ここから本文です
GRIPWELL(グリップウェル)のトレッキング日和
GRIPWELL(グリップウェル)トレッキングポールの(有)ヤマプランニングです。日々の出来事をつづっていきたいと思います。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

第3回 安全登山講習会

5月13日に開催した「第3回 安全登山講習会」の様子をご紹介します。講習会の場所は丹沢の宮地山とシダンゴ山。

当日は午後から雨となる予報だったので、講習の順序や歩くルートを調整しながら実施しました。

集合場所に、当日参加の皆さんに使っていただくポールが勢ぞろい。

イメージ 1

集合場所となるバス停に、今回歩くエリアの案内板がありました。

イメージ 2

講師の平川ガイドからポールの使い方の説明を受けます。

イメージ 3

すぐ横にある川「中津川」の河川敷で、ポールを使っての登り下りや階段の歩行練習をしました。

イメージ 4

その中津川を渡って、まずは宮地山に向かいます。

イメージ 5

平川ガイドを先頭に、歩く順番を交代しながら歩きます。

イメージ 6

登り始めのしばらくは茶畑に沿って歩きます。緑がまぶしいですね。

イメージ 7

宮地山とシダンゴ山の分岐点。うっそうとした緑が爽やかですが、実はこの場所足元にヤマビルがいっぱい(汗)。立ち止まるとすぐに這い上がってくるのでそそくさと通過です。

イメージ 8

宮地山の山頂に到着です。ささやかな山頂標識がありますが、展望はありません。ここでいったん休憩。

イメージ 9

行動中も、平川ガイドからポールの使い方のポイントを教えてもらいます。実際のシーンでの使い方が分かりやすいですね。

イメージ 10

見上げると、立派な朴(ホオ)の木。

イメージ 11

宮地山からシダンゴ山にあるタコチバ山。こんなに目立たない山頂標識ですが、これでも「丹沢山塊百名山」。

イメージ 12

ストラップの使い方もしっかりと身につけましょう!

イメージ 13

そうこうしているうちにシダンゴ山の山頂に到着!遠くからガス(雨)が迫ってきているのが見え、急いで記念撮影です。

イメージ 14

ついに降り出しました。これから下山。雨具を着て元気に出発です!

イメージ 15

下っていくとラッキーなことに雨は止みました。広いスペースに集まって、今回のサブテーマである「セルフレスキュー」講習です。

イメージ 16

平川ガイドのザックの中身。雨濡れを防ぐため、それぞれをビニール袋に入れているのがポイントです。

イメージ 17

開いた牛乳パックを使った簡易的な固定具。身の周りのものを活用して応急的な手当てに利用できるんですね。

イメージ 18

そしてこちらはレジ袋を使った固定具。これも知っておくと万が一のときには役に立ちますね。

イメージ 19

イメージ 20

そしてザックに一枚入れておきたいのが三角巾。巻き方ひとつでいろいろな部位の手当てに使えます。料理用ではなく応急手当用の大きなサイズのものを。

イメージ 21

最後はまた茶畑の横を通ってスターと地点に戻ってきました。

イメージ 22

最後はお楽しみ、トレッキングポール争奪のジャンケン大会!今回はお二人の方が見事に勝ち抜きました。

イメージ 23


「ケガを未然に防ぐ」ためのトレッキングポールの上手な使い方と、「万が一ケガをしたときの簡易的な手当て」のためのセルフレスキュー、ふたつの側面から安全登山というテーマについて学んだ講習会でした。


GRIPWELL ウェブサイト

この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事