉は「日本一の炭酸泉」か?”の(19)〜(21)を参照されたい。

<写真の解説>大丸旅館の男女別浴場の脱衣場に掲示されていた、偽装分析表。(大丸旅館にて2007年9月撮影)

開く コメント(3)

イメージ 1

 2005年(平成17年)8月のリニューアルオープン後、約1年8カ月間にわたって無許可で飲泉利用をしていたラムネ温泉館が、その後、新たに飲用許可を取得したことが判明した。
 新たに飲用許可を取得した源泉は以下の二源泉である。

ラムネ1号線(※1) 平成19年4月24日取得
大丸外湯「高温ラムネ温泉」 平成19年8月2日取得


 これによりラムネ温泉館は、飲用許可を取得した源泉については、「公共の飲用に供する」ことができるようになったわけである。
 しかし、ラムネ温泉館が長期間にわたって飲用許可を取らずに「公共の飲用に供していた」事実は消えることがない。
 この事実は、2007年(平成19年)4月8日付けで、大分県景観自然室に報告されている。温泉法第十三条に違反するこの違法行為に関して、行政がいかなる処置を講ずるのか、今後も注意深く見守っていく必要性があるだろう。
 
 なお、「奥豊後温泉文化伝」(2005年3月発行、2006年3月改訂版発行、竹田直入温泉連絡協議会)において、飲用許可を取得せずに飲泉可能のマークを表示していた施設がさらに二箇所あることが判明した。
 その施設は以下の二箇所である。

(1)丸長旅館 
(2)旅館紅葉館


 温泉利用許可台帳の写しによると、この二施設は、同じ源泉を使用していることになっており、「旅館紅葉館」は2000年(平成12年)2月22日に浴用許可を、「丸長旅館」は2004年(平成16年)11月8日に同じく浴用許可を取得しているが、この時点で飲用許可は取得されていない。
 「奥豊後温泉文化伝」が発行された2005年3月、2006年3月当時においても両施設が飲用許可を取得したという記録はなく、この二施設も飲用許可を受けずに飲泉可能と表示して営業していたということがわかった
 ただし、この二施設は新たに作成された台帳(※2)によると、2007年(平成19年)5月14日の日付で飲用許可を取得している。
 そうすると、このレポートでラムネ温泉の無許可飲泉利用の事実を公表した2007年4月6日から一ヶ月あまり経った時期に飲用許可が取得されたことになるわけであるが、これほど簡単に飲用許可が取得できるのなら、何故「丸長旅館」と「旅館紅葉館」は長期間にわたり飲用許可を取得せずに、飲用可能の表示をして営業を続けてきたのだろうか。
 温泉を公共の浴用に供する場合、そして飲用に供する場合の双方において、許可が必要なのは温泉法の第十三条に明記されている。長湯温泉のいくつかの旅館・施設が、温泉を利用する上で最も基本的なこの手続きをおろそかにしていたことは、誠に残念である。
 
(※1)ラムネ1号」が正しいと思うが、温泉利用許可台帳の源泉名には「ラムネ1号」と書かれているのでそのまま引用した。
(※2)丸長旅館が「丸長旅館 家族湯」として台帳番号125の台帳に、紅葉館が「旅館紅葉館」として台帳番号126の台帳にそれぞれ記載されている。

開く コメント(6)

イメージ 1

 以前、ラムネ温泉館において飲用許可を受けずに飲泉場を作り、源泉を飲泉利用させていた事実をこのレポートで報告した。<当温泉レポートの(長湯温泉は「日本一の炭酸泉」か?(22) 参照>
 無許可での飲泉利用は、温泉法第十三条に違反する悪質な違法行為であるが、他の長湯温泉の温泉施設・旅館でも飲用許可を受けていないにも関わらず、飲泉可能の表示をしていた施設・旅館が複数あることが新たに判明した。
 
 飲用許可を受けていないのにも関わらず、飲泉可能の表示をしていた施設は以下の4施設・旅館である。

(1)大丸旅館
(2)友喜美荘
(3)水神之森(※1)
(4)万寿温泉 大山住の湯


 上記の4施設は「奥豊後温泉文化伝」(2005年3月発行、2006年3月改訂版発行、竹田直入温泉連絡協議会)の中で、飲泉可能のマーク(アイコン)が表示されている。この表示は2005年版も2006年版も同様である。
 つまり、この「奥豊後温泉文化伝」を見れば、上記の(1)〜(4)の施設は飲泉ができる施設だと判断できる。
 ところが、2007年7月17日付けで大分県竹田保健所に問い合わせたところ、同日中にこの4施設は飲用許可を受けていない施設であることが判明した。
 さらに、大分県情報公開条例における公文書公開手続きに基づき、2007年9月12日に取得した温泉利用許可台帳の写しを確認したところ、4施設は未だに飲用許可を受けていないことがあらためてわかった。
 すなわち、「大丸旅館」、「友喜美荘」、「水神之森」、「万寿温泉 大山住の湯」の4施設は、飲用許可を受けていないにもかかわらず、「奥豊後温泉文化伝」において飲泉可能な施設であると表示していたのである。
 
 ラムネ温泉館において無許可で飲泉利用されていた事実が判明した時、長湯温泉の他の施設でも同様のことが行われているではないかという懸念を抱いた。
 保健所への問い合わせによって、その懸念が現実のものとなってしまったのであるが、このような不当表示がまたしても長湯温泉の中で行われていたということは非常に残念である。

 以前にも取り上げたが、この「奥豊後温泉文化伝」の巻末には「奥豊後温泉郷の心からのお約束」として、「私達は正直な温泉であることをお約束します。」という宣言文が書かれている。
 しかし、飲用許可を取っていない源泉を飲泉可能と表示することは、「正直な温泉」に反することではないか。

 長湯温泉は「飲泉」ができるという特長を持つ温泉として、メディアに売り込んできたはずである。それなのに、飲泉許可すら取らずに「飲める温泉」と称してきたことは利用者を裏切る行為としか言いようがない。
 長湯温泉の関係者の方々は、そのことをもう一度肝に銘じてほしい。

(※1)2007年7月17日付けで大分県竹田保健所に問い合わた時点で、水神之森は飲用許可を受けていない施設であることが判明したが、これは水神之森が新規源泉を掘削するにあたり、古い源泉の飲用許可が取り消されたためであることが判明した。
 水神之森の古い源泉に関しては、平成10年に飲用許可が取得されているようである。この件に関してはまだ調査中であるが、飲用許可が失効した日時も含めてしっかりとした調査を行ったうえで、改めてこのレポートで訂正・および追加報告したい。
 なお、2007年9月12日に取得した温泉利用許可台帳の写しによると、水神之森の新源泉は2007年8月10日に浴用許可が取得されているが、飲用許可は未だ取得されていない。

開く コメント(10)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事