ここから本文です
GRIPWELL(グリップウェル)のトレッキング日和
GRIPWELL(グリップウェル)トレッキングポールの(有)ヤマプランニングです。日々の出来事をつづっていきたいと思います。
6月29日(木)に開催いたします「プロガイドに学ぶ トレッキングポールの使い方講座」は申し込み受付定員となりました。引き続きキャンセル待ちをお受けいたします。

ご不明な点は下記あてにお気軽にお問い合わせください。

sales@gripwell.jp (有限会社ヤマプランニング 営業部)

GRIPWELL ウェブサイト

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

5月の終わりに、高山植物「ツクモグサ」の花を求めて八ヶ岳へ出かけてきました。ツクモグサは、本州では八ヶ岳の横岳周辺と白馬岳周辺のみで見られる希少な植物です。

場所がかなり限られる上、花は残雪の時期に咲き、しかも晴れないと花が開きません。その姿を拝むにはなかなかハードルが高いツクモグサです。

今回は海ノ口登山口から「杣添(そまぞえ)尾根」経由で登りました。樹林帯を中心にまだまだ雪が多く残り、夏道が埋まった場所ではルートを確認しながら歩きました。

登る前に野辺山高原から眺めた八ヶ岳。野辺山といえば高原野菜ですね。目的地の横岳は画面ほぼ中央の、細かく凸凹しているあたりです。

イメージ 1

今回は4名で、4つのグリップウェルトレッキングポールを持って出発です。

イメージ 2

歩き始めの30分ほどは別荘地の中を歩きます。

イメージ 3

カラマツやダケカンバの新緑が綺麗です。

イメージ 4

カラフルな3人の後ろ姿!

イメージ 5

新緑と八ヶ岳。これから目指す横岳が正面に見えています。

イメージ 6

小さな橋を渡って、いよいよ本格的な登りが始まります。

イメージ 7

シラビソの森の中を歩きます。

イメージ 8

標高2,000m付近で、早くも雪が現れました。

イメージ 9

どうしたらこんな風に折れるんでしょう?

イメージ 10

残雪は次第に多くなります。

イメージ 11

「万歩計による中間点」の標識を通過します。

イメージ 12

夏道がすっかり雪に埋まり、しかも雪の上は踏み抜き多発で歩くのに難儀します。

イメージ 13

冬道の尾根に出ました。イッキに視界が開けます。

イメージ 14

富士山も見えました!

イメージ 15

振り返ると八ヶ岳の最高峰、赤岳が正面にそびえます。迫力のある眺め!

イメージ 16

横岳への稜線と赤岳への稜線の分岐点「三叉峰」がはっきりと見えてきました。

イメージ 17

しばらくは冬道で雪の上を歩き、その後ハイマツの中を横切って夏道に戻ります。これがひと苦労。

イメージ 18

ようやく「三叉峰」に到着です。向こうには横岳の山頂が見えていますね。

イメージ 19

ここから赤岳方面に少し歩くと、咲いていました!ツクモグサです!

イメージ 20

赤岳をバックにツクモグサ。

イメージ 21

ツクモグサを満喫した後は、荷物を三叉峰に置いて横岳の山頂を目指します。

イメージ 22

ハシゴを越えればもうすぐ山頂です!

イメージ 23

横岳の山頂に到着しました!

イメージ 24

硫黄岳方面の眺め。

イメージ 25

左に赤岳、右に阿弥陀岳。その間に南アルプスの北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳が見えます。豪華な眺め!

イメージ 26

下山も杣添(そまぞえ)尾根経由です。

イメージ 27

森林限界周辺、夏道が完全に埋もれた一帯は、ルートを確認しながら踏み抜きにも注意して歩き、今回一番の難所でした。

イメージ 28

雪が消えるとホッとしますね!

イメージ 29

だいぶ時間がかかりましたが、無事に下山しました!

イメージ 30

下山後は「たかねの湯」に立ち寄り。ここはお風呂場が広くてお気に入りです。

イメージ 31

思いのほか多い残雪に苦戦した八ヶ岳・横岳でした。

GRIPWELL ウェブサイト

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

この記事に

開くトラックバック(0)


5月下旬に、西丹沢の檜洞丸に出かけてきました。今回は石棚山稜を経由してツツジ新道を下り、西丹沢ビジターセンターに下山しました。石棚山稜でのお目当ては、ブナ林の新緑です。

この時期の檜洞丸の名物、シロヤシオとともに初夏らしい爽やかな山歩きを楽しみました。

富士急湘南バスの終点「西丹沢ビジターセンター」のひとつ手前の「箒沢公園橋」バス停で下車。今回はカラフルな「ジェム・カーボン」4色がお供です。

イメージ 1

箒沢公園橋を渡って出発!

イメージ 2

沢づたいを歩き、鉄製のはしごで堰堤を越えます。

イメージ 3

少し歩くとブナを主体とした明るい広葉樹の森に差し掛かります。清清しい山歩きです。

イメージ 4

ブナの樹を見上げて。

イメージ 5

木々の間から、ときおり富士山が姿を見せます。富士山が見えると嬉しいですね!

イメージ 6

最初の小ピーク「板小屋沢ノ頭」に到着です。

イメージ 7

シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の花が咲いています。爽やかな白い花です。

イメージ 8

"石棚"山稜の名のごとく、花崗岩が張り出した登山道です。

イメージ 9

ザレて(岩が風化し砂状で滑りやすく)なっていたり、大きな岩を越える箇所などは、ポールは使わずに片手にまとめて歩きます。

イメージ 10

ブナ林の明るい緑に見とれながら歩きます。

イメージ 11

アップダウンを小刻みに繰り返しながら…

イメージ 13

次の小ピーク「ヤブ沢の頭」に到着しました。

イメージ 12

シロヤシオを横目に歩きます。

イメージ 14

石棚山の山頂近くにあった大きなブナの木。この森の歴史を感じます。

イメージ 15

少し歩けば、石棚山の山頂です。新緑に「ジェム・カーボン」のカラーリングが映えます!

イメージ 16

道標を兼ねた石棚山の山頂標識に到着しました。

イメージ 17

ここからは少しずつ視界が開けてきます。階段・木道が多いですね。

イメージ 18

視界が開けてくると陽射しが強烈です!日焼け対策は万全に。

イメージ 19

見晴らしが良くなってきました!

イメージ 20

「ツツジ新道」との合流点です。ここまで来れば檜洞丸の山頂はもうすぐ。

イメージ 21

振り返ると、歩いてきた石棚山稜のポッコリした山容が見渡せます。

イメージ 22

コバイケイソウの間を通る木道。これも檜洞丸ならではの道ですね。

イメージ 23

檜洞丸の山頂に到着!なんと山頂でグリップウェルトレッキングポール「カーボンスーパーライト」を使ってくださっている方にお会いしました。5組のグリップウェルトレッキングポールを山頂標識に並べて記念撮影です。

イメージ 24

登りでゆっくりと景色を楽しんだので、下りはスムーズに。

イメージ 25

と思ってはいても、ところどころ咲いているシロヤシオについつい目を奪われます。

イメージ 26

シロヤシオに光を透かして。

イメージ 27

「ゴーラ沢出合」を通過する頃にはだいぶ陽が傾いていました。

イメージ 28

そんなこんなで、無事に西丹沢ビジターセンターに下山しました。新緑の時期の丹沢は歩いていて本当に気分が良いですね!

GRIPWELL ウェブサイト

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

イメージ 29

この記事に

6月29日の木曜日、東京都千代田区にある「エルブレス 御茶ノ水店」にて参加無料のトレッキングポール使い方講座を開催します。

イメージ 1

机上講座ですが、実際にトレッキングポールに触っていただきながら実践的な解説をいたします。

講師は、過去のトレッキングポール講習会でも講師をしていただき、参加者から親切でわかりやすい説明が大好評だった平川陽一郎さん。

イメージ 2

参加は無料ですが、事前申込制です。詳細はグリップウェルのウェブサイト(下記リンク)をご参照ください。


ご参加お待ちしております!

GRIPWELL ウェブサイト
http://gripwell.jp

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

この記事に

開くトラックバック(0)

グリップウェルの通販サイトにて、新製品「ラピッド・カーボン ブラック」の発売を開始いたしました!

イメージ 1

好評発売中の「レッド」「ブルー」に続く新しいカラーラインナップです。カーボン製ならではの軽さとお手入れのしやすさ、折りたたみ式によるコンパクトな収納でご好評いただいております!

グリップウェルの通販サイトはこちら


ぜひご覧ください。

GRIPWELL ウェブサイト

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事