ここから本文です
GRIPWELL(グリップウェル)のトレッキング日和
GRIPWELL(グリップウェル)トレッキングポールの(有)ヤマプランニングです。日々の出来事をつづっていきたいと思います。

書庫トレッキング・登山日記

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

少し間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

五竜岳の山頂から日の出を見ようと、日の出の1時間ほど前にテントを出発です。写真ではこれくらいの明るさですが、実際の見た目はもう少し暗いです。

イメージ 1

要所要所にはしっかりと鎖が打たれています。慎重に登ります。

イメージ 2

振り返ると一面の雲海です。

イメージ 3

手前に唐松岳、奥に白馬の山々を望みます。

イメージ 4

はるかはなたに八ヶ岳。

イメージ 5

富士山も山頂を雲の上にのぞかせていました。

イメージ 6

剱岳に朝日が当たり始めました。

イメージ 7

清清しい朝日です。

イメージ 8

お隣、鹿島槍ヶ岳もその独特の山容を朝日に輝かせています。

イメージ 9

ある程度日が昇ったところで、記念撮影。

イメージ 10

下山開始です。まだまだ早朝の雰囲気。

イメージ 11

下山途中の登山道から眺める鹿島槍ヶ岳。

イメージ 12

これから山頂を目指す方たちとすれ違います。

イメージ 13

登りでは薄暗くて撮影できなかった登山道の様子です。

イメージ 14

五竜山荘が見えてきました。

イメージ 15

テントに戻って朝食を済ませ、テントを撤収して今度は唐松岳に向かって出発です。

イメージ 16

縦走路ではずっと五竜岳に見守られながら歩きます。

イメージ 17

横を振り向けば剱岳・立山連峰がクッキリと。

イメージ 18

唐松岳に近づくと岩場が多くなってきます。

イメージ 19

岩場のアップダウンを繰り返しながら、画面一番奥の唐松岳を目指します。

イメージ 20

登山道横のガレ場にコマクサが咲いていました。登山道から離れている株は望遠レンズで撮影です。

イメージ 21

イメージ 22

岩場から振り返って眺める五竜岳。実際にはもっと高度感がありますが写真でお伝えするのは難しい…。

イメージ 23

一番の険しい岩場「牛首」を越えると唐松岳頂上山荘が見えてきます。

イメージ 24

唐松岳頂上山荘から眺める唐松岳の山頂への道。

イメージ 25

唐松岳の山頂へ向かう途中で、ライチョウのオスに出会いました。望遠レンズで遠くからそっと撮影。

イメージ 26

唐松沢の雪渓。渓谷に浮かぶ雲が良い雰囲気でしたので撮りました。

イメージ 27

山荘から約20分で山頂に到着です!

イメージ 28

山頂から眺める唐松岳頂上山荘。

イメージ 29

唐松岳から下山開始です。八方尾根の山荘直下の区間は、崩落により登山道が付け替え(迂回)になっていました。

イメージ 30

イメージ 31

夏山らしい雲が沸き立つ丸山ケルン。

イメージ 32

八方尾根にも小さな雪渓があります(登り専用)。下りは雪渓のわきを巻いて歩きます。

イメージ 33

文字通り扇の形の扇雪渓。

イメージ 34

雲の中に入りガスってきました。

イメージ 35

ゴンドラ・リフト利用でハイキングの方もたくさんいらした八方池。ここもすでに雲っていました。

イメージ 36

リフトを降りたところにある「鎌池」の湿原にキスゲがたくさん咲いていました。

イメージ 37

というわけで無事に下山しました。

今回は(とくに五竜岳までの登りは)暑さとのたたかいでした。標高が高いとはいえ用心しないといけませんね…。

GRIPWELL ウェブサイト

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

この記事に

開くトラックバック(0)

7月18日・19日にテント泊1泊で北アルプスの五竜岳・唐松岳へ行ってきました。

2日間とも良い天気に恵まれましたが、その反面日陰の少ない登山道では強烈な陽射しと暑さにさらされて大変でした。

今回は遠見尾根を登って五竜岳へ、そこから唐松岳まで歩いて八方尾根で下山しました。

今回のスタート地点となるゴンドラ「テレキャビン」のとおみ駅。まだアジサイも咲いていました。

イメージ 1

今回のトレッキングポールは、レバーロック式の「ジェム・カーボンL スカイ」。

イメージ 2

ゴンドラを利用して最初の標高をかせぎます。

イメージ 3

ゴンドラを降り、さらに「アルプス展望リフト」に乗り継ぎます。リフトの向こうにはこれから目指す五竜岳〜唐松岳が見えていますね。

イメージ 4

リフトを降りたところからは白馬三山の眺めが素晴らしいですね。

イメージ 5

リフト降り場の少し先、「地蔵ノ頭」にあるケルン。

イメージ 6

ここから小遠見山まではハイキングコースの扱いだそうで、木道や階段などがしっかり整備されています。テント泊の重い荷物に階段はけっこう堪えますね!

イメージ 7

「見返り坂」の看板が。

イメージ 8

振り返ってみると、アルプス平の素晴らしい眺め。さきほどのケルンが眼下に小さく見えます。

イメージ 9

このあたりから見える白馬三山も素敵です。ガスったらイヤだなと思って、途中何度も撮影(笑)。

イメージ 10

もうすぐ小遠見山…素晴らしい眺めです。白馬三山の手前に見えるのは明日下山に使う予定の八方尾根。

イメージ 11

小遠見山に到着しました!暑くて暑くてここまででずいぶんと水分を消費しました(同時に塩分の補給もお忘れなく)。

イメージ 12

右に五竜岳、左に鹿島槍ヶ岳がド〜ンと見えます。

イメージ 13

小遠見山を出て少し歩いたところに、「五竜登山口」の看板があります。ここからが正式な登山道ということですね。

イメージ 14

五竜岳に向かって伸びる登山道…なかなか絵になる道ですが、日影がありません。陽射し・日焼け対策をお忘れなく!

イメージ 15

「大遠見」の標識があるところに到着です。地図上の大遠見山のピークからは少し離れているようです。

イメージ 16

少しだけ雪が残っているところを歩きます。ほんのわずかですが涼しくて本当にありがたい存在…。

イメージ 17

ナナカマドの花と五竜岳。

イメージ 18

雪渓の上に、今日テント泊する五竜山荘が小さく見えています。その五竜山荘に行くためには、右に見える「白岳」のピークを「ほぼ直登」して越えて行かなくてはいけません。暑さのピークでこれは大変…!

イメージ 19

その白岳のピーク近くになると岩場が出てきます。

イメージ 20

このあたりでも、少しだけ登山道に雪が残っていました。ん〜冷たい。ありがたい。

イメージ 21

暑さの中でも咲き誇る花に癒されながら…

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

雪渓をバックに、コバイケイソウの花もたくさん咲いていました。

イメージ 25

暑さに参りながらもようやく五竜山荘が間近に見えてきました。

イメージ 26

振り返ると、明日歩く予定の稜線と唐松岳が見えます。雲が湧いてきて「ザ・夏山」の風景です。

イメージ 27

五竜山荘では思い思いに休息する方々の姿が。

イメージ 28

私も受付を済ませてテントを張らせてもらいました。この日は最終的にテントの数は14張になりました。それにしても、テントの中も日が沈むまでは暑くて大変でした!

イメージ 29

登ってきた遠見尾根を見ると、ガスが湧いているようですが…

イメージ 30

しばらくするとそのガスがポンッと丸い球状になって浮かび上がりました。初めて見る光景です。

イメージ 31

夕暮れのテント場で、少し早めの夕食です。あまり気が利いたものは作れないので、簡単なものばかり…でもビールは欠かせませんね。

イメージ 32

テント場から眺める日没です。

イメージ 33

すっかり日が沈んで残照になりました。正面に見える三角の山は唐松岳のシルエットです。

イメージ 34

まだ空に明るさが残る時間帯の星空が好きです。うっすか浮かび上がる天の川、街の灯かりに照らされて輝く雲海の上に、夏の星座たち(さそり座、いて座など)が昇ってきました。

イメージ 35

2日目の様子は、次回の記事でご紹介します。

GRIPWELL ウェブサイト

instagram アカウント:gripwell
https://www.instagram.com/gripwell/

この記事に

開くトラックバック(0)

1年前の(汗)鳳凰三山(3)

前回からの続きです。今回は薬師だけから夜叉神登山口までの下山の様子です。

繰り返しになりますが、この記事では2017年6月16日の登山の様子をご紹介しています。今年のものではありませんのでご注意を…。

---------

下山開始です。天気が良いとけっこう砂ぼこりがすごいです。

イメージ 1

このときは改築真っ最中だった薬師岳小屋。今は真新しい建物になって営業しています。

イメージ 2

樹林帯に入ってすぐに出会った鹿。

イメージ 3

逆光気味になった間ノ岳の雪渓がよく見えていました。

イメージ 4

明るい雰囲気の樹林帯。歩いていて気分が良いですね〜。

イメージ 5

寄り添う不思議な2本の木。

イメージ 6

サラサドウダンが咲いていました。

イメージ 7

下りてきた道を振り返る。この道、とてもお気に入りなんです。

イメージ 8

夜叉神峠の茶屋が営業していました。昭和タイプのベンチがレトロです。

イメージ 9

登山口まであとわずかですが、日が翳ってうっそうとした雰囲気です。

イメージ 10

というわけで、無事に下山しました!

イメージ 11

帰りに寄った中央自動車道・境川サービスエリアから、鳳凰三山(左)と八ヶ岳(右)の夕暮れです。

イメージ 12

境川サービスエリアに立ち寄った目的は食堂。「境川食堂」はメニューも豊富でボリューム満点。美味しいですよ!この日はカツ丼!

イメージ 13

というわけで、足掛け3回にわたってご紹介した鳳凰三山でした。

鳳凰三山の三山をイッキに縦走した2016年8月の山行記録は、下記リンクをご覧ください。




GRIPWELL ウェブサイト

この記事に

開くトラックバック(0)

1年前の(汗)鳳凰三山(2)

前回からの続きです。南御室小屋を発つと風化した花崗岩のザレた登りになります。下りも登りも滑りやすいので注意が必要ですね。

イメージ 1

明るい樹林帯です。

イメージ 2

登山道には少しだけ雪が残っていました。(繰り返し申し上げますが昨年の写真です)

イメージ 3

薬師岳小屋の直前で森林限界を超えます。

イメージ 4

お待ちかねの素晴らしい眺望です。

イメージ 5

風化した花崗岩が作り出す奇石というと燕岳の「イルカ岩」が有名ですが、こちらもいつも気になる不思議な形の岩。

イメージ 6

背景の白峰三山といい花崗岩の稜線といい鳳凰三山ならではの風景が展開します。

イメージ 7

薬師岳の山頂方面は、まだまだ遠くに見えます。

イメージ 8

咲き始めのイワカガミを見つけました。

イメージ 9

薬師岳小屋のあたりで、少しだけ雪渓(というほどのものでもない吹き溜まり)がありました。軽アイゼンなど着けることもなく通過です。

イメージ 10

砂浜のような登山道。稜線を歩いている間ずっと見えている白峰三山が本当に素晴らしいです。鳳凰三山登山の醍醐味…!

イメージ 11

岩の隙間を歩いたり…

イメージ 12

海辺のような風景の中を歩いたり…

イメージ 13

そうこうしているうちにようやく山頂にたどり着きました!山頂標識と北岳、そしてグリップウェルトレッキングポールと一緒に記念撮影。

イメージ 14

遠くで観音岳が「来ないの?」と言っているように見えましたが、今回は薬師岳のみで下山です。

イメージ 15

次回は下山の様子をご紹介します。

GRIPWELL ウェブサイト

この記事に

開くトラックバック(0)

1年前の(汗)鳳凰三山

このところなかなか山歩きに行けていないなぁ…と過去の画像フォルダを眺めていたら、1年前の鳳凰三山の山行をご紹介していないことに気がつきました。

ということで、昨年6月16日に出かけた鳳凰三山(薬師岳)の記録です。

当日は夜叉神登山口からスタート。今回のお供はジェム・カーボン「スカイ」と「リーフ」がお供です。

イメージ 1

歩き始めから新緑がきれいな明るい登山道になります。

イメージ 2

1時間も経たずに夜叉神峠に到着です。

イメージ 3

ここからの白峰三山の眺めは本当に見事です!

イメージ 4

ここからはちょっとした急登を歩いて…

イメージ 5

杖立峠までやってきました。

イメージ 6

いったん針葉樹(?)が多くなり、鬱蒼とした登山道です。

イメージ 7

少し歩いていくと、再び新緑の世界に。

イメージ 8

視線を下にすれば、芽吹いたばかりのカラマツが可愛らしいですね。

イメージ 9

木々の間から姿を見せる北岳に目を奪われながら…

イメージ 10

苺平に到着しました。ひとつ目のチェックポイント、南御室小屋まであと少しです。

イメージ 11

明るい樹林帯の中を歩きます。道幅も広くてゆったりしています。

イメージ 12

道が少し下り坂になったところで、南御室小屋が見えてきました。

イメージ 13

冷たい水でシャキッとしました!

イメージ 14

続きは次回へ…。


GRIPWELL ウェブサイト


















この記事に

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事